【陰陽師】挑戦!御魂ダンジョン『2F』の攻略!

前回の記事では御魂ダンジョン1Fを攻略していきましたが、ゲーム序盤でもこの御魂ダンジョン2Fまでは到達出来ると思います。

とはいえ、ヤマタノオロチは非常に強力な敵なので、御魂ダンジョン2Fがクリア出来ないという方もいるかと。

そこで今回は、この御魂ダンジョン2Fについて攻略していきます。

ステージ1 -連撃の鬼、妖狐-

ステージ1はシナリオでもお馴染みのこの三体の組み合わせ。

御魂2F ステージ1

左から鯉の精、妖狐、河童。鯉の精と河童はここでもペアなんですね。

シナリオでは、妖狐に攫われた鯉の精を、鯉の精に片思いしている河童が助けるというストーリーになっていました。

今回は妖狐も共闘していますが、三人の間に一体何があったのでしょうか・・・(笑)

余談はさておき、この式神達はレア度でいえばR×2、SR×1となっており、この階層にしてはかなり強力な組み合わせです。

『鯉の精』は上位プレイヤーも使うことのあるHP系の式神で、スキル2で自分のHP依存で味方のダメージを吸収するバリアを展開することが出来ます。

さらにスキル3では攻撃力依存の水牢で相手を閉じ込め、通常攻撃以外のスキルを封印し、さらにその敵の通常攻撃を水牢で吸収します。

鯉の精は非常に厄介な式神なので、優先的に倒していきたい所ではありますが、そうは行かないのがこのフロアです。

『河童』、『妖狐』は共に行動する度に攻撃力が上昇するパッシブスキルを持っており、河童は15%×4回(スキルレベル最大で30%×4回)、妖狐は2%×5回(スキルレベル最大で6%×5回)の攻撃力上昇が出来てしまいます。

鯉の精を倒している間にこの2体のバフが溜まってしまうと非常に危険ですので、火力系の式神で先手を取ってどちらかを先に倒しておきたいところです。

バフの強さで言えば河童の方が強いですが、妖狐はスキル3の『狂風刃巻』で攻撃力の66%のダメージ+50%の確率で連撃を加えてきます。
この連撃は上限が無いので、思わぬ事故を招きかねません。

特に最初のフロアのここで躓いてしまうと、後のフロアに大きな影響を及ぼしてしまうので、まずは妖狐を狙うと良いでしょう。

鯉の精のバリアは非常に鬱陶しくはありますが、正直鯉の精本体を倒すにもバリアを突破する必要性がありますし、なによりHPが高い式神なので先に狙うのはオススメ出来ません。

ステージ2 -強力な通常攻撃&挑発のコンボ-

ステージ2ではSRキャラ最強候補の一角、『吸血姫』が登場します。

御魂2F ステージ2

左から蛍草、吸血姫、兵用。蛍草は人気投票でも候補になっていた人気式神の一角です。

この吸血姫はHPが減れば減るほど攻撃力が高くなるという危険なパッシブを持っています。

さらにスキル3で相手にダメージを与えつつ自分のHPを回復することが出来るので、非常に美しいスキル構成となっており、上位のプレイヤー達からも非常に人気の高い式神で、結界突破ではある程度上位にくると、大半のプレイヤーがこの式神を採用している程です。

このフロアの厄介な所は横についている『蛍草』と『兵用』もかなり使用率の高い式神というところです。

使われるということはそれだけ敵に回した時に厄介ということであり、蛍草、兵用は共に吸血姫を補佐するのに十分な能力を持っています。

蛍草は全体を回復するスキルを持っているだけでなく、自身がダメージを受ける度に自身の攻撃力分だけ回復出来ます。

裏を返せば相手のダメージより高い攻撃力を蛍草が持っていれば、永遠に倒れることはないという事になりますが、連続攻撃でも1度しか効果が発動しないので、連続攻撃には弱いという弱点があります。

針女の御魂をつけた連続攻撃持ちがいれば、かなり突破は楽になるでしょう。

兵用は全体に挑発(=強制的に自分に向けて通常攻撃をさせる)をかけるスキルを持っており、これが吸血姫と非常にシナジーの高いスキルになっています。

HPが減るほど強くなる吸血姫は、防御力はそこまで高くないので集中攻撃で倒すことが出来るのですが、兵用が挑発で攻撃対象を変更してくるので、中々吸血姫に狙いを定められません。

そうこうしている内に吸血姫の通常攻撃でやられてしまう可能性もあります。

兵用の弱点として『通常攻撃が弱い』という弱点があるので、ステージ1でも登場した『鯉の精』の『泡の牢獄』があれば封じ込めることが出来るでしょう。

ボス -このフロアでは一番弱い!?-

ボスは毎フロア恒例のヤマタノオロチですが、左右の式神配置が1Fとは異なります。

御魂2F ボス

ヤマタノオロチは1Fよりもパワーが増し、危険になっています。

これは3F以降も同様で、ヤマタノオロチだけが固定され、左右はフロア毎に違う式神の2体ペアとなっています。

正直な所、このフロアで気をつけるべきことはヤマタノオロチの攻撃しかありません。

1Fでは強力なデバフをかける天邪鬼赤がついていましたが、今回の童女は『自分のHPを削って味方を回復する』というスキルしか持っておらず、パッシブもダメージを吸収するだけのものなので、比較的容易に倒せます。

ただ、ペアになっていることで相互にHPを回復し続けることが出来るので、長期戦に持ち込まれると不利になるかもしれません。

一度ヤマタノオロチを攻撃すると、ヤマタノオロチを回復するために左右の童女がHPを削ってくれるので、そこから童女を集中攻撃すれば倒しやすいでしょう。

御魂ダンジョン2F 総括

御魂ダンジョン2Fは強力なSR式神達と人気R式神達が勢揃いした厄介なフロアになっていますが、レベルが低いのでこちらのレベルをあげておけば難なくクリア出来ると思います。

この階層をクリアすれば、石距で☆4の御魂を狙うことが出来るので、是非挑戦してみてくださいね!

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード