プロツアーの王者はアラブルズ!無観客開催のファイナルを制し初優勝を飾る【モンストプロツアー 2019-2020】

モンストプロツアーファイナル
プロの頂点を決める「モンスターストライク プロツアー 2019-2020」の最終戦が、2020年2月29日ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場のスクリーン1で無観客で開催された。

ツアーの上位4チームだけが進出できるファイナル。

ファイナルにふさわしいハイレベルな戦いを制したのは、最終第7戦で初優勝を飾り勢いに乗ったアラブルズ!

モンストプロツアーファイナル

2/29 モンスターストライク プロツアー 2019-2020 FINAL

FINAL 出場チーム

・アラブルズ
・今池壁ドンズα
・GV
・【華】獣神亭一門

FINAL トーナメント表

モンストプロツアーファイナル

FIRST MATCHから3RD MATCHは2本先取したほうが勝利となるBO3で行われる。決勝のみ3本先取のBO5で行われる。

FINAL FIRST MATCH

モンストプロツアーファイナル

アラブルズ vs GV

モンストプロツアーファイナル
【第1戦 天海の双竜】
アラブルズ ○☓ GV
1位と2位による決勝のかかった戦いは対象的な戦略での1戦になった。
先攻のアラブルズは反射でのボスワンパンを狙い、GVは貫通で削り切る戦法を選んだ。
1つのミスが大きな遅れになるステージでミスをしたのはGV。
逆にアラブルズはノーミスで、完璧なワンパンを決め初戦を制した。

【第2戦 天使を狩りし暴魔の刃】
アラブルズ ○☓ GV
負けられないGVだが、第2戦は先攻有利のアマイモン。
ラミエルを取ったアラブルズとしてはここで決めてしまいたいという戦いとなった。
このステージで負け無しのアラブルズだが、ここにきてミスが出てしまい大きくGVが先行。
なんとかラミエルのSSを撃つも、配置や地雷の状況が悪くダメージが伸びない。
逆にトリトンで大きくボスを削ったGVがあと少しで勝利かと思われたが、地雷で大きくダメージを受けてしまいまさかのHPが0。
GVのDOWNによってアラブルズが一足先に決勝に駒を進めた。
敗れたGVは再度決勝進出に向けて、3位と4位の勝者との対決に望む。
アラブルズ WIN!
モンストプロツアーファイナル
※まさかの相手のDOWNでの勝利に、思わずミスを謝るアラブルズのRitoはん選手。

FINAL 2ND MATCH

モンストプロツアーファイナル

【華】獣神亭一門 vs 今池壁ドンズα

モンストプロツアーファイナル
【第1戦 天海の双竜】
【華】獣神亭一門 ☓○ 今池壁ドンズα
モンスト初のプロ2チームによる、負ければ終りとなる対決の第1戦。
ここでも先攻の獣神亭が反射パーティの戦法を選択し、壁ドンズが貫通という形になった。
負けられないというプレッシャーからか、お互いにミスが出てしまい序盤から乱戦に。
どちらも手順から外れ対応力勝負になるが、貫通パーティの壁ドンズがリードを広げる。
最後はワープも味方につけて、3RD MATCHに向けて大きな勝利をあげた。

【第2戦 天使を狩りし暴魔の刃】
【華】獣神亭一門 ☓○ 今池壁ドンズα
なんとかタイに戻したい獣神亭はラミエルのSSで大ダメージを狙っていく。
一方逃げ切るしかない壁ドンズはボスまで非常に早い到達を見せる。。
獣神亭はラミエルのSSを弱点にヒットさせるが、HPが僅かに残ってしまう。
しかも雑魚も1体残ってしまい、このロスが勝負を分けた。
最後まで最善を尽くした壁ドンズがしっかりとトリトンでボスを削りきり、2連勝で3RD MATCH進出を果たした。

今池壁ドンズα WIN!
モンストプロツアーファイナル

終盤2つの優勝で強さを見せた獣神亭だったが4位でツアーを終えた。
モンストプロツアーファイナル

FINAL 3RD MATCH

モンストプロツアーファイナル

GV vs 今池壁ドンズα

モンストプロツアーファイナル
【第1戦 森羅万象の特異点】
GV ○☓ 今池壁ドンズα
後攻を選択したGVに対して、壁ドンズはここですべて貫通キャラというパーティ構成を見せた。
対するGVはスキッティのラウンドフラッシュなど、強力だがクセのある友情コンボでダメージを出していく戦法。
バトルでは配置が大事なスキッティがほぼ真ん中から動かず、素晴らしい立ち回りをGVが見せる。
対する壁ドンズも素早い雑魚処理でボスラストゲージまでほぼ差のない展開。
しかしここでもスキッティのラウンドフラッシュなど、友情コンボで大ダメージを叩き出したGVがあっという間にボスを削りきり見事な勝利。
アラブルズに再び挑むための大事な1戦をものにした。

