KADOKAWAとDeNA、「電撃G’sマガジン」人気企画『天華百剣』のゲーム化決定!本日より事前登録スタート!

株式会社KADOKAWA、アスキー・メディアワークスと株式会社ディー・エヌ・エーは、月刊誌「電撃G’sマガジン」にて連載中の企画『天華百剣』を、スマートフォン向けアクションRPG『天華百剣 -斬-』(てんかひゃっけん ざん)として配信することを決定し、本日5月30日(月)より事前登録の受付をスタートした。

『天華百剣 -斬-』は2016年秋の配信開始を予定している。

天華百剣 -斬-』は5月30日より事前登録受付開始。

『天華百剣 -斬-』5月30日より事前登録受付開始。

ゲームをはじめる

<以下、株式会社KADOKAWAの発表より抜粋>

『天華百剣 -斬-』配信について

『天華百剣 -斬-』は、「巫剣(みつるぎ)」と呼ばれる刀剣をモチーフにしたキャラクターたちを操作し、

斬撃や奥義などを活用しながら「禍憑(まがつき)」と呼ばれる異形の敵を撃破していくスマートフォン向けアクションRPGです。

本作の開発はDeNAの総指揮の元、これまで家庭用ゲーム機向け開発を経験したスタッフが集結して行われています。

ゲームの原作となる『天華百剣』は、2015年6月よりKADOKAWA アスキー・メディアワークスが発行する月刊誌「電撃G’sマガジン」でのイラストノベルの連載を皮切りに、

公式サイトやツイッターでの4コマコミック連載などが行われている、同誌の刀剣美少女企画です。

2016年6月からは姉妹誌「電撃G’sコミック」でのストーリーコミックの連載も予定されています。

『天華百剣 -斬-』概要

【タイトル】天華百剣 -斬- (てんかひゃっけん ざん)

【事前登録URL】http://tenkahyakken.jp/zan/

【配信開始予定】2016年秋

【ジャンル】アクションRPG

【権利表記】(C)KADOKAWA CORPORATION 2016 (C)DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.

※画面は開発中のものです。

※画面は開発中のものです。

事前登録キャンペーンについて

『天華百剣 -斬-』公式サイトでは、事前登録数に応じてゲームの配信開始時にアイテムを付与する「事前登録キャンペーン」を開催中です。

事前登録数が1万人を超えると、人気巫剣「大倶利伽羅(おおくりから)」(イラストレーター:osa)を、さらに事前登録数が3万人を超えた以降は、ゲームで使用可能なアイテム「輝桜石(きおうせき)」の付与を予定しています。

※事前登録数の規模によって、別途、追加特典を検討する予定です。

(右)巫剣「大倶利伽羅」(イラストレーター:osa)

(右)巫剣「大倶利伽羅」(イラストレーター:osa)

『天華百剣』とは

KADOKAWA アスキー・メディアワークスのハイレゾリューションアニメマガジン「電撃G’sマガジン」にて、2015年6月よりイラストノベルが開始された連載企画。

日本有数の刀剣を美少女化する企画で、数多くの人気イラストレーターやコミック作家が参加しています。

現在は、「電撃G’sマガジン」本誌でのイラストノベル(文/セブンデイズウォー イラスト/Tea)連載や公式ツイッターでの4コマコミック(作/武シノブ)を連載中。

2016年6月からは、「電撃G’sマガジン」の姉妹誌であるメディアミックスコミック誌「電撃G’sコミック」にてストーリーコミック(作/酒月ほまれ)の連載も決定しています。

今回発表のDeNAとの協業によるスマートフォン向けゲーム配信など、今後もさまざまな展開を行ってまいります。

(左)巫剣「小烏丸」(イラストレーター:島田フミカネ)、(中)巫剣「七星剣」(イラストレーター:深井涼介)、(右)巫剣「大典太光世」(イラストレーター:saitom)

(左)巫剣「小烏丸」(イラストレーター:島田フミカネ)、(中)巫剣「七星剣」(イラストレーター:深井涼介)、(右)巫剣「大典太光世」(イラストレーター:saitom)

<参加イラストレーター>

あかざ、天海雪乃、池澤真、兎塚エイジ、okiura、osa、川上修一、きちはち、黒獅子、珈琲貴族、saitom、島田フミカネ、清水栄一&×下口智裕、sho、高木正文、たかみ裕紀、ちょびぺろ、10mo、凪良、Nidy-2D-、白亜右月、深井涼介、refeia 他 (五十音順)

<内容>
遥か昔より存在する悪しき魂の根幹〈凶禍〉。古来より〈凶禍〉は異形の物を生み出し、人の世に混迷をもたらしてきた。

刀を持つことが当たり前になった時代――

時の有力者たちは〈凶禍〉に相対する力を持つ存在を生み出した。

それは〈巫剣〉と呼ばれる、少女の姿をした特別な刀。

彼女たちは選ばれし人間と契約の儀式を行い、〈巫剣使い〉という主を得ることで力を解き放つ。

その後〈巫剣〉と〈巫剣使い〉は永きに渡り、不滅の存在である〈凶禍〉を封じるため、歴史の陰で戦い続けてきた。

――そして、時は「銘治(めいじ)」

刀を持つことが禁じられ、〈巫剣〉の存在が人々から忘れられた時代。

近代化により変わりゆく人と街――

その裏で〈凶禍〉との戦いが再び始まろうとしていた。

●『天華百剣』公式サイト http://tenkahyakken.jp/

●『天華百剣』公式Twitterアカウント @tenkahyakken

●『天華百剣-斬-』公式サイト http://tenkahyakken.jp/zan/

●『天華百剣-斬-』公式Twitterアカウント @tenka_zan

<以上、株式会社KADOKAWAの発表より抜粋>

ゲームをはじめる

ライター: 編集部