【陰陽師】初心者必見!御魂ダンジョン『1F』の攻略!

陰陽師のゲーム性の根幹を支えているのが『御魂』というシステムです。

このゲームにおける御魂は、他のゲームにおける装備のような立ち位置のアイテムであり、装備することで式神に様々な変化をもたらします。

この御魂を装備しているのとしていないのでは、式神の能力が大きく変わってくるので、是非集めておきたいところです。

ところで初心者の皆さん、シナリオで行き詰まったり、いまいち自分のパーティが強くならずに悩んでいたりしませんか?

そんな時こそ、御魂ダンジョンに行きましょう。毎日の任務で3回クリアすると報酬も出ますし、初回クリア報酬もあるので是非行っておくことをオススメします。

今回はその御魂ダンジョンの最下層、1階について攻略していきたいと思います。

ステージ1 -まずは通過点-

御魂ダンジョンで最初に出会う式神がこの3体。

御魂1F ステージ1

左から天邪鬼青、三尾の狐、天邪鬼黄。天邪鬼青はよく見ると可愛い。

『天邪鬼青』はスキル1に三連撃を持った式神で、スキル2では味方の素早さをあげる事ができる、ノーマルレアながら侮れない式神です。

『天邪鬼黄』も同じくバフ要員で、スキル2では次の自分の行動時まで味方全体の会心率をあげる事が出来ます。

ステージ1のメインである『三尾の狐』は、全プレイヤーが最初に召喚で手に入れることが出来る式神ですね。

この式神はレアの式神中では最も強力な単体攻撃を持っており、さらに敵を倒すと回復する厄介なパッシブも持っています。

強力な単体攻撃である『紅顔怒髪』は、攻撃力の88%の攻撃を3回、さらに持続ダメージまでついているという優秀なスキル。

このスキルがあるがゆえに、三尾の狐を火力枠でパーティに採用している方もいます。特に初心者の方は是非使ってみると良いと思います。

ここで闘技や結界突破でも割と厄介な存在である、単体攻撃が強力な式神にどう対処するかという話になりますが、『椒図』というレアの式神が必須になります。

この式神はレア式神で、尚且つ妖気封印でも欠片が入手出来るので入手難度は非常に低いですが、殆どの上位プレイヤーが使用している式神です。

スキル『ライフリンク』によって単体のダメージを全体に分散することが出来るので、単体攻撃の大きなダメージも、パーティ全体で受け止める事によって軽減する事が出来ます。

いわばパーティの緩衝材といったところでしょうか。この式神を育成すれば、御魂ダンジョンの攻略もグッと楽になると思います。

ステージ2 -守りのパーティ-

強力な単体攻撃持ちと加速、火力のバフ持ちで攻めてきたステージ1とは逆に、こちらは守りに重きを置いた編成になっています。

御魂1F ステージ2

左からぬりかべ、山童、一つ目小僧。ぬりかべは苔が生えているんですね。

『ぬりかべ』は1ターンの間味方全体の防御を40%あげるスキルを持った式神です。

他のゲームをやっている方はこのスキル説明で非常に強いバフだと勘違いしがちですが、陰陽師における防御力はそもそもの値が攻撃力に対して低いので、40%くらいあげないとあまり恩恵がありません。

特に警戒せずとも大丈夫な式神です。

『一つ目小僧』は素早さが高く、次の行動時まで有効な『金剛経』を展開すると素早さが減少しバフを長続きさせることが出来る式神です。
この金剛経でも防御力は上昇するのですが、こちらのスキルのメイン効果はダメージ反射で、被ダメージの10%を敵に反射することが出来ます。

自分のHPを削って攻撃する『吸血姫』を使っている場合は気をつけたほうが良いかもしれませんね。

ステージ2のメイン『山童』は非常に攻撃力の高い式神です。

全体攻撃にパッシブで気絶効果を持っていますが、この全体攻撃が攻撃力の35%のダメージと非常に低いです。

攻撃力に反してこのダメージ率によってあまり火力は出ない式神ですし、気絶も8%とあまり確率が高くはないので、そこまで警戒する必要はないでしょう。

ステージ2は式神のレベルがしっかり上がっていれば、何の苦もなくクリアすることが出来そうですね。防御力が高いのでこちらも攻撃力をあげておきたいところです。

ボス -初めてのヤマタノオロチ-

ヤマタノオロチと言えば、映画『陰陽師』でも物語上で非常に重要な存在でしたが、このゲーム中でもメインコンテンツである御魂ダンジョンで毎回ボスとして出現するという非常に重要なポジションを担っています。

御魂1F ボス

中央で見切れているのがヤマタノオロチ。どう角度を変えても全体像がゲーム画面に収まることはないようです。

階層を増す毎に強くなるこのヤマタノオロチですが、基本的な部分は変わらず、『気絶効果を持った全体攻撃』と、『威力の高い単体通常攻撃』に加え、ヤマタノオロチの攻撃によりこちらの式神が倒れた際にターンが追加されるという厄介な能力を持っています。

この効果により、1体の式神が倒れるとそのまま一気にパーティが崩壊することに成りかねないので、御魂ダンジョンでは育成途中の式神は連れて行かない事をオススメします。

御魂1Fのヤマタノオロチのサポート式神は『天邪鬼赤』。

『挑発』という特殊なスキルを持っており、こちらの式神に強制的に天邪鬼赤を攻撃させる状態異常をかけてきます。
この効果を受けた式神は与ダメージが増加しますが、被ダメージがなんと40%も上昇します。

この間にヤマタノオロチの攻撃を受けてしまうと、やはりパーティ崩壊に繋がる恐れがあります。

効果抵抗をあげておくのもいいですが、こんな時に便利なのがプレイヤーキャラ『安倍晴明』です。

安倍晴明は『言霊・守』というスキルを持っていますが、このスキルはダメージを受け止めるだけでなく、効果が有効な間状態異常を受け付けなくなる効果があり、ダメージの無い状態異常攻撃をしてくる相手には特に有効です。

ここでも天邪鬼赤より先に行動出来れば、このスキルを持たせておくだけで安定感が俄然違ってくるでしょう。

御魂ダンジョン1F 総括

御魂ダンジョン1Fは単体、通常、デバフなど様々な式神が登場し、まさに初心者がいろんなことを学ぶのに最適な場所となっています。

安倍晴明のスキル『言霊・守』は今後も大活躍するので、覚えておいてくださいね!

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード