ドッキドキ神経衰弱

ドッキドキ神経衰弱

評価3.5点

Studio NS

カードゲーム

Android:100円 100円

「神経衰弱」にドッキドキを追加したらこうなります

ダウンロード(Android)

ドッキドキ神経衰弱 androidアプリスクリーンショット1

2枚の同じ絵柄のカードをめくって消していこう

ゲームの特徴

基本ルールは簡単。2枚の同じカードをめくって消していくだけ。だが、このゲームではドッキドキな色んなルールが追加されていて単純ながら奥が深いゲームが楽しめるぞ
ダウンロード(100円)
クリア最速タイムのための練習や、苦手なルールやカード枚数を練習するために、ライフが100で遊べる「Life100モード」も搭載されているぞ。じっくり練習することもできる

ダウンロード(100円)

ゲームの流れ

androidアプリ ドッキドキ神経衰弱攻略スクリーンショット1
ゲームがスタートすると、一定時間カードが表になるぞ。タイマーバーが全部なくなってしまう前に、なるべく多くのカードの絵柄と位置を覚えよう
androidアプリ ドッキドキ神経衰弱攻略スクリーンショット2
ストーリーモードでは、6つのエリアに挑戦することができる。各エリアは12+1ステージで構成されていて、各ステージに決められたライフ数を使い切ってしまうと、その時点でゲームオーバーになってしまう
androidアプリ ドッキドキ神経衰弱攻略スクリーンショット3
エリア毎にドッキドキのルールが追加されるぞ。最初の「魔法学校卒業試験」エリアでは、「スタート後に一定時間全てのカードが表になる」。次のエリア以降ではそれに他のルールが追加されていくぞ
androidアプリ ドッキドキ神経衰弱攻略スクリーンショット4
1つのエリアを攻略すると、次のエリアが登場するぞ。登場したエリアは、ゲームオーバーになるまでとことん遊び続ける、「エンドレスモード」で使えるようになる
androidアプリ ドッキドキ神経衰弱攻略スクリーンショット5
「エンドレスモード」での到達ステージ数や、それぞれのカード枚数で使ったライフの平均数、クリアの最速タイムなどは、「プレイデータ」で確認することができるぞ
ダウンロード(100円)

レビュワーコメント

納谷英嗣

基本は神経衰弱なのだが、ルールが豊富で色んな遊び方ができるので面白い

納谷英嗣

ひとつのエリアのステージ数が多いわ。ゲームオーバーになっても途中から再開したかった

ドッキドキ神経衰弱の基本データ

タイトル ドッキドキ神経衰弱
パブリッシャー Studio NS
レビュワー 納谷英嗣
初回レビュー日 2011年6月21日
最終更新日 2011年6月21日
ジャンル テーブルゲーム , カードゲーム
タグ