【陰陽師】荒川の主は本当にハズレSSRなのか?徹底検証!

陰陽師では、ガチャでSSRを引く確率はかなり低く、闘技報酬の『両面像』や、返魂報酬の『閻魔』等で我慢している方も多く見られます。

確率が低いからこそ、SSRが出た時の喜びも一際大きくなるというものですが、中には『ハズレキャラ』の烙印を押されてしまっているSSRキャラもいます。

それがこの『荒川の主』と『シシオ』 です。

今回はその中でも『荒川の主』にフォーカスし、本当に弱いのか実際に育成して検証してみました。

SSR『荒川の主』

SSRキャラである荒川の主は、しっかりと相応のステータスは持っています。

荒川の主

SSR『荒川の主』のポテンシャルはいかに。。

能力値が低いと目も当てられませんが、会心率が覚醒で10%追加されるので、会心DMGを上げれば火力自体は出せそうです。

また、HP、素早さ、会心率の高さの割にはHPと防御力が高めに設定されているので、耐久面でも問題は無さそうです。

ただ、不安定として挙げられるのが『謎のパッシブスキル』の存在。

このスキルが荒川の主をハズレと言わしめているスキルなのですが、詳細は後述します。

全式神中現時点では唯一の『自分にデバフをかけるパッシブスキル』を持った式神です。

スキル『遊漁』

第一スキル『遊漁』は通常の攻撃スキルです。

一応、レベルアップでLv5になる際にダメージが+10%される(全式神共通)ので、スキルレベルを上げておくに越したことは無いでしょう。

基本的に通常攻撃スキルは陰陽師ではあまり特殊な物を持っている式神はいませんが、会心率や会心DMGを積んでいく関係上、他の式神よりは火力の高い攻撃になると思います。

ちなみに、陰陽師ではスキルレベルアップのダメージ増加は加算ではなく乗算されていくので、100%のダメージが+5%×3、+10%で105%、110.25%、115.76…%、127%と増加していきます。最終攻撃力は127%となり、これは他の式神の全体攻撃程度の威力にはなるので、元々攻撃ステータスの高い荒川の主で使えばそこそこ使えるスキルにはなるでしょう。

ただし、後述する『貪食』が非常に強いので、鬼火がある限りこのスキルを使うことはないと思います。

スキル『流れに乗る』

第二スキル『流れに乗る』はパッシブスキルで、スキルレベルアップの対象ではありません。

このスキルが前述の通り非常に賛否両論の別れているスキルで、敵に会心ダメージを与えた際に20%の追加ダメージを与え、その後1ターンの間自身の防御力が20%減少するというスキルです。

防御力が20%減少する上に、会心ダメージがたったの20%減少するだけ・・・と思っている方のほうが多いと思います。

そこでこのスキルのダメージ計算についてお話したいと思います。

このスキルは説明文にある通り、会心ダメージを与えた際に『20%の追加ダメージ』を与えるスキルです。

お気づきでしょうか?『会心ダメージを20%追加適用する』ではないのです。

例えば平常時で5000のダメージを出せるとしましょう。会心ダメージが200%あるとします。

すると会心ダメージを20%追加適用する場合、会心ダメージは220%となり、5000×2.2で最終ダメージは11000です。

ところが20%の追加ダメージを与える場合、5000×2+5000×2×0.2となり、最終ダメージは12000になります。

実際はステータスを積めば会心込みで15000クラスのダメージを出せる式神なので、更に大きな差が期待できるでしょう。

そして防御についてですが、そもそも陰陽師では防御の数値が低いので、20%は特にアタッカー系の式神ではそこまで痛手ではありません。

防御を少し積んで500あったとしても400になるだけなので、むしろ防御を削ってHPを壱番御魂で上昇させておけば、パッシブの影響は気にならないでしょう。

メインスキル『貪食』

荒川の主を語る際に外せないのがこのスキルでしょう。

スキル『貪食』

現環境で唯一無二のスキル『2回攻撃』

132%の攻撃力で2回攻撃する単体対象スキルです。

正直、ダメージ率が低いので甘く見ている方も多いと思いますが、『2回確定で攻撃するスキル』は実は他に無いので、この式神のアイデンティティと言っても過言ではないと思います。

スキルダメージは132%から最終で160%まで上昇します。

160%はスキルダメージとしてもかなり高いので、是非スキルレベルを上げておきたいところですね。

シナジーの高い御魂

荒川の主は会心時に追加ダメージが出るので、網切や破勢の御魂を使っている方も多いのではないかと思います。

しかし、このスキル及び荒川の主の本質を考えると、最もオススメしたい御魂は『針女』です。

なぜ会心ダメージの乗らない針女かという話ですが、そもそも網切という御魂は非常に敵依存度が高いです。敵の防御力を割合で無視する効果なので、HPが高く防御力の低い敵にはあまり効力を発揮できません。

さらに破勢についても、一打目で発動すると確実に二打目では発動できない程度までHPを削れるスキルなので、二打目にはほとんど恩恵がありません。

荒川の主の会心率は覚醒すれば20%。会心ダメージの御魂を陸番に入れていても、サブオプションを厳選すれば会心率80%は確保出来るでしょう。

勿論、他の御魂は攻撃力以外に選択肢がないので、攻撃力を積むことになります。

陰陽師では敵のHPは特にボスキャラは確実にこちらの攻撃力の10倍以上あるので、針女の効果は最大まで発動することが出来ます。

最大効果は自分の攻撃力の120%なので、最終的にはこの貪食の効果はスキルダメージ160%×2に加えて会心時に120%×2を与えるという、非常に強力な効果になります。

この強さは実際に使ってみれば必ず実感できるはずなので、もし出た方は捨てずに育成することをオススメします。

シェアする

関連するキーワード