【FGO】「デッドヒート・サマーレース」クリアしやすい応援戦はここ!メインクエストクリア後の復活応援戦に備えよう!後編

FGO2017年夏イベント「デッドヒート・サマーレース!」は、メインクエストクリア後にすべてのラウンドが復活。応援戦クエストを繰り返しプレイできるようになります。

前編では第1ラウンド、第2ラウンドでクリアしやすいクエストとオススメのサーヴァントをご紹介して参りました。

後編では第3ラウンド、第4ラウンドでクリアしやすいクエスト、およびオススメのサーヴァントについての情報をお届けします!

前編はこちら

デッドヒート・サマーレース応援戦周回 アルトリアネロチーム

第3ラウンドは「頼光チーム」

第3ラウンドでは初めて1種類のクラスのみで編成されたクエストが出現します。それが「左馬権頭と三蔵法師」チームの応援戦クエスト。

ここでは、道中・ボスともにアーチャークラスのエネミーしか出てきません。よって全体宝具ランサー2騎、単体宝具ランサー1騎のパーティで挑めば楽に進められるでしょう。

ドロップするイベント交換アイテムは「マグホイール」。イベント交換アイテムはこの1種類のみのドロップなので、非常に効率よく集められます。特攻礼装は「サマー・リトル」。★5礼装で入手は難しいですが、あれば獲得数が最大3個増加します。

そのほかのドロップ素材は弓の輝石、弓の魔石、蛇の宝玉、混沌の爪です。

オススメのサーヴァントは玉藻の前〔ランサー〕か清姫〔ランサー〕+全体宝具2騎

ランサーはボーナスの付くサーヴァントが少なく、現状では2016年夏イベントで登場した玉藻の前〔ランサー〕と清姫〔ランサー〕しかいません。

第2部では頼光がランサークラスで確定していますが、実装は恐らく8月16日の第2部開始以降。よって、現状では上記の2騎に頼るのがもっとも効率的と言えます。

2騎ともBuster単体宝具であり、ブーストアイテム「バスターガソリン」の恩恵も受けられボスエネミーへの火力は十分。ボーナスは付きませんが、他の全体宝具ランサー2騎を添えて周回の高速化を図りましょう。

オススメはNPチャージスキルを持ち、ブーストアイテムとの相性もいいカルナ、ジャンヌ・オルタ・サンタ・リリィです。
ジャンヌ・オルタ・サンタ・リリィは配布サーヴァントだったので、カルデアに迎えていればおおよそ宝具レベルも高く運用しやすいのもポイント。

第4ラウンドは「アルトリア&ネロチーム」か「エレナチーム」

いよいよ大詰めの第4ラウンド。ここでは敵のクラス編成がかなり簡略化され、エネミークラス1種類のみのクエストが2つも存在します。当然、狙い目はその2つ。

また、このラウンドのエネミーには1つ大きな特徴があり、すべてのエネミーが「オリオン」扱いとなります。男性特攻などが入りやすくなるため、周回の難易度はこれまでのラウンドよりも格段に下がっているでしょう。

「アルトリア&ネロチーム」のエネミーはキャスターのみ

こちらの「タイラント・シューティンスター」チームの応援戦クエストはキャスターのみのエネミー編成です。よって、もちろんオススメはライダーパーティ。

オススメは2016年夏イベントで登場したモードレッド〔ライダー〕です。ボーナスも付く上に、宝具とスキルの相乗効果で大変NP効率が高く、やり方によっては宝具2連発で道中の雑魚キャスターを一層することも可能。
ただし、このチームと好相性のブーストアイテム「バスターガソリン」の恩恵は受けにくいことに注意しましょう。

ボス級にはボーナス外ではありますが、女王メイヴがオススメ。彼女の宝具には〔男性〕特攻がついています。単体Buster宝具でブーストアイテムとの相性も抜群。ほぼ一撃で仕留められるでしょう。

このクエストではイベント交換アイテムの「チタンプレート」が多くドロップします。礼装「ホワイト・クルージング」を装備して挑むと獲得数アップ!
そのほかの素材は術の輝石、術の魔石、術の秘石、禁断の頁、呪獣胆石です。

「エレナチーム」のエネミーはバーサーカーのみ

こちらはなんとバーサーカーのみのエネミーで構成されたクエスト。よって、パーティ編成の自由度は最高です。2017年夏イベントのサーヴァントが召喚できており、かつ育成が終わっているならば積極的に組み込みましょう。

オススメはボーナスの付くサーヴァント全員…と言いたいところですが、ここでは特にオススメの2騎をご紹介します。

まずはオリオン(アルテミス)。敵方も全員オリオンなので紛らわしいのですが、こちらのオリオンは「移り気への禊」で1ターンの間強力な〔男性〕特攻効果を付与することができます。また、ブーストアイテム「アーツニトロ」との相性も良いArts単体宝具。ボスのグレイトフルオリオンを一撃必殺してくれます。まるでイベントストーリーの流れを完璧に再現したかのようなバトル展開が可能。

次に、エルドラドのバーサーカー。彼女はスキル「軍神咆哮」で〔ギリシャ神話系男性〕の特攻効果を3ターンもの間獲得できます。このスキルは味方全体のBusterカード性能もアップしてくれるため、パーティ全体の火力向上に効果大。カリスマで二重バフもおいしいポイント。

宝具はBuster単体、加えて耐久力があまりないのでボス級まで持っていけるかどうかは微妙なラインですが、道中のエネミーも全員〔ギリシャ神話系男性〕特性を持っていますので、道中の露払いとして活躍してくれます。Buster通常攻撃でオリオン(?)を殴り倒していく様は圧巻の一言。もちろん、イベントボーナスもあります。

こちらのクエストではイベント交換アイテム「ジャンクパーツ」を多く入手可能。礼装「シュガー・バケーション」があると獲得数がアップします。
そのほかのドロップ素材は狂の輝石、狂の魔石、狂の秘石、世界樹の種、呪獣胆石です。

まとめ

今回は第1ラウンド~第4ラウンドの挑みやすいクエストを振り返ってみましたが、どれもイベント交換アイテムの効率が良いものとなっていました。素材も豊富で、どれを周回するか迷ってしまいそうですね。

レース中は順位の調整などで周回に集中できなかったマスターも、クリア後の復活応援戦では心置きなく周回できます。イベント開催期間もまだまだあるので、素材や交換アイテムはクリア後にじっくりたっぷり集めましょう!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます