【陰陽師】中級者向け 御魂ダンジョン『5F』の攻略!

この階層に挑むようになる頃には、陰陽師というゲームにもおおよそ慣れてきていると思います。

育成の仕方やパーティの構成等を考え始め、そろそろ御魂を本格的に揃え始めた辺りでしょうか。

一歩でも先の御魂ダンジョンを周回することが、強くなる一番の近道だと思います。

今回はそんな御魂ダンジョンの5Fについて攻略していきたいと思います。

☆5御魂は最強への近道

この御魂ダンジョン5Fからドロップするようになるのが☆5御魂です。

御魂の最高レア度は☆6なので、☆5御魂が出たからといって最後までその御魂を使える訳ではありませんが、☆6の御魂は終盤になっても中々揃わない代物なので、☆5御魂にはかなり長くお世話になると思います。

速いうちに当たりの☆5御魂を引いてしまえれば、しばらくは戦力に困らなくて済むでしょう。

御魂強化は慎重に

☆5御魂の中にも、欲しいもの、欲しくないものがありますよね。

特に御魂は曜日によってもドロップが変わってくるので、どの曜日に回るかも考えなければいけません。

もっと考えなくてはいけないのは、御魂の強化素材です。素材として高レアの御魂を使うほど、御魂が得られる経験値は多くなりますが、高レアの御魂を使ってしまうのは勿体無い気がしますよね。

ですが、低レア御魂だけを素材にしていると、すぐに資金が底をついてしまうでしょう。
この辺りからは、強化素材も慎重に選んでいく必要がありそうです。

『魍魎の匣』は素材筆頭か

個人的に最優先で素材にしているのは『魍魎の匣』です。

この御魂は2セット効果が効果抵抗と使いにくいので、4セット効果『攻撃時25%確率でランダムデバフ付与』が欲しい式神にしか使うことは無いと思います。

ランダムデバフも使い所が非常に限られるので、強化素材にしてしまってもそこまで後悔することはないのではないでしょうか。

ステージ1 -連撃&連撃-

御魂の強化方針が決まったら早速ダンジョンに挑んでいきましょう。

ステージ1は単体攻撃が強力な構成。

御魂5F ステージ1

左から骨女、鎌鼬、丑の刻参り。丑の刻参りは使いづらそうに見えて実は強い式神です。

骨女、鎌鼬は共に単体への連続攻撃を持つSR式神です。
丑の刻参りはスキル3が意外と強力なのですが、このスキルが本領を発揮するのは全体攻撃持ちの味方がいる時なので、今回はそこまで怖くありません。

今回は骨女、鎌鼬が共に厄介なので、どちらから倒すか非常に考えものです。

火力があれば骨女を優先

骨女は防御無視連続攻撃を行ってくる式神です。

耐久はそこまで高くないですが、被撃する度に自身に怨念の印を刻み、4つ溜まった時に倒されてもHP20%の状態で蘇生してくるパッシブスキルを持っています。

HPの20%しか回復しないので、無視しようとすれば無視出来るのですが、攻撃しなければ印が溜まらないので、火力が足り無さそうであれば鎌鼬を先に倒す方向でも良いでしょう。

鎌鼬は中央に配置されているので体力が高めですが、バフデバフを操る厄介な式神なので、先に倒しておくに越したことは無いと思います。

やっぱり椒図がナンバーワン!

このステージの構成をみて気づいた方もいると思いますが、椒図をパーティに入れておけばなんの苦戦もなくクリア出来ます。

椒図吸血姫の反撃パーティなら尚更楽なステージでしょう。

ここから先も椒図がいないと壊滅する場合が多々あるので、是非育成しておくべきだと思います。

ステージ2 -やはり全体攻撃が無い-

こちらのステージも全体攻撃が無いので、椒図さえいれば簡単に突破出来るかもしれません。
構成はこちら。

御魂5F ステージ2

左から一つ目小僧、傀儡師、キョンシー兄。揃いも揃って癖の強い式神ですね。

特筆すべき点は、キョンシー兄は蘇生スキルを持っているというところでしょうか。

ただ、この蘇生スキルは極めて特殊な蘇生スキルで、対象の25%のHPを継承し、行動できない棺桶として1ターン召喚し、次のターンで蘇生させるというスキルになっています。

この特性上、棺桶から復活する前に破壊できてしまうことのほうが多いので、そこまで厄介なスキルでもないでしょう。

傀儡師はくぐつしとも読めますが『かいらいし』が正式名称。会心ダメージを受ける度に60%の確率でHPを回復するパッシブを持っており、姑獲鳥等の会心率を上げる式神は若干相性が悪いかもしれません。

回復量は4%なので、強行突破しようと思えば出来てしまいますが・・・。

このステージは特に苦戦する事なくクリア出来ると思います。

ボス -開幕全滅の恐れ有り!-

今回のボスステージは速度が必須です。と、いうのは構成を見ていただいたほうがわかりやすいでしょう。

御魂5F ボス

両翼に孟婆を従えている。中央には相変わらずヤマタノオロチ。

孟婆は全体攻撃に追加効果として25%の確率で気絶というスキルを持った式神です。
このステージでは開幕で両翼の孟婆が全体攻撃を放ってくるので、運が悪いとヤマタノオロチの全体攻撃と合わせて全員気絶からのパーティ崩壊ということにもなりかねません。

孟婆の全体攻撃はダメージもそれなりにあるので、安倍晴明の『言霊・守』でも受けきれないでしょう。
そんな時に便利なのが『兵用』です。

速度さえ上げておけば、先手を取って孟婆に対して通常攻撃を強制出来るので、沈黙を狙うより確実に敵のスキルを封じることが出来ます。
通常攻撃だけになってしまえば、あとはヤマタノオロチを超えるパーティ能力さえあればなんとでもなるでしょう。

御魂5F 総括

この階層は単体攻撃が多い割には、最後の最後で全体持ちが控えているので、抜かりない対策が必要です。

椒図、兵用等のダンジョン攻略で輝きを放つR式神達は、今後もダンジョン後半になるにつれて輝きを増していくでしょう。

皆さんも是非これらの式神を育成してみてくださいね!

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード