【遊戯王DL】下級モンスター達のインフレが止まらない。次のパックにはどんなカードが登場する?

新パックが登場するたびに、強い星3星4の下級モンスターが続々と登場しています。

新パックの登場するペースが速く、下級モンスターのインフレがおきています。

この間まで最強だったモンスターが、気づいたらもうさらに上のモンスターが登場しているなんてこともざらにあります。

そんな下級モンスターに注目して、紹介しいきます。

ゲーム配信と同時に登場・アルティメットライジング

3月30日に販売が終了した「アルティメット・ライジング」は、デュエルリンクスが配信開始と同時に販売されたパックになります。

最初、下級モンスターで最強と言われていたのは、星4の「アックスレイダー」です。

アックスレイダー

ゲーム配信直後、下級モンスター最強と言われた「アックスレイダー」

パックにある他の下級モンスターの攻撃力は1500程度のものが多かった。

ですが、アックスレイダーは攻撃力1700と200も高かったので、みんなデッキには必ず入っていたかと思います。

制限はありますが、攻撃力が2000まで上昇するモンスターもいます。

1ターンのみ攻撃力が2000になり、そのターン終了したら破壊される「カラテマン」。

指定した種族と戦闘時のみ、攻撃力が2000になる「7つの武器を持つハンター」。

使っていたキャラのデッキスキルによって戦略が違うので、デッキの上級モンスターは人によって違ったはずです。

初のミニパック・エイジオブディスカバリー

「アルティメット・ライジング」と同じく3月30日に販売が終了した「エイジ・オブ・ディスカバリー」は、約1ヵ月後に登場しました。

水属性に特化していて、梶木漁太と相性が非常にいいカードばかりでした。

登場当時は海デッキが最強だと言われ、ランク戦で上位の人はほとんど海デッキをつかっていました。

エイジ・オブ・ディスカバリーの中で、攻撃力が高い下級モンスターは「味方殺しの女騎士」です。

味方殺しの女騎士

毎ターンモンスターをリリースしなけばならない「味方殺しの女騎士」

星4で攻撃力は2000ですが、スタンバイフェイズ毎にフィールドのモンスター1体をリリースしなければいけないというデメリットがあります。

なので、攻撃力は高いですが、使いずらいモンスターなのであまり活躍はしていなかったように感じます。

儀式召喚を強化した・ネオインパクト

「エイジ・オブ・ディスカバリー」が登場してから3週間後という、ハイスピードで登場した「ネオ・インパクト」。

第2弾のメインパックで、儀式召喚に特化したパックです。

この頃にペガサスイベントがあり、儀式デッキが多く組めるようになりました。

パックに入っている下級モンスターで攻撃力が高いのは、「ジェリービーンズマン」です。

ジェリービーンズマン

ソラマメに手足がはえたシュールな見た目「ジェリービーンズマン」

星3で攻撃力1750で、さらに上限が上がりました。

儀式召喚モンスターではありますが、星4の「白竜の聖騎士」が攻撃力1900になります。

「白竜の聖騎士」はブルーアイズを簡単に、召喚できるコンボが使えます。

炎属性に特化した・フレイムオブタイラント

「ネオ・インパクト」の約1ヵ月後に、「フレイム・オブ・タイラント」が登場しました。

第2弾のミニパックで、炎属性に特化したパックになっています。

フレイム・オブ・タイラントに入っている下級モンスターは、星4の「爆炎集合体ガイヤ・ソウル」です。

爆炎集合体ガイヤ・ソウル

1ターンしかフィールドに存在できない「爆炎集合体ガイヤ・ソウル」

1ターンのみフィールドの存在でき、炎族モンスターを2体までリリースすれば最大攻撃力が4000になるモンスターです。

第1弾のミニパック「エイジ・オブ・ディスカバリー」同様、制限付きで召喚できるモンスターになっています。

天使族、機械族が強化された・ヴァルキリーズレイジ

「フレイム・オブ・タイラント」が登場してさらに、約3週間後に登場したのが「ヴァルキリーズ・レイジ」です。

天使族と機械族のモンスターに特化した、メインパックになっています。

ヴァルキリーズ・レイジには、登場前からネットで騒がれていた「デュナミス・ヴァルキリア」が登場しました。

デュナミスヴァルキリア

ネットで登場が騒がれていた「デュナミスヴァルキリア」

デュナミス・ヴァルキリアは、星4で攻撃力1800と制限なしの下級モンスターの中で、最強の強さを誇っています。

同じ星4で「スサノオ」が攻撃力2000ではありますが、召喚して1ターン後手札に戻ってきてしまいます。

第3弾となるミニパック・ワンダーオブスカイ

さらに、約3週間後とハイペースで登場したのが、「ワンダー・オブ・スカイ」です。

かなりのハイペースで新パックが登場しているので、初期の「アルティメット・ライジング」と「エイジ・オブ・ディスカバリー」は配信開始半年を待たずに終了したのでしょう。

やはり、ミニパックの特徴なのか、制限つきの下級モンスター「ディスクライダー」が入っています。

ディスクライダー

元の攻撃力は低いが、墓地の罠カードを利用して強くなる「ディスクライダー」

ディスクライダーは星4で攻撃力1700ですが、墓地の罠カードを除外すると最大2200まで上がります。

予想:今後はどんなモンスターが登場する?

今回は攻撃力に注目しましたが守備力に目を向けると、交換カードのビッグシールドガードナーを除けば守備力1550の「ケンタウロス」が最も高いです。

攻撃型に対して守備型のモンスターが、少ないように感じます。

なので、次パックでは守備力1700以上のモンスター(例えばバトルフットボーラー、大木炭18)などが新登場するかもしれません。

シェアする

関連するキーワード