【FGO】「サマー・リトル」「ホワイト・クルージング」「シュガー・バケーション」の性能をチェック デッドヒート・サマーレース!の期間限定概念礼装

2017年の水着イベント第一部、「デッドヒート・サマーレース! ~夢と希望のイシュタルカップ2017~」が始まりました。

同時にピックアップ召喚も開催され、水着サーヴァントと期間限定概念礼装がピックアップ対象として手に入れやすくなっています。

期間限定概念礼装は水着イベント第一部のイベント素材のドロップ数を増やす効果があるだけでなく、第二部でもボーナス効果がある旨の予告がされているため、早めに獲得しておくことで多くの恩恵を受けることが可能です。

今回は期間限定概念礼装「サマー・リトル」「ホワイト・クルージング」「シュガー・バケーション」の能力をチェックしていきます。

サマー・リトル デッドヒート・サマーレース!の期間限定概念礼装

サマー・リトル

レアリティ SSR(★5)
ATK 250(最大1000)
HP 400(最大1600)

スキル
自身のNP獲得量を25%アップ
&宝具威力を10%アップ
&クリティカル威力を10%アップ
【『デッドヒート・サマーレース!』イベント期間限定】
マグホイールのドロップ獲得数を2個増やす
【『第二部』イベント期間限定】
第二部の金枠のイベント収集アイテム」のドロップ獲得数を2個増やす

クリティカルしながら宝具発動を狙う

NP獲得量アップ・宝具威力アップ・クリティカル威力アップという3つの効果を持つ概念礼装です。

NP獲得量アップと宝具威力アップの組み合わせは、NPをチャージして宝具を使うという流れに合致しており、相性の良い効果の組み合わせと言えます。

クリティカル威力アップも付いているので、ArtsカードやArts始動のQuickカードのクリティカルでNPをチャージしていけるサーヴァントなら全ての効果を有効活用できるでしょう。

スター集中度をアップするスキルを持ったサーヴァントや元々スター集中度の高いライダー・アーチャークラスのサーヴァントに装備させることがおすすめです。

また、同時に編成するメンバーをスター集中度の低いキャスターやバーサーカーにして、スターを集めるという戦略も有効でしょう。

効果の構成が似た概念礼装として、戦闘開始時NPチャージ・宝具威力アップ・クリティカル威力アップの「聖夜の晩餐」がありますが、複数回宝具を使いたいのであれば「サマー・リトル」の方が便利なことが多いです。

ホワイト・クルージング

レアリティ SR(★4)
ATK 200(最大750)
HP 320(最大1200)

スキル
自身のArtsカード性能を8%アップ
&Busterカード性能を8%アップ
&NP獲得量を8%アップ
【『デッドヒート・サマーレース!』イベント期間限定】
チタンプレートのドロップ獲得数を2個増やす
【『第二部』イベント期間限定】
「第二部の銀枠のイベント収集アイテム」のドロップ獲得数を2個増やす

セイバークラスのサーヴァントにおすすめ

ArtsカードとBusterカードの強化とNP獲得量アップの効果を持つ概念礼装です。

2種類のカードを強化できるので、Artsカード2枚・Busterカード2枚のコマンドカード構成が多いセイバークラスのサーヴァントにおすすめの効果と言えます。

もちろん、同じようなコマンドカード構成であれば、他のクラスのサーヴァントに装備させても問題ありません。

また、Artsカード3枚で宝具のカード種別がBusterのエミヤのようなサーヴァントに装備させるのも手でしょう。

NP獲得量アップは主にArtsカードでのNPチャージを補強してくれる効果ですが、Busterカードのヒット数が多いサーヴァントであれば、Arts始動のBusterでNPをためていく戦略も可能です。

シュガー・バケーション

レアリティ R(★3)
ATK 0
HP 300(最大1500)

スキル
自身の防御力を3%アップ
&Quickカード性能を3%アップ
【『デッドヒート・サマーレース!』イベント期間限定スキル】
ジャンクパーツのドロップ獲得数を2個増やす
【『第二部』イベント期間限定】
「第二部の銅枠のイベント収集アイテム」のドロップ獲得数を2個増やす

イベント用の概念礼装

防御力アップとQuick強化の効果を持つ概念礼装です。

2016年の水着イベント第一部で登場した「シャイニー・ゴッデス」のQuick版と言えます。

ただ、Arts系耐久パーティーの低コスト概念礼装として使えなくはなかった「シャイニー・ゴッデス」と異なり、使い道があまりない効果の組み合わせです。

思いつく用途としては、Quickカードの枚数が多く、ターゲット集中スキルを持つスカサハ(アサシン)に装備させるというものがありますが、他の概念礼装を装備させても問題ないレベルなので無理に狙う必要はないでしょう。

あくまでもジャンクパーツのドロップ獲得数増加のために装備させる、イベント用の概念礼装と考えておきましょう。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。