【FF小ネタ話】ゲームの限界を超えていた?FF3が移植されなかった訳【FF噂の事件簿 03】

effeadc5

出典…http://blog.livedoor.jp/goodgames/

初めてジョブチェンジシステムが導入された名作ファイナルファンタジー3
ニンテンドーDSや最近ではスマートフォンでリメイクされ、プレイしたことある人は多いと思います。

FF3にまつわる思い出


長くてセーブポイントがないと有名なラストダンジョンでした。
また、リセットボタンを押さずに電源を切り、ラストダンジョン手前だった
兄のデータを消して喧嘩になったことは未だに飲みの席でネタにされます。

maxresdefault

出典…https://www.youtube.com/watch?v=1JyNYy0rhik

なかなか移植されなかったFF3


1990年4月27日にファミリーコンピュータ向けに発売され、2006年の8月24にニンテンドーDSに移植されるまで
実に16年。3以外のシリーズは早々に他機種への移植はされていましたが、
3だけは発売されるという噂だけで実現しませんでした。

それには理由があったのです。

超凄腕プログラマーのナーシャ・ジベリ

リメイク版の製作が難航した理由のひとつとして、ナーシャがファミコンの限界を超えてプログラムをしていたため、ハードに相応のスペックが求められていたことが挙げられている。

fe8465da

出典…http://matome.naver.jp/odai/2141074438422802001

ゲーム機のスペックは上がってもプログラムの解析自体できないと
作りなおすのも時間かかりますし、大変だったと思います。

また、ナーシャには他にも逸話があります。

『FFIII』の開発において重大なバグが発生し、ナーシャに指示を仰いだところ、修正するべき部分のプログラムコードを電話越しに語り、電話を受けた田中弘道などの開発スタッフを驚かせる。 坂口博信も同じようなエピソードに触れており、ナーシャがビザの都合で帰国した際に国際電話でバグの症状を相談したところ、電話口でナーシャの指示通りにプログラムを修正したところバグが治ったという。ナーシャはプログラムリストをすべて暗記していた、とのことである。

出典…http://matome.naver.jp/odai/2141074438422802001

FF3を作成中、重大なバグが見つかったのですが、電話越しにプログラムコードを語り、
その通りに修正したらバグが治ったそうです。
プログラムリストをすべて暗記していたというのがすごいですね。
ナーシャはファイナルファンタジー初期以外のゲームを手がけていて、そちらでも伝説を残しているとか…。

そんなナーシャには、自分と兄の喧嘩の要因になったセーブデータにも対策をしておいて欲しかったです。

以上、FF3の小ネタ話でした。

FFファン必見!アプリゲットが贈る「FF噂の事件簿シリーズ」

もっとFFの気になる話を読みたい方は「FF噂の事件簿シリーズ」をご覧ください……。

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。