【FGO】祝『Fate/Apocrypha』アニメ化! ルーラー「ジャンヌ・ダルク」の取り扱い説明書

今夏アニメが放映される『Fate/Apocrypha』。

『Fate/Apocrypha』から多くのサーヴァントが参戦しているFGOも決して無関係とは言えません。

ともすれば、アニメ化を契機にして、『FateApocrypha』産のサーヴァントが強化されることも無きにしも非ず。

そこで今回は、『FateApocrypha』産のサーヴァントのうちのひとり、ルーラー「ジャンヌ・ダルク」をご紹介します。

ジャンヌ・ダルクとは何者か?

日本でも知らない人はいないほどの知名度を誇る英雄。まずは、その英雄の史実とFate世界での活躍をざっくりと見ていきましょう。

史実におけるジャンヌ・ダルク

15世紀、ヨーロッパはフランスの人物。

当時のフランスは、侵攻してきたイングランドと100年にも及ぶ戦乱「百年戦争」の最中。フランスは劣勢を強いられ、徐々に追い詰められていました。

そんな中で、突如歴史の表舞台に表れたのがジャンヌ・ダルク。

神の啓示を受けたと言う彼女がフランス軍に従軍すると、フランス軍は連戦連勝。イングランド軍の前に陥落しつつあった都市オルレアンの開放に成功します。

一躍、時の人となったジャンヌですが、栄光は長く続きませんでした。

コンピエーニュの戦いでイングランド軍に捕縛され、捕虜としてイングランドへ連れ去られてしまうことに。

イングランドでは異端審問にかけられ、政治的な思惑が絡み異端と認定、魔女と貶められた果てに火炙りにされ、僅か19年の人生を閉じることになります。

『Fate/Apocrypha』におけるジャンヌ・ダルク

聖杯に選定され、エクストラクラス「裁定者(ルーラー)」として、フランス人の少女レティシアに憑依する形で召喚。

聖杯大戦を中立の立場から裁定していきます。

性格は清廉で善良。聖女らしくキリスト教の造詣は深いですが、生前のジャンヌの出自が村娘だったため教養は深くありません。

頑固で一途な面も持ち合わせており、それが原因で空気を読めない行動に出てしまうことも。

作中においては、大規模群像劇の主役として大活躍。もう1人の主役との関係性の変化が、物語の行く末に大きく関わってきます。

FGOにおけるジャンヌ・ダルク

ゲーム最高レアの星5サーヴァントの1人。

ゲーム稼働当初から参戦しており、黎明期は文句なしに最優のサーヴァントでした。

ストーリーでは記念すべき第1章に登場。

生前の自分が処刑された直後の世界に召喚されたこと、もう1人の「ジャンヌ・ダルク」が存在していることに困惑していましたが、フランスを再び救うべく主人公に力を貸してくれます。

真名ジャンヌ

フランスに来てはじめての味方

ジャンヌ・ダルクの性能

かつてはFGO最高のサーヴァントとも言われたジャンヌ・ダルク。その性能をチェックしましょう。

ステータス

クラス: レア: 所持カード:
HP (初期/最大):2420/16500
ATK(初期/最大):1482/9593

ジャンヌ・ダルク

世界でもっとも有名な聖女ジャンヌ・ダルク

スキル

スキル1 「啓示」 CT:8
自身に毎ターンスター獲得状態を付与(3ターン)

スキル2 「真名看破」 CT:7
敵単体【サーヴァント】の宝具威力を大ダウン(1ターン)

スキル3 「神明裁決」 CT:8
敵単体【サーヴァント】を行動不能にする(1ターン)

宝具

「我が神はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル)」 属性:Arts
味方全体に無敵付与(1ターン)&防御力アップ(3ターン)【Lv.1~】&毎ターンHP回復付与(2ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉+自身にスタン付与(2ターン)【デメリット】

雑感

耐久型のサーヴァントの代表格。そのHPは素の状態で16000を超えるほど。

さらに「基本6クラスからの攻撃を半減できる」と言うルーラークラスの補正まで加わり、単騎での耐久力はゲーム最高峰と言っても過言ではないでしょう。

スキルは、汎用性の高い「啓示」を除き対【サーヴァント】専用であることが注意点。

「真名看破」も「神明裁決」も強力な効果を持つスキルですが、クエストによっては死にスキルになってしまうこともあります。

宝具はダメージ無しの全体強化。その効果は無敵に防御力アップ、リジェネと破格ですが、スタン付与2ターン付与のデメリットも強烈です。

何も考えずに解放させると、次ターンに思わぬピンチを招いてしまうこともしばしばなので、解放タイミングは慎重に見極めましょう。

ジャンヌ・ダルクの運用案

鉄壁の防御力を誇る反面、スキルや宝具にやや癖あるジャンヌ・ダルク。その運用案をいくつかご紹介します。

ジャンデルセンシステム

かつては最強とも目された、アンデルセンとのコンビ「ジャンデルセンシステム」。

宝具の防御バフとリジェネを回転させていくことで得られる耐久力は、驚異的。

現在においても、とくに高難易度クエストでは大活躍間違いなしの組み合わせです。

アンデルセン

ベストパートナー候補アンデルセン

あえて単騎での運用

非常に耐久力の高いジャンヌならではの運用方。

Artsチェインを連発し高速でNPを溜め、積極的に宝具を開放していきます。

スタンのデメリットが玉に瑕ですが、それでも敵にバーサーカーさえいなければ、ほぼ全てのフリークエストを単騎で攻略可能なポテンシャルを秘めています。

とくに育成の進んだサーヴァントがいない初心者が、格上のクエストに挑むときは候補に入る運用方でしょう。

ジャンヌの不満

順調にバリエーションは増えている

まとめ

ゲーム屈指の耐久力を誇るジャンヌ・ダルク。

その耐久力で黎明期は猛威を振るったジャンヌですが、耐久力よりも火力が求められる現環境での評価は厳しいものがあります。

『Fate/Apocrypha』では主役を張ることですし、大幅な強化を期待しましょう。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます