「イッツ・ア・スモール・ワールド」なし!強引でもトゥーンデーモンは強すぎる!【遊戯王デュエルリンクス】

今回のご紹介動画は『遊戯王デュエルリンクス』!youtuber・SADOがトゥーンワールドデッキでマスター戦を戦っていきます!

トゥーンモンスターとは?

遊戯王デュエルリンクス トゥーン

動画前半20秒

一番の特徴は、直接ライフを削れるので、わかりやすいゲーム運びができます。(ミラー戦は別)

トゥーンデッキの中核をなすのが、「トゥーンワールド」

「1000LPを払ってこのカードを発動できる。」という単体で扱ってしまうと、ライフコストがかかるというデメリットカード。しかし、このカードが発動していることで、専用のカードを召喚できるというものです。

基本的に「トゥーン」の名が頭にあるカードが該当します。

しかし、ライフコストがかかる以上、それだけデメリットが大きいデッキなので、その前に怒涛のフェイスで畳み掛けるのが理想ではあります。

【ペガスサスのドロップスキル『イッツ・ア・トゥーンワールド』】

永続魔法「トゥーンワールド」が発動した状態でデュエルを開始する。

このスキルのおかげでライフコストがかからないのですが、SADAは持っていないので、使わないでプレイしていますね。

「トゥーンデーモン」が猛威を振るう足跡トゥーンデッキ!

遊戯王デュエルリンクス トゥーン

動画前半1秒

【トゥーンデーモン】

このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に「トゥーン・ワールド」が存在する場合のみ特殊召喚できる(レベル5以上はリリースが必要)。このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。このカードは500ライフポイントを払わなければ攻撃宣言できない。相手フィールド上にトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。存在する場合、トゥーンモンスターを攻撃対象に選択しなければならない。フィールド上の「トゥーン・ワールド」が破壊された時、このカードを破壊する。

このテキストを見た限りはかなり使い方に迷うものですが、ATKが2500というとんでもない攻撃がライフに直接叩き込まれるので、デメリットをちゃんと把握すれば、かなり強力なカードになっています。

ランクマッチを観てみましょう!

遊戯王デュエルリンクス トゥーン

動画後半5分54秒

理想は「トゥーンデーモン」を出して一度のバトルフェイズに二回攻撃ができる魔法カード「トゥーンロールバック」でワンターンキルを狙いたい!

果たしてそうそううまくいくのか?相手は海デッキがおなじみの「梶木漁太」。

まずは召喚権を使わずに召喚できる「トゥーンマーメイド」を展開していきます。これは定石通り。しかしうまく回らないのがデュエルというもので、ライフコストが重くのしかかる!

それでも「トゥーンデーモン」が来る!ライフを支払って!ダイレクトアタック!この火力よ…。

見た目は満身創痍ですが、これはある程度想定通りの試合運びができているのではないでしょうか?

「イッツ・ア・トゥーンワールド」を使っていけばまだまだ奥が深そうですね。数あるTCGのライフコスト系カードは、プレイヤーによってはかなり忌避されるタイプですから、なかなか使うプレイヤーも少ないもの。

しかし得てして犠牲を払ったぶんの見返りもあるのだとわかるデュエルになったのではないのでしょうか。

『遊戯王デュエルリンクス』

今冬はずっと遊戯王のターンッ!絶妙なゲームバランスとカードの入手しやすさが魅力のカードゲーム

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

ひとりでみんなでデュエルしろよ!

「遊戯王 デュエルリンクス」は、世界中で愛されるトレーディングカードゲームのスマホアプリ版だ。

「遊戯王」は1996年から週刊少年ジャンプで連載された「高橋和希」先生原作の人気マンガであり、その作品から派生した遊戯王OCG(オフィシャルカードゲーム)がついにスマホアプリとして登場!

遊戯、海馬、城之内といった人気キャラたちを操作し、多彩なキャラや世界中のプレイヤーとデュエルしよう。

バトルルールは原作をほぼ踏襲しており、毎ターンごとにデッキからカードを一枚引き、手札から様々なカードをフィールドに出していく。

モンスターカードは1ターンにつき1枚召喚でき、魔法・トラップカードは個別に条件が決まっていなければ複数枚を発動またはセットできる。

フィールドに出したモンスターを攻撃表示にしたうえでバトルフェイズに移行すると、敵のモンスターや相手プレイヤーを攻撃することができる。

そうして、自身と相手が交互に行動し、相手のLP(4000)を0すれば勝利だ。

効果なしブルーアイズやブラマジが現役とか30代ホイホイすぎるんだよ(歓喜)! 中学、高校時代にリアルでカードを集めて友達とデュエルしていたあの頃の楽しさが蘇りすぎて俺もうだめだ……。

収録されているカードは遊戯王OCGでも最初期のもので複雑な効果のカードがなく、デッキの構成もある程度戦略を絞れる。

そのため、まったくの初心者でもデュエルのイロハを掴みやすく非常に遊びやすいのが特徴だ。

『遊戯王デュエルリンクス』の記事はこちら!

シェアする