【FGO】「エレナ・ブラヴァツキー(弓)」の取り扱い説明書! 地味ながら汎用性の高い有用サーヴァント!?

いろいろごたごたしましたが、無事(?)水着イベ第2部『デスジェイル・サマーエスケイプ ~罪と絶望のメイヴ大監獄2017~』が開催されました。

同時に、新たな水着サーヴァントもピックアップ。

その中から、今回は「エレナ・ブラヴァツキー(弓)」をご紹介します。

他の2人が強烈なため、若干地味にも見えますが、その性能はいかほどなのでしょうか?

彼女の簡単な略歴と共に見ていきましょう。

水着イベント第2部ピックアップ召喚バナー

「エレナ・ブラヴァツキー(弓) 」ってなにもの?

一般人には無名でありながら、オカルト好きの間ではかなりの知名度を誇る彼女。その人となりをざっくりまとめました。

史実における「エレナ・ブラヴァツキー(弓) 」

主に19世紀に活躍した神秘主義者。本名は「エレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー」。

ロシア首相を輩出したこともある名家に産まれ、若くして地方の名士と結婚すると言う、一見すると順風満帆な人生を歩んでいました。

しかし、この結婚は長続きせず、数カ月で破綻。彼女は出奔し、行方をくらまします。

この間の彼女の足取りは掴めておらず、一説には世界中を旅して知見を広めていたとも。

いずれにせよ、彼女の足取りが分かるのは、出奔から実に24年後。フランスのパリで、でした。

その後、彼女はアメリカに渡り同志と共に神秘を研究する秘密結社「神智学協会」を設立します。

順風な船出だったそうですが、SPR(心霊現象研究協会)からインチキの烙印を押されたことで評価は一変。

自身も詐欺師と蔑まれることになります。

その汚名をそそぐべくアメリカやイギリス、インドなどで精力的に活動したものの果たせず、ついに彼女はロンドンで生涯を終えました。

FGOにおける「エレナ・ブラヴァツキー(弓)」

背が小さく、スタイルも子どもっぽいため、一見すると幼くすら見える少女。

しかし、その内面は成熟しており、性格もキャスターにしては珍しく気さく。

自分に厳しく、他人に甘い母親のような包容力も有しています。

「エジソン」と「テスラ」のケンカを仲裁する姿はまさにお母さんのようです。

水着イベントでは、そんな2人を引き連れてまさかの参戦。

スクール水着に衣装を変え、ついでに「マハトマチェンジ」でクラスまで変えていました。

「エレナ・ブラヴァツキー(弓) 」の性能

ヴィジュアル的には大勝利ですが、肝心の性能はどうなのでしょうか? 見ていきましょう。

エレナ・ブラヴァツキー(弓)

ステータス

クラス アーチャー
レアリティ SR(★4)
最大レベル 90
最大HP 11404
最大ATK 9446
コマンドカード Quick:2枚
Arts :2枚
Buster:1枚
クラススキル 陣地作成[A] 自身のアーツカードの性能をアップ
道具作成[B] 自身の弱体成功率をアップ

※HP、ATKは最大値です

スキル

次にスキルの紹介です。

サマー・バケーション!

効果 味方全体のNPを増やす
&自身に毎ターンスター獲得状態を付与(5ターン)
チャージタイム 10ターン

ニャーフ!

効果 自身に与ダメージをアップする状態を付与(5回)
&敵単体のチャージを1減らす
チャージタイム 8ターン

大佐の夏休み

効果 自身のArtsカード性能をアップ(1ターン) & 弱体無効状態を付与(1回)
チャージタイム 7ターン

宝具:金星神・白銀円環(サナト・クマラ・ホイール)

カード種別 Quick
効果 敵全体に強力な攻撃【Lv.1~】
&敵全体の弱体耐性をダウン(3ターン)
〈オーバーチャージで効果アップ〉
&敵全体の防御力をダウン(3ターン)
〈オーバーチャージで効果アップ〉

雑感

ステータスはHP寄りで、素のATKは低め。

とは言え、アーチャー内ではトップクラスを誇ります。

カード構成はQとAを2枚ずつの構成。Aカードが優秀な反面、その他のカードの性能は並程度なので、トータルなカード性能は凡庸。NP効率も同様です。

そして、スキルはほぼ自己強化型。

唯一の例外は第1スキル「サマー・バケーション!」で、スターを生み出しつつ、全体にNPの付与までできる希少スキルです。

獲得できるスターは5個固定ですが、獲得できるNPはレベルに応じて増えていくので最優先でレベルを上げましょう。ちなみにばら撒けるNPは、レベル1で10、レベル10で20となります。

「ニャーフ!」は、確定のチャージ減が強力。ダメージプラスはおまけですが、特定のクエストでは活躍が期待できます。

残る「大佐の夏休み」は、自身の火力を底上げできる唯一のスキル。アタッカーとして運用するなら、「サマー・バケーション!」に次いでレベルを上げていきましょう。

宝具はアーチャークラス唯一の全体Arts。

ダメージはあまり期待できませんが、宝具の効果とNP回収力が優秀で、1クエストで複数回打てるのが魅力です。

「エレナ・ブラヴァツキー(弓)」の運用案

「エレナ・ブラヴァツキー(弓)」のおすすめの運用案をご紹介します。

運用案その① パーティーのサブアタッカー

メインアタッカーを張らせるには火力が心許ないので、サブアタッカーを担ってもらう運用案。

「サマー・バケーション!」で全体にNPをばら撒きつつ、「ニャーフ!」での敵行動の妨害、宝具での雑魚散らしとデバフが主な役割となります。

彼女の性能をあますことなく活用できるので、かなり活躍してくれます。

ある程度自身でNPを回収できるため、概念礼装はA強化や宝具威力アップ系がおすすめです。

運用案その② 周回要因

希少な全体NP付与スキルと全体宝具に目を向けた運用案。

「カレイドスコープ」さえあれば、初ターンに宝具を解放できるのがポイントです。

道は厳しいですが、「カレイドスコープ」が3枚あれば、なんと3人連続で宝具を解放できます。

周回が捗りますね。

ただし、本人の火力がいまいちな点は要注意。

たとえ「大佐の夏休み」を最大までレベル上げしても、宝具1では平均ダメージ15000前後と心もとないです。

まとめ:トリッキーなアーチャー。味方のNPを直接サポートできる点は希少だが、無理して育てる必要はナシ

かなり特殊な性能のアーチャー。

「サマー・バケーション!」をどうとらえるかで、評価が変わってきます。

味方のNPを直接サポートできる点は希少なので、代役がいないなら育てるのをおすすめしますが、代わりがいるなら無理して育てる必要は無いでしょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます