【陰陽師】意外と使えるR式神第四弾『座敷童子』

陰陽師プレイヤーの皆さん、『座敷童子』は育成していますか?
座敷童子は陰陽師プレイヤーならば必ず育成しておくべきという程、陰陽師においては重要な式神です。
何故なら座敷童子はR式神でありながら、他の式神には(SSR式神を含めて)真似出来ない唯一無二の特性を持っているからです。
今回はそんな座敷童子について、余す所なく解説致します。

課題は素早さ

座敷童子はサポート系の式神にしては素早さが低めになっています。

座敷童子1

座敷童子のステータス画面。耐久面は申し分ないステータスになっています。

HPと防御はAとなっていますが、攻撃がC、素早さがBとなっており、特にサポート型で素早さが低い式神は珍しいのでは無いでしょうか。

何故か不要な会心率がAというところも気になりますが、最も気になるのはやはり素早さでしょう。

そのスキル特性からも、真っ先に行動したいと思ってしまいがちですが、実は座敷童子に限っては先に行動すればいいというわけでもありません。

そのあたりも含めてスキル解説でお話したいと思います。

鬼火が増える通常攻撃

恐らく全式神中唯一の『鬼火が獲得できる』通常攻撃です。
デフォルト状態ではこの効果は付随しておらず、通常攻撃のスキルレベルを2にすることで、通常攻撃発動時に50%の確率で鬼火を獲得する事が出来ます。

50%で1つとはいえ、通常攻撃で無条件に鬼火を獲得できるのは地味に嬉しい効果ですね。

無条件で発動する強力なパッシブスキル

座敷童子はパッシブスキルも非常に強力です。
戦闘開始時に最大で3個の鬼火を獲得することが出来ます。
この効果により、椒図のライフリンクや山兎の兎の舞等、速度系サポーターの行動が非常に安定します。
このパッシブスキルのスキルレベルを上げておかないと、速度系サポーターが鬼火を使い切ってしまうことも多くなってしまうので、メインスキルよりもスキルレベルの優先度は高いかもしれません。
勿論、自分でスキルレベルを上げるスキルを選択できないので、優先といっても運の問題ですが。

唯一無二のメインスキル

座敷童子のメインスキルであり、他の式神は誰も持っていない唯一無二の『単純鬼火増幅』スキルです。

座敷童子2

転禍為福のスキル説明。スキルレベルは3までしかないので比較的楽ですね。

スキル名は『転禍為福』。災い(禍)転じて福と為すをそのまま略した名前となっています。

現在HPの30%を消費することで、鬼火を2点(最大3点)獲得することが出来るスキルです。

陰陽師では殆どのスキルが鬼火を3つ消費するので、このスキルを回しているだけで鬼火の管理が非常に楽になります。

再生の火を装備しても面白い

座敷童子は鬼火増幅系の御魂をつけることが多いですが、HP管理が面倒な場合は『再生の火』を装備しても面白いと思います。
再生の火は現在HPが最大HPの30%になった時、HPを最大HPの15%回復するという御魂です。
座敷童子の転禍為福は、現在HPに応じて自分のHPを削っていくスキルなので、HPが減っていくと、現在HPの30%が最大HPの15%よりも少なくなります。
この状態になれば再生の火の回復量は転禍為福のHP減少を上回ることが出来るので、攻撃を多少受けても転禍為福を使い続けることが出来ます。

鬼火系の御魂は本当に必要か

個人的に疑問なのは、『座敷童子に鬼火増加系の御魂は必要なのか?』という事です。
座敷童子を使う場合、多くの場合は座敷童子のスキルだけで鬼火が足りてしまいます。
ただ、ヒーラーが強力な場合は前項のような再生の火もあまり意味がありません。
御魂効果と自然増加だけで鬼火が飽和してしまっては座敷童子がいる意味がありません。
しかし、そんな中でも有効な鬼火増加系の御魂が『火霊』です。
火霊は基本効果は効果命中になってしまいますが、4セット効果で初登場時に鬼火を3点追加する効果を発動できます。
この効果とパッシブスキルにより、座敷童子は登場するだけで鬼火を6点獲得できるので、開幕から一気に有利を作ることが出来るでしょう。

速度の問題

最初の項で少し触れた『座敷童子の速度が遅い』問題についてですが、私はむしろこの速度を活用すべきだと思います。
速度がBとはいえ、2番の御魂を速度にすれば、大抵のアタッカーよりは先に行動することが出来ます。
そして元々の速度が遅いので、どれだけ積んでも速度を積んでいる速度型サポーターより先に行動することはありません。
この特性を活かして、速度型サポーターとアタッカーの間で行動することが出来るので、速度型サポーターが使用した鬼火をケアして、アタッカーのターンに回すという理想的な運用が可能になっています。

座敷童子 総括

座敷童子はプレイヤー間でも非常に評価の高い式神です。
陰陽師では鬼火がなければ何も出来ませんし、初期状態では鬼火がたまるのがかなり遅いです。
この式神で上手く鬼火をコントロールして戦えるようになれば、ダンジョン攻略もずっと楽になるのではないでしょうか。
皆さんも是非、座敷童子を育ててみてくださいね!

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード

下に続きます