【遊戯王デュエルリンクス】イシズ・イシュタールの本拠地!天使族モンスターの強さに迫る

イシズ・イシュタールがメインとして使っているのが天使族モンスターです。

天使族モンスターもレアリティURのモンスターが多く、使い勝手の良さと効果に翻弄されたという方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな天使族モンスターがいかに強いかということを証明しながらいろんなカードを見ていきましょう。

センジュゴッド

不思議な力で儀式を促進する神

レアリティは最高!ランク戦で戦える人気モンスターとは!?

ランク戦で戦うには、限られたカードの中で戦っていかなければなりません。

天使族モンスターの中にも十分に活躍できるような立ち回りが出来るURモンスターがたくさんいます。

どんなモンスターがいるでしょうか。紹介します。

次元合成師(ディメンション・ケミストリー)

【光属性・天使族・☆4・攻撃力1300・守備力200】

このモンスターの攻撃力そのものは非常に低めですが、どんな効果を持っているのでしょうか。

自分のメインフェイズ時に、自分のデッキから一番上のカードをゲームから除外すると、このカードの攻撃力が1800になります。

またこのカードが破壊されたとき、ゲームから除外されているモンスター1体を手札に加えることが出来るのです。

自身の攻撃力を別カードを墓地に送ることで増させ、用が済んだら手札にも加えることが出来ます。
なんと気まぐれな合成師なのでしょうか。

センジュ・ゴッド

【光属性・天使族・☆4・攻撃力1400・守備力1000】

このモンスターは召喚に成功した時に、自分のデッキから儀式モンスター1体を自分の手札に加えることが出来る効果を持っています。

儀式デッキには欠かせない存在といっても過言ではないでしょう。

組み合わせの例としては「サクリファイス」×「センジュゴッド」を最低でも2枚ずつ必要としましょう。

センジュ・ゴッド自体の攻撃力はそこまで高くないので、使い捨て要因として考えるのが吉です。

更に儀式召喚にはレベルが必要になってきます。

必要なレベルは高ければ高いほど手札の枚数を増やさなくてはいけないので、「強欲なかけら」などを使って補てんしていけるようにしましょう。

みんなが知っているぜひ当てたいモンスターを紹介します!

昔の優位応でもよく使われていたモンスターは、天使族モンスターの中にたくさんいます。

その中でも特に人気度が高いモンスターをいくつか紹介しましょう。

実践でも役に立つような効果を持つものもいますよ。

スケルエンジェル

【光属性・天使族・☆2・攻撃力900・守備力400】

このカードのレアリティはRなので比較的入手しやすいでしょう。

しかし効果は侮ってはいけません。

このカードにはリバース効果を持っており、リバース出来たら自分はデッキから1枚ドローすることが出来ます。

単純に手札を増やす要因として使うことが出来ますね。

しかしリバースしてしまったら、攻撃力が900しかないので高確率で破壊されてしまいます。

破壊される前にトラップカードで応戦したり、手札を増やした意味を考えてデュエルに臨みましょう。

ワタポン

【光属性・天使族・☆1・攻撃力200・守備力300】

このモンスターも知っている方は多いのではないでしょうか。

このカードは手札から通常ドローではなく、カードの効果によってドローすることが出来た場合、このカードは特殊召喚できるという効果を持っています。

前述した「スケルエンジェル」と組み合わせて運良く引くことが出来れば召喚させることが出来ますね。

ステータス的には非常に弱いので、アドバンス召喚要因としてフィールド上に生還させ続けましょう!

見た目がかわいい天使族モンスターを紹介!

天使族モンスターと言ったら見た目も気にしないといけませんね。

可愛いことを売りにしているようなモンスターもいるので、戦うというよりは愛着のあるといえるモンスターを紹介します。

ボール型の可愛いモンスターを大紹介!

ボール型でかわいい顔をした可愛いモンスターを3種類ほど紹介します。

「フレンドシップ」

【光属性・天使族・☆4・攻撃力1300・守備力1100】

「プチテンシ」

【光属性・天使族・☆3・攻撃力600・守備力900】

「ハッピー・ラヴァー」

【光属性・天使族・☆2・攻撃力800・守備力500】

これらのモンスターは特に効果を持ちませんが、このシリーズが好きな方は是非集めたいカードになっています。

レアリティも殆どがNかRなので集めやすいでしょう。

勇気の砂時計

【光属性・天使族・☆4・攻撃力1100・守備力1200】

このカードは少しトリッキーな効果を持ちます。

このカードが召喚に成功したターンは、次の自分のターン終了時まで【攻撃力550・守備力600】になります。

しかしそれ以降は【攻撃力2200・守備力2400】となるのです。

最初の段階までで破壊されなければ、かなりの高火力モンスターになってくれます。

攻撃力が550の段階では確実に相手に破壊されないように「銀幕の鏡壁」、「クリボール」などを使って相手モンスターを制御できるようなデッキを組めばグッドです!

ライター: バロック

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。