【遊戯王デュエルリンクス】初心者にもおススメ!今すぐ使えるドラゴン族モンスターの最強カードを紹介

ドラゴン族のモンスターはデュエリストの中でも最もシンプルで使いやすく、人気のあるカードがたくさんあります。
その中でもひときわ人気のあるおススメの最強カードを紹介します。
他のカードと組み合わせることで、圧倒的なパワーを見出すことが出来るかもしれませんよ。

ブルーアイズホワイトドラゴン

デュエルリンクス史上最強の攻撃力を持つモンスター

破壊力抜群の最強カードを紹介!

とにかく攻撃力が高く、召喚できたら強いモンスターを紹介しましょう。

破壊竜ガンドラ

このカードは2体リリースすることによって召喚することが出来るモンスターです。
実はこのモンスター、攻撃力守備力ともに0なのです。非常に不思議なモンスターの秘密は、その効果にありました。
LPを半分支払うことで、このカード以外のフィールド上のモンスターをすべて破壊し、さらに破壊したカードの枚数×300だけ攻撃力が上がるという効果を持っています。
そしてエンドフェイス時にこのカードを墓地に送らなければなりません。
相手のLPを探りながら決め手のカードとして使いましょう。

青眼の白竜(ブルーアイズホワイトドラゴン)

誰しもが知っている人気のカードです。
このカードはモンスターを2体リリースすることで召喚することが出来ます。
攻撃力3000、守備力2500と非常に高いのが特徴的で、主力モンスターとして選ぶのには最適かもしれませんね。
特に効果はないので別の魔法カードを使ってトラップカード対策をすると、ある程度は生き残ってくれそうです。

融合モンスターもある程度は強い!

ドラゴン族の融合モンスターも、使いこなせれば高い攻撃力を得ることが出来ます。

メテオ・ブラック・ドラゴン

このカードは「メテオドラゴン(☆6)」と「レッドアイズ・ブラックドラゴン(☆7)」を融合素材モンスターとして墓地に贈ることで召喚することが出来ます。
少し召喚するまでに時間がかかってしまうかもsれませんが、その攻撃力は青眼の白竜を超える3500となっています。
守備力が2000と低いので、あくまでも攻撃重視での攻めの姿勢を見せたほうが良いですね。

超合魔獣ラプテノス

このモンスターはモンスターに「デュアル」と書かれたデュアルモンスターを2体融合素材として融合することで召喚できるモンスターです。
さらにこのモンスターがフィールド上に存在する限り、フィールド上のデュアルモンスターはすべてもう一度召喚された状態として扱うことが出来るという効果を持っています。
なのでデュアルデッキを組むのに最適ですし、召喚時にしか効果を発揮できないモンスターなどと組み合わせると強いです。

ブルーアイズ・アルティメットドラゴン

このカードはデュエルリンクス史上最も高い攻撃力4500を誇るモンスターです。
召喚条件も厳しく、青眼の白竜3体を素材にする必要があります。
ランク戦で使用する人はあまり見ませんが、友人との軽い勝負で召喚できたら気持ち良いですね。
趣味の段階で使うのが最適ではないでしょうか。

リリースなしでも強いドラゴン族モンスター

レベル4以下でも十分に戦える人気のモンスターを紹介します。

黒竜の雛(こくりゅうのひな)

このモンスターはレベル1ですが、レアリティとしてはSRに値するほど強いモンスターです。
フィールド上のこのカードを墓地に送ることで、手札から真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)を特殊召喚できるという効果を持っています。
このカードとレッドアイズ・ブラックドラゴンが手札にあれば、早い段階で召喚が可能になります。

グランド・ドラゴン

レベル4ながらも攻撃力2000を誇っているモンスターです。
しかし条件を満たさないと召喚することが出来ません。
その条件とは、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合のみ召喚することが出来るというものです。
更にフィールド上にこのカード以外のほかのドラゴン族がいないと、攻撃宣言をすることが出来ません。
かなり条件が限定されていますが、召喚できれば攻撃力2000でできるだけ耐えれるかと思うので、非常に便利です。

エレメント・ドラゴン

このモンスターは状況次第で、様々な効果を生み出してくれるモンスターです。
その状況とは、攻撃した相手の属性や、攻撃された相手の属性によって変化します。
相手が炎属性の場合、このカードの攻撃力が500上がります。
相手が風属性の場合、自分ターンの戦闘で相手モンスターを破壊したら、もう一度だけ続けて攻撃ができます。
相手のデッキの動向や戦い方を慎重にみていけば、どんな属性が固まっているのかがわかってくるはずです。
慎重に使えば使えるモンスターとなってくるでしょう。

まとめ

このようにドラゴン族のモンスターはどちらかというと攻撃力に特化したモンスターが多いということがわかりました。
しかしその分レベルが高いので、本領を発揮するにはある程度のターンの確保が必要になってきます。
しかし魔法カード「迷える子羊」を使えば、最短1ターンでレベル8までのカードを裏側守備表示で召喚させることが出来ます。
いろいろ試してみて、自分に合ったデッキ作りに励んでみましょう!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます