「天龍」水雷戦隊の旗艦として先陣をきり、敵の攻撃に対抗できる巡洋艦の結末を語ろう!チィッ…これじゃあ前にも後にも進めねぇな…龍田…悪ぃ…先に逝くぜ…【艦これ:魂の還る海】

艦これ 天龍 魂の還る海

本記事の画像は、筆者の撮影

旧日本海軍の天龍型二等巡洋艦の1番艦。

軽巡洋艦の元祖。

それが―――

軽巡洋艦「天龍」

水雷戦隊の旗艦として先陣をきり、敵の攻撃に対抗できる巡洋艦の結末を語ろう。

チィッ…これじゃあ前にも後にも進めねぇな…龍田…悪ぃ…先に逝くぜ… by天龍

スマホで遊べる軍艦ゲーム

クロニクル オブ ウォーシップ

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

軽巡洋艦「天龍」

艦これ 天龍 魂の還る海

「天龍」は、旧日本海軍の天龍型二等巡洋艦の1番艦。

「水雷戦隊の旗艦として先陣をきり、敵の攻撃に対抗できる巡洋艦」

という目標の元、小型で駆逐艦に劣らない高速性を兼ね備えた巡洋艦として設計・建造された。

艦これ 天龍 魂の還る海

第一次世界大戦の直後の1919年11月20日、横須賀海軍工廠で竣工。

軽巡洋艦の元祖というべき艦艇で、夕張に次ぐ最小艦の一つ。

艦これ 天龍 魂の還る海

その最後―――

第三次ソロモン海戦敗北以降、戦況は悪化の一途をたどり、ニューギニア方面も戦況を悪化させていった。

艦これ 天龍 魂の還る海

1942年12月中旬、日本軍はニューギニア島東部のマダンとウェワク攻略作戦(ム号作戦)を発動。

外南洋方面部隊主隊、鳥海

同支援隊、熊野、鈴谷

東部ニューギニア方面護衛隊、天龍

ウェワク攻略部隊、巻雲、夕雲、風雲、清澄丸

マダン攻略部隊、荒潮、涼風、電、磯波、愛国丸、護国丸

母艦航空隊、隼鷹、阿賀野、磯風、浜風、他駆逐艦1。以上の兵力部署がこの時、決定した。

艦これ 天龍 魂の還る海

12月16日、各隊はそれぞれの攻略目標へ出撃。

そして、運命の12月18日―――

天龍は、「マダン上陸作戦」の支援として、マダン攻略部隊の駆逐艦、荒潮、涼風、電、磯波と、輸送船、愛国丸、護国丸とともに航行していた。

艦これ 天龍 魂の還る海

夕方までは、概ね順調と言えた。

状況が一変するのは、夕方になってから・・・。

日が傾き始めた頃、艦隊は空襲を受け、護国丸が被弾。

船体が炎上するも、沈没することなく航行を続けた。

マダン港へあと少しというところまで来た時、天龍の艦体が左舷後部への衝撃で大きく揺れる。

艦これ 天龍 魂の還る海

20時25分米潜水艦の放った魚雷が天龍へ命中した

発射したのは、この後、日本の艦船を11隻も沈めることとなる恐怖の潜水艦「アルバコア」だった。

後に装甲空母「大鳳」を沈めたことで有名な米潜水艦である。

涼風天龍の救援に向かい、曳航を試みるも艦体への浸水が深刻だったため困難だった。

曳航を断念し、涼風天龍へ横づけすると生存者の救助にあたった。

23時天龍は海上から姿を消す。

南緯05度8分 東経145度57分地点―――それが天龍最後の地

少なくとも21名が帰らぬ人となったという。

大海に還った魂に敬礼―――

スマホで遊べる軍艦ゲーム

【戦艦】Warship Saga ウォーシップサーガ

10757_screen_1

「【戦艦】Warship Saga ウォーシップサーガ」は、リアルなグラフィックの艦隊で戦う架空戦記ストラテジー。

第二次世界大戦を舞台としているので、登場する艦船はもちろん「艦これ」同様に人気のものばかり。

システム的には、入手した設計図から造り出した軍艦で艦隊を結成し、敵国と戦っていくというもの。

艦のカスタムに重点を置いたやり込み要素が豊富で、好きな艦をとことん強くしていくコトができる。

また、艦のグラフィックがとびぬけていて、ウェザリング(汚し)まで再現しているこだわりようがスゴイ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

戦艦少女R

999999999999999

『戦艦少女R(Warship Girls R)』は、アドミラル(提督)となって美少女に擬人化した実在の艦隊を率いて戦うシミュレーションRPG。

設定の通り「艦これ」の亜種的存在で、海外で人気を博していたのが日本にも上陸した。

システムも基本そのままで、資材から新キャラを建造。通常クエのドロップからレアが出たり、やり込みで極めるタイプ。

バトルは全自動で進行だが、艦船のミニキャラが砲台や魚雷を撃ち合うアニメーション付き。これが可愛い。

他にもケッコン!着せ替え!服が大破!見える!といった要素があり、初心者も熟練提督も満足できそうな出来になってるぞ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

「鋼鐵少女」

10483_screen_1

「鋼鐵少女」は、美少女化された軍艦を育成するシミュレーションRPG!

システムは、ほぼ「艦これ」で台湾版の艦これと噂されている程。

だが、本家よりかなりユーザビリティな作りで―――

・海域の進行条件が見える
・資源回収後に鎮守府に戻る選択肢が出る
・陣形効果が見える

などなど、艦これでの不満点が解消されているような感じ。

イラストやUIは、完全にオリジナルで作られていて完成度が高いぞ。

ローカライズされていないものの、ボイスや書き文字だけ日本語だったり、かなりおススメできる逸品だ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

アプリゲットが贈る艦これ特集「魂の還る海」をご覧ください!

murasaki_weep

記者むらさきが、艦これファンのために書き下ろした「【魂の還る海】シリーズ」をご覧ください……。

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。