【遊戯王デュエルリンクス】速報!13日に新パック!クリムゾンキングダムが実装!

6/13に新しくメインボックスとして「クリムゾンキングダム」が実装されることになった。

パッケージモンスターはヴァンパイア・ロードとなっている。

まだ一部しかカード情報が公開されていないがいち早く解説やカード情報をお伝えしようと思う。

13日発売のクリムゾンキングダム

UR枠

判明している8種類。

ヴァンパイア・ロード

☆5/闇属性/アンデット族/A2000/D1500

・このカードが相手LPに戦闘ダメージを与えたとき、カードの種類を宣言する。

・相手は宣言された種類のカード1枚をデッキから墓地へ送る。

・また、このカードが相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、次の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚する。

牛頭鬼

☆4/地属性/アンデット族/A1700/D800

「牛頭鬼」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。

デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。

(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地から「牛頭鬼」以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。

手札からアンデット族1体を特殊召喚する。

超魔導剣士-ブラック・パラディン

☆8/闇属性/魔法使い族/A2900/D2400

・「ブラック・マジシャン」+「バスター・ブレイダー」

・このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。

・このカードの攻撃力は、お互いのフィールド、墓地のドラゴン族の数×500アップする。

・魔法が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。

このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、その発動を無効にし破壊する。

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー

☆8/光属性/戦士族/A2800/D2500

・「バスター・ブレイダー」+「ドラゴン族」

・融合召喚でしか特殊召喚できない。

・このカードは直接攻撃できない。

・このカードの好守は相手のフィールド、墓地のドラゴン族×1000アップする。

・このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドのドラゴン族は守備表示になり、相手はドラゴン族の効果を発動できない。

・貫通効果

紅蓮魔闘士

☆6/炎属性/戦士族/A2100/D1800

・自分の墓地に存在する通常モンスターが3体のみの場合、このカードは自分の墓地に存在する通常モンスター2体をゲームから除外し、手札から特殊召喚することができる。

・1ターンに1度、自分の墓地に存在する☆4以下の通常モンスター1体を選択して特殊召喚することができる。

真紅眼の飛竜

☆4/風属性/ドラゴン族/A1800/D1600

このカードの効果を発動するターン、自分は通常召喚できない。

・自分エンドフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「レッドアイズ」1体を対象として発動できる。

・そのモンスターを特殊召喚する。

火炎木人18

☆4/炎属性/炎族/A1850/D0/通常

蘇りし魂

永続罠

・自分の墓地の通常モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。

そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

・このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

考察

今現在確認できるUR枠のカードが全部で8種類となっている。

これらを見る限り、アンデット族や通常モンスター関連の強化、バスター・ブレイダー関連の追加が見えてくる。

本来、メインボックスはUR枠が全部で10種類なため、残り2種類は実装時に判明するだろう。

UR枠の魔法がまだ発表されていない。

毎回、メインボックスのUR枠は必ずそれぞれ1枚は収録されていたので魔法の確率が非常に高いのである。

SR枠

判明している4種類。

真紅眼の不死竜

☆7/闇属性/アンデット族/A2400/D2000

・このカードはアンデット族1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚することができる。

・このカードが戦闘によってアンデット族を破壊し墓地へ送った時、そのモンスターを自分フィールド上に特殊召喚することができる。

怨念の魂業火

☆6/炎属性/アンデット族/A2200/D1900

・自分フィールド上に炎属性が存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

・この方法で特殊召喚に成功した時、自分フィールド上の炎属性1体を選択して破壊する。

・自分のスタンバイフェイズ時、自分フィールド上に「火の玉トークン☆1/炎属性/炎族/A100/D100」1体を守備表示で特殊召喚する。

・また、このカード以外の自分フィールド上の炎属性1体をリリースして発動できる。

・このカードの攻撃力はエンドフェイズまで500アップする。

魔法都市エンディミオン

フィールド魔法

・自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。

・魔力カウンターが乗っているカードが破壊された場合、破壊されたカードに乗っていた魔力カウンターと同じ数の魔力カウンターをこのカードに置く。

・1ターンに1度、自分フィールド上に存在する魔力カウンターを取り除いて自分のカードの効果を発動する場合、代わりにこのカードに乗っている魔力カウンターを取り除く事ができる。

・このカードが破壊される場合、代わりにこのカードに乗っている魔力カウンターを1つ取り除く事ができる。

紅玉の宝札

通常魔法

・「紅玉の宝札」は1ターンに1枚しか発動できない。

・手札から☆7の「レッドアイズ」1体を墓地へ送って発動できる。

・自分はデッキから2枚ドローする。

・その後、デッキから☆7の「レッドアイズ」1体を墓地へ送る事ができる。

考察

レッドアイズ関連やアンデット族の強化が見えてくる。

メインボックスの場合、SR枠は全部で12種類になる。

そのため、残り8種類はまだ不明である。

R枠

・バスター・ブレイダー

・闇よりの恐怖

・ヴァンパイアジェネシス

・竜破壊の証

・ゲイシャドウ

・漆黒のパワーストーン

・魔装機関車デコイチ

N枠

・OToサンダー

・OKaサンダー

・ギブ&テイク

・奇跡の復活

・魔貨物車両ボコイチ

・トライゴン

全体的な考察:アンデット族やレッドアイズなどが強化されるのかも

このメインボックスはおそらくアンデット族やレッドアイズ、通常モンスターは強化の対象になるだろう。

バスター・ブレイダー関連の追加もみられるので、ドラゴン族関連のカードもいくつか収録されているのかもしれない。

また、魔力カウンターを使ったカードもいくつか収録されているため、これらの強化もみられる。

今後、まだ未発表のカード次第ではあるが、アンデット族やレッドアイズ、魔法使い族関連のデッキが多くみられると思う。

ライター:

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。