【FGO】もうすぐ復刻(多分)の水着サーヴァントの性能を一足早くチェック!! 星5単体弓最強!? 「アルトリア・ペンドラゴン(弓)」の取り扱い説明書

昨年、大方の予想通りの登場でありながら、FGO界の話題をかっさらった「アルトリア・ペンドラゴン(弓)」。

憎き「ガウェイン」など強力なセイバー相手に無類の強さを発揮するため、フレンドの彼女にお世話になった人も多いことでしょう。

そんな彼女が、約1年ぶりに再びピックアップされます。

それまでもう少し時間がありますが、早めにその性能をチェックしておきましょう。

・・・今のうちに石も溜めておいた方がいいですよ。

去年のピックアップ。多分もうすぐ開催されるはず

「アルトリア・ペンドラゴン」ってなにもの?

言わずと知れた『Fate』の顔。セイバーの方はやや冷遇されている感は否めませんが、水着に着替えた「アルトリア・ペンドラゴン」はいろんな意味でピカイチです。今回はそんな彼女の活躍を、伝承とFGOの両面からまとめました。

伝承における「アルトリア・ペンドラゴン」

5世紀後半から6世紀にかけて、円卓の騎士を従えてブリテン(現在のイングランド)を収めたとされる伝説の王。

その実在性については、未だ議論が絶えません。

伝承では、「抜いたものが王になる」と台座に記された選定の剣を引き抜き、魔術師「マーリーン」の後見の元ブリテンの王に即位。

湖の妖精から聖剣「エクスカリバー」を賜ったり、ローマへ遠征したりと多くの冒険の末、巨大な帝国を築きあげたとされています。

しかし、王妃と円卓の騎士の1人「ランスロット」との不倫を契機に円卓の騎士は崩壊し、息子「モードレッド」も叛逆。

カムランの丘で「モードレッド」を退けることに成功したものの深手を負い、最期は湖の精霊に聖剣を返却し、自身は「アヴァロン」へと旅立ったとされるのが伝承のあらましです。

FGOにおける「アルトリア・ペンドラゴン」

金髪碧眼の少女騎士にして、常にお腹を空かしているハラペコ王。

押しも押されぬ『Fate』の顔にして、FGOのアイコンの顔です。

伝承では男性ですが、Fateでは女性設定。何でも偉い人の鶴の一言で性転換がなされたのだそうです。

『Fate』の顔だけありヴァリエーションが豊富で、この水着verでなんと8人目。

クラスも5つ制覇しており、全クラス制覇にもっとも近いと言われる逸材です。

ヴァリエーションに恵まれている一方で、ストーリーへの辛みは「オルタ」を除けば皆無。

イベントにも滅多に出てきませんが、水着イベでは珍しく登場しハッスルしています。

「アルトリア・ペンドラゴン(弓)」の性能

うきうきで水鉄砲を乱射する我らが王。剣良い強いと評判のその性能を見ていきましょう。

水鉄砲強い・・・

ステータス

クラス:アーチャー レア:星5 所持カード:QQAAB
HP (初期/最大):2134/14553
ATK(初期/最大):1742/11276

スキル

スキル1 「サマー・スプラッシュ!」 CT:8
自身のアーツカード性能をアップ(3ターン) & 味方全体の防御力をアップ(3ターン)

スキル2 「海の家の加護」 CT:6
自身のHPを回復 & 自身のNPが減少【デメリット】

スキル3 「ビーチフラワー」 CT:8
味方全体の攻撃力をアップ(3ターン) & 味方全体の【男性】のスター発生率をアップ(3ターン) 

宝具

「陽光煌めく勝利の剣(エクスカリバー・ヴィヴィアン)」 属性: Arts
敵単体に超強力な攻撃【Lv.1~】 & 確率で敵単体のチャージを減らす + 自身のNPをリチャージする〈オーバーチャージで効果アップ〉

雑感

ステータスは耐久型。HPは星5アーチャー第一位ですが、反対にATKはワースト2位。

基本的に「やられる前にやる」のが正義のFGOにおいて、この配分はマイナス点でしょう。

しかし、そのマイナス点を余裕でペイできるほどのプラス点が、彼女にはあります。

まず、カードが優秀。2枚ずつのAとQの性能が極めて高く、NPと星を大量に稼ぐことが可能です。

低いATKもスキル「サマー・スプラッシュ!」と「ビーチフラワー」の2種のバフでカバー。「サマー・スプラッシュ!」の防御バフと「海の家の加護」で耐久面もばっちりです。

宝具はArts単体宝具。2種類のバフで火力が出るうえに、Hit数が多いためNP回収力も抜群。バフ効果中にAチェインが組めれば、連発すら視野に入ります。

「アルトリア・ペンドラゴン(弓)」の運用案

適当に運用しても十分に強い「アルトリア・ペンドラゴン(弓)」。その彼女をより活かすための、おすすめの運用案をご紹介します。

運用案その① Artsパーティーのアタッカー

宝具と合わせて3枚のArtsカードを持つ「アルトリア・ペンドラゴン(弓)」は、Artsパーティーのアタッカー最適性の1人。

本人のNP効率の高さとAチェインで恐るべき頻度で宝具を回転可能です。

概念礼装は、Artsカードの性能を底上げ可能な「フォーマルクラフト」や「もう1つの結末」などがおすすめ。

NP効率をさらに高められる「ハロウィン・プチデビル」や「蒼玉の魔法少女」なども有力な選択肢でしょう。

運用案その② クリティカルパーティのアタッカー

クラススキル「単独行動」と、アーチャーの高いスター集中に注目した運用案。

素のNP効率が高いため、Artsパーティーでなくとも宝具の連発は可能。

クリティカルのおかげで爆発力も兼備しています。

反面、いくらスター集中が高いとは言え独占できるほどでもないため、「熱砂の語らい」や「封印指定執行者」などでカバーしましょう。

まとめ

文句なしに、単体宝具アーチャーの最強サーヴァント。

攻守ともに隙が無く、あらゆる局面で活躍が見込めます。

第2弾ピックアップは、他の2人も概念礼装も優秀なので、余裕がある人は頑張って回しましょう。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。