【遊戯王デュエルリンクス】カオス・ソルジャーがパッケージを飾るCHAOTIC COMPLIANCEを解説!(UR編)

4/12から発売した「CHAOTIC COMPLIANCE(カオス・コンプライアンス)」。

初収録のサイキック族やデュアルを主にテーマとしたBOXである。

今回はこのパックに収録されているURカードの使い方などについて解説していこうと思う。

デュアル強化やサイキック登場の新パック(UR編)

カオス・コンプライアンスに収録された10種類のURを解説

UR枠(10種類)

「カオス・ソルジャー」

「フェニックス・ギア・フリード」

「爆風トカゲ」

「マスター・オブ・OZ」

「脳開発研究所」

「戦線復活の代償」

「融合賢者」

「お家おとりつぶし」

「マジック・ドレイン」

「盗賊の七つ道具」

入手しておきたいカード

おすすめのカードをピックアップ。

カオス・ソルジャー

☆8/地属性/戦士族/A3000/D2500

・儀式モンスター

今回のパッケージを飾るモンスターである。

なんといってもやはりイラストのかっこよさが素晴らしい。

ステータスも高く、青眼の白龍と同じ攻守である。

儀式故召喚制限こそあるものの、サポートカードによってスムーズに儀式召喚することもできる。

闇遊戯を使用して、このカードを儀式召喚すると召喚ムービーが流れる。

「混沌の場」と相性が良い。

このカードをサーチすることができるうえに条件を満たせば儀式魔法もサーチすることができる。

名にカオスと付くのに地属性なのが少し残念といったところ。

フェニックス・ギア・フリード

☆8/炎属性/戦士族/A2800/D2200

・デュアル(ルール効果)

・相手が魔法を発動した場合、自分の墓地に存在するデュアルモンスター1体を特殊召喚することができる(誘発効果)。

・自分フィールド上に表側表示で存在する装備カード1枚墓地に送ることで、フィールド上に存在するモンスターを対象にする魔法罠カードの発動を無効にし破壊する(誘発即時効果)。

最上級デュアルモンスターである。

ダメージステップ中にモンスターを特殊召喚することは使えない。

しかし、対象をとる魔法罠カードの発動を無効にし破壊する効果はダメージステップ中でも使える。

リリースが2体必要なうえにデュアルモンスターなため、できれば「炎妖蝶ウィルプス」などから特殊召喚してフィールドに出したい。

デュアル状態であればそれぞれ条件付きだが、モンスター蘇生や対象をとる魔法罠耐性といった効果が付加されるのは強力である。

特殊召喚するモンスターはレベルを問わず、同名カードも特殊召喚できるため、効果範囲は広い。

しかし、蘇生されるとわかって相手もわざわざ魔法を使ってくることはあまりないため、抑止力として活用していきたい。

戦線復活の代償

装備魔法

・自分フィールド上の通常モンスター1体を墓地へ送り、自分または相手の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。

・選択したモンスターを自分のフィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。

・このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。

自分のフィールド上の通常モンスター1体がコストになるものの、蘇生カードとして優秀な方である。

どちらかの墓地から特殊召喚できるので選択の幅が広い。

特殊召喚するモンスターは通常モンスターでなくても良い。

さらに表示形式を問わず攻撃もできるため、非常に制約の緩い蘇生カードである。

融合賢者

通常魔法

・デッキから「融合」1枚を手札に加える。

デッキ圧縮と「融合」サーチを兼ね備えたカードである。

「フュージョン・ゲート」を採用できない融合を主体としたデッキに採用したい。

お家おとりつぶし

通常罠

・手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。

・相手フィールド上の表側表示モンスター1体を破壊する。

・相手の手札を確認し、破壊したカードと同名のカードを全て墓地へ送る。

手札の魔法1枚がコストではあるものの、貴重なモンスター破壊できるフリーチェーンである。

表側表示限定ではあるが、手札を確認できるうえに同名カードがあればさらに墓地へ送ることができるため発動するタイミングによってはより強くなるカードである。

マジック・ドレイン

カウンター罠

・相手が魔法を発動した時に発動できる。

・相手は手札から魔法1枚捨ててこの効果を無効にできる。

・捨てなかった場合、その発動を無効にし破壊する。

不確定ながらも1:1交換以上が望める。

相手が捨てなければ魔法を無効にできて、捨てられても魔法1枚の損失を与えたことになるため、どっちに転んでも自分に利のあるカードである。

魔法を採用しないデッキなんてよほど尖ったデッキでもない限り、基本的に採用されているので腐ることはほとんどない。

どのデッキにも採用することができるため、ぜひ入手しておきたいところ。

考察:それぞれの強さが備わっているUR枠

汎用性はあまり高い方ではないが、専用デッキにおいて採用しておきたいカードが多い。

通常モンスター(デュアル)サポートやカウンター罠など強みのあるカードが収録されている。

現在儀式モンスター最攻撃力の「カオス・ソルジャー」や蘇生カードの「戦線復活の代償」、貴重なフリーチェーン除去の「お家おとりつぶし」、使いやすいカウンター罠の「マジック・ドレイン」。

さまざまな方向性で使えるカードが揃っている。

また、このパックでサイキック族も初収録されたことにより今後のデュエルシーンにおいてどういった活躍を見せるのか楽しみである。

ライター:

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。