【第2戦 光鉄の重機少女】
GV ○☓ 今池壁ドンズα
実力者同士の死闘となった第2戦。
ここにきてGVが新しい立ち回りを見せるなど、序盤から一筋縄ではいかない展開となる。
両者大きなミスなくボス戦に突入するが、一歩早かった壁ドンズがハーレーのSSで大ダメージを狙う。
だがこのハーレーがイレバンしてしまい壁ドンズは大きなロス。
しかしここからPkrn選手のカラミティ・ジェーンが、スーパーショットで大きくボスを削る。
さらにありすぅ選手のガブリエルもしっかり隙間に入り込み大ダメージ。
ボスの体力ゲージが残りミリの状態まで削られ、壁ドンズが勝利を掴んだかに見えた。
しかしここからキララ選手とべーこん選手のショットが連続して隙間に嫌われる。
その瞬間STレイリ選手のスクルドがほぼ満タンだったボスを一発で仕留める大逆転の一撃!
会心の勝利で昨年の決勝で負けた壁ドンズへのリベンジを果たし、GVが決勝進出を決めた。

GV WIN!
モンストプロツアーファイナル

前回王者の壁ドンズがここで敗退。最後まで見せ場を作り大会を盛り上げたが悔しい3位フィニッシュとなった。
モンストプロツアーファイナル

FINAL 決勝

プロツアー第7戦

アラブルズ vs GV

モンストプロツアーファイナル
【第1戦 紅音の鶴少女】
アラブルズ ○☓ GV
再度対戦することになったアラブルズとGVによる決勝戦。
序盤のミスが命取りになるこのステージを、お互いしっかりと手順をこなしていく。
しかし最終ステージで両者雑魚処理に手こずり、先にフィニッシャーに順番が回ってきたのはGV。
これを追うようにしてアラブルズもトドメのショットを放つが、先に攻撃が届いたのはGV。
これがわずかにボスを倒せず、すぐ後にアラブルズが撃ったヘイムダルが見事にボスを撃破!
息詰まる戦いを制し、まずはアラブルズが1勝をあげた。
【第2戦 水駆ける天叢雲の皇子】
アラブルズ ○☓ GV
第2戦は1発でボスを仕留めようというアラブルズに対して、その前に逃げ切りを狙うGVという対決となった。
両者それぞれ順調に進めていくが、ボス1でGVが思ったようなダメージを出せずにリードを広げられない。
さらにボス2の配置にも恵まれず手こずるGVを横目に、完璧に配置していたアラブルズの天叢雲が見事ボスをワンパン!
スキのない強さで王手をかける2勝目を上げた

【第3戦 翠撃の隊士】
アラブルズ ○☓ GV
GVはここで負ければ終りとなる崖っぷち。
なんとしても勝たなければいけないところだが、アラブルズがここでも完璧な立ち回り。
接戦で最終ステージに進むも、GVのアレキサンドライトがパネルを踏みそこないわずかにアラブルズがリードする展開。
アラブルズはオオサカの、GVはネムのSSを撃つがお互いに削りきれない。
両チームあと一歩というところから先にとどめを刺したのはアラブルズ!
無冠の強豪チームが初タイトルに歓喜の雄叫びをあげた。

モンストプロツアーファイナル
これまで無冠だったアラブルズが年をまたぐ長きに渡ったプロツアーの頂点に立った!

無観客だから大きく響いたアラブルズの掛け声

モンストプロツアーファイナル
長きにわたるプロツアーの最終戦は、新型コロナウイルスの影響を考慮して無観客開催となった。

ここまで盛り上がってきたツアーの締めくくりとなるのだから誰もが残念に思ったことだろう。

カメラ越しに見ていても、選手はバトルの節々でポッカリと空いた穴のようなものを感じながら戦っていたように思う。

今まであったいいプレーをしたときにいつも聞こえていた歓声、ミスをしたときにこそ大きくなる声援。

ファンのいないファイナルは今までのツアーとは全く別物だった。

改めて感じたことだがファンの声には力があった。

勝負の流れを変える力が。

奇跡を呼びこむ力が。

ファイナルの会場では選手たちが出す声だけが会場に響いていた。

それでも配信を見てくれているファンのために選手たちは素晴らしいプレーを見せていた。

何度もギリギリの大逆転劇が繰り広げられるなど、選手は勝負が決まる最後まで諦めることなく戦っていた。

勝負の熱はいつもと変わらないくらいに感じられた。

だからこそ観客の声があればどれだけ素晴らしかっただろうと思った。

優勝したアラブルズはいつもと変わらない声を出していた。

誰もいない会場でアラブルズのRitoはん選手の声は誰よりも大きかった。

自分たちで仲間の後押しをしあう姿は無観客だからこそ印象的だった。

2019-2020 プロツアー王者は誰よりも声を出し合っていたアラブルズの優勝で幕を閉じた。

アラブルズのKEVIN選手、Ritoはん選手、ぺぺ選手、虹花【ななか】選手本当におめでとうございます!

そして素晴らしいプレイを見せてくれた出場した全チームの選手の皆様、司会、実況、解説、運営スタッフの皆様、たくさんの声援を送っていたファンの皆様お疲れ様でした!・

もしまた次のツアーがあるなら、優勝チームにはぜひ共に戦ってきたファンと一緒に喜びを分かち合えますように。

モンストプロツアーファイナル

執筆者: 佐藤亘

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。