【FGO】極東の竜殺し「俵 藤太」の取り扱い説明書! 育てておくと意外な局面で役に立つ!?

第6章と同時に実装された星3アーチャー「俵 藤太」。

星3アーチャーには優秀なサーヴァントが揃っているため軽視されがちですが、隠れた優良サーヴァントです。

とくに、今夏の復刻:水着イベントでは驚異的な活躍を見せてくれました。

今回はその活躍をたたえて、「俵 藤太」をご紹介します

【★3アーチャー】俵藤太召喚

あまりにもインパクトのありすぎるお姿

「俵 藤太」ってなにもの?

他の日本人サーヴァントに比べて、どうも知名度の低い感のある「俵 藤太」。実は教科書にも乗っている有名武将の変名だったりします。そんな彼の人となりを、史実とFGOの両面から見ていきましょう。

史実における「俵 藤太」

平安時代に実在した武将。別名は「藤原 秀郷」。

かの「平 将門」を討ち取った武将として、日本史の教科書にも載っている人物です。

そして「俵 藤太」は、室町時代に完成した『俵藤太絵巻』による百足退治の逸話でも有名。

その中で、彼は龍神ですら手に負えない巨大大百足を、弓矢で退治しています。

このとき、龍神からお礼として与えられたのが「無限に米の湧く俵」。

また同時に龍神の加護を授かり、それが「平 将門」討伐の一助になったとも言われています。

FGOにおける「俵 藤太」

朱色の着物の左肩部分をはだけさせ、大きな米俵を担ぐ青年。

その衝撃的なビジュアルは、当時、かなりの話題になりました。

乱暴者だったと言う伝承もありますが、FGOでの彼はとても気さく。

面倒見の良い兄貴肌な部分もあり、すぐに人と打ち解けられる好青年です。

ストーリーでは第6章に登場。

「アーラシュ」との友情や、自身のあり方に迷うマシュに新たな方向性を示すなど印象的な活躍を見せてくれます。

スポンサーリンク

「俵 藤太」の性能

「俵 藤太」の性能を見ていきましょう。

【★3アーチャー】俵藤太

日本史にも登場する有名人物!!

ステータス

クラス:アーチャー レア:星3 所持カード:QAABB
HP (初期/最大):1764/9800
ATK(初期/最大):1306/7032

スキル

スキル1 「龍神の加護」 CT:8
自身のバスターカード性能をアップ(3ターン) & 自身のHPを回復

スキル2 「矢避けの加護」 CT:7
自身に回避状態を付与(2回) & 自身の防御力をアップ(3ターン)

スキル3 「無尽俵」 CT:7
味方全体にHPアップ状態を付与(3ターン) 

宝具

「八幡祈願・大妖射貫(なむはちまんだいぼさつ・このやにかごを)」 属性: Buster
自身に【魔性】特効状態を付与(1ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉 & 敵全体に強力な攻撃【Lv.1~】

雑感

ステータスはHPが高い耐久型。

スキルも耐久寄りでシナジーは抜群です。

なかでも「龍神の加護」は、自身の火力を底上げできる唯一のスキルにして、最重要スキル。回復効果もあるため、2度目の発動も十分に実用的です。

「矢避けの加護」は、アーチャーにはお馴染みの回避付与スキル。回避回数が2回な点は注意しましょう。

そして「無尽俵」。味方全体の最大HPと現在HPを増加させるユニークなスキルです。

増加分は効果が切れた後も減少することは無いので、実質的には回復スキルとして働きます。

宝具は全体Buster攻撃。ダメージ前に【魔性】特効がつき、特攻対象に大ダメージを見込めます。

「俵 藤太」の運用案

「俵 藤太」を活かすための、おすすめの運用案をご紹介します。

運用案その① 対【魔性】アタッカー

今回の水着イベントで大活躍した運用案。

宝具の【魔性】特攻が入る相手にのみ、最適性クラスの高い打点を叩き出すことができます。

また、高い耐久力と回復スキルで長期戦に対応できるので、高難易度クエストでの活躍が期待できるのもポイント。

反面、特攻が乗らない相手には火力不足が目立ってしまう点は要注意。

特攻の乗らない彼は、良くも悪くも星3相応です。

おすすめの概念礼装は、微妙なNP効率を補いつつ火力も上げられる「ゴールデン相撲」や「ハロウィン・プリンセス」、「王の相伴」など。

NPを稼ぐ術があるなら、「リミテッド/ゼロオーバー」なども選択肢に入ります。

運用案その② パーティーの回復要員

最短5ターンで、実質2000ものHPを回復できるスキル3でパーティーの回復要因を担わせる運用案。

耐久力も優れているので、回復要因としての適性は高め。

ただし、回復要因が必要になるクエストは限られているので、出番はあまり多くありません。

概念礼装は、入手こそ困難ですが、毎ターンパーティのHPを回復できる自身の絆礼装「炊けども尽きぬ」がコンセプトと噛み合い、もっともおすすめ。

回復要因としての性能が一段上がります。

また、場持ちの良さを見込んで間接的にパーティーをサポートできる「2030年の欠片」や、耐久力を高める「月霊髄液」なども悪くありません。

まとめ:対【魔性】の切り札。全体宝具アーチャーがいないなら優先的に育てるのも吉

かなり耐久寄りの星3アーチャー。

そのまま使うと火力面で苦戦を強いられますが、対【魔性】のみアタッカーに転身します。

【魔性】持ちの敵は雑魚を中心に意外と多いので、全体宝具アーチャーがいないなら優先的に育てるのもアリでしょう。

今回の水着イベのように大活躍することもありますよ。

ライター: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

avatar
500