【今日プレイしたゲーム】シンプルなのにずば抜けた演出がすごい早打ちアクション『俺の必殺技ッ・・・!』

[関連リンク]

■1月20日に編集部がプレイしたゲームたち

★俺の必殺技ッ…!!   CapsLock
【Andorid】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ac.capslock.orenohissatuwaza

必殺技の演出はプレイしてからのお楽しみだ。

必殺技の演出はプレイしてからのお楽しみだ。

ゲーム的にはカービィのミニゲーム「刹那の見切り」と同じ早打ち。しかし演出のかっこよさ、スタイリッシュさはずば抜けている。シンプルなゲームだが必殺技をコレクションするなど面白さがある。このデベロッパーはグッドクリエーターだという直感があった。

★レジェンド·オブ·マスターⅡ  KT olleh
【Andorid】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.knetp.lom2

しっかりしたストーリーと爽快なバトルの王道RPG

作りこまれたストーリーと爽快なバトルの王道RPG

ストーリーがしっかりとした王道RPG。戦闘も正統派の爽快なバトルで安心して楽しめる。最初から自分のクラス(職業)を数多くの中からから選択できるのも良い。ただしもう少しわかりやすいチュートリアルが欲しい。最初のバトル時に、武器の装備方法などがいまいち分かりにくい。

Heroes of Loot Free   OrangePixel
【Andorid】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.orangepixel.dungeonfree
【iOS】https://itunes.apple.com/us/app/heroes-of-loot/id688743207

1頭身のドット絵キャラがかわいいダンジョンRPG

1頭身のドット絵キャラがかわいいダンジョンRPG

全て1頭身のドット絵のキャラが戦うのがかわいいダンジョンRPG。移動キーと決定ボタンだけの単純な操作なのに爽快感もあり、どんどん強大な攻撃を繰り広げられるのが面白い。iOS版は有料。

RPG不思議の国の冒険酒場LITE   RideonJapan,Inc.
【Andorid】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rideon.sakaba_free

レシピ作成とダンジョンバトルの2つが楽しめる!

レシピ作成とダンジョンバトルの2つが楽しめる!

冒険でモンスターと戦いながら様々な食材をGETして新しいレシピをつくってお店を繁盛させる、レシピ作成RPG。食材の組み合わせを色々考えながらレシピを作っていく錬金部分と、本格的なストーリーとバトルが楽しめるRPG部分の2要素があって楽しい。ただ、LITE版なので、本編を楽しむには有料版を買わないといけない。

バスケがしたいです   ゲーム市場
【Andorid】https://play.google.com/store/apps/details?id=co.jp.basukegashitaidesu
【iOS】https://itunes.apple.com/jp/app/basukegashitaidesu/id680263548

フリースローを打てっ!!

フリースローを打てっ!!

安西先生、バスケがしたいです…。というわけで3ポイントじゃないけどフリースローを撃つカジュアルゲーム。フリックで放つシュートは慣れと説明が必要か。フリースローが決まるたびにゴールは高低差がついたり小さくなったりする、など一筋縄ではいかない。タイトルに安西先生(大学講師時代の白髪鬼)がいるのもグッドだ。

忍者キラー:ゾンビラン   HappySunday
【Andorid】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ninja.u32d

忍者が走る縦スクロールアクション

忍者が走る縦スクロールアクション

忍者もののいわゆるテンプルラン。高水準ではあるがテンプルランに比べて劣るところがあるのはいいが新しい要素があまり感じられなかった。

熱血ボール  FreezeNova
【Andorid】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.freezenova.crazygame

レトロなポリゴン感がたまらないアスレチックアクション

レトロなポリゴン感がたまらないアスレチックアクション

ボールをジョイパッドで転がすアスレチックアクション。ポリゴンで描いたステージはやけに緊張感がある。Win95やPC98時代のレトロな感覚がたまらない。

[関連リンク]

ライター: 編集部