【オセロニア】ラムシオンは進化と闘化どっちがオススメなの!ラムシオンを徹底解説!

「逆転裁判オセロニア(オセロニア)」にて07月31日現在、竜属性Sキャラの「ラムシオン」。

そこでラムシオンには進化と闘化がありますがそちらの方が強いのか評価と共に比較していきます。

オセロニア『進化ラムシオン』

[翔刃煌竜]ラムシオンのステータス

属性:竜属性
印:幻獣印
レアリティ:S+
コスト:20
使用制限:1
C.V.奥田 寛章
HP:〈Lv1〉480〈LvMax〉1538
ATK:〈Lv1〉515〈LvMax〉1680
以上が[翔刃煌竜]ラムシオンのステータスになります。

総合的な強さで見て、S駒の中でかなり弱いです。

進化ラムシオンは竜属性モンスターなのでHPが低くてATKがかなり高いステータスを持っています。

[翔刃煌竜]ラムシオンのスキル

スキル:トルネード・エッジ
最大Lv:2
(Lv1)攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。
(Lv2)攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。

以上が[翔刃煌竜]ラムシオンのスキルになります。

良い点:条件が簡単で攻撃力アップ!

・クイル・クエンのスキルはLv2で2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.7倍になるスキルです。

このスキルは攻撃力アップのスキルになります。

進化ラムシオンのATKは1680ですので1.7倍になると2856になります。

それから、さらに2枚ひっくり返すことにより1.2倍されるため約3400のダメージを与えられます。

2枚以上ひっくり返すという条件がありますが、この条件は簡単ですので使いやすいです。

悪い点:わざわざ使うほどではない!

・ラムシオンのスキルはそれなり使いやすくて強いスキルではありますが、このようなスキルを持っているキャラは

たくさんありますので、全体的な強さで見るとラムシオンをわざわざ使わなくていいです。

[翔刃煌竜]ラムシオンのコンボスキル

コンボスキル:エルダー・ブレイヴ
最大Lv:2
(Lv1)[リンク]攻撃力アップ:ターン開始時、手駒に自分の竜駒が2枚ちょうどのとき発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。
(Lv2)[リンク]攻撃力アップ:ターン開始時、手駒に自分の竜駒が2枚ちょうどのとき発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。

以上が[翔刃煌竜]ラムシオンのコンボスキルになります。

良い点:攻撃力アップのコンボスキル!

・ラムシオンのコンボスキルはLv2でターン開始時、手駒に自分の竜駒が2枚ちょうどのとき発動できる。通常攻撃が1.7倍になるコンボスキルです。

こちらのコンボスキルもスキル同様、攻撃力アップのコンボスキルです。

手駒に自分の竜属性が2枚ちょうどの時に発動できるという発動条件がありますが、発動できればそれなりに強力でしょう。

悪い点:発動条件が難しい!

・ラムシオンのコンボスキルは手駒に自分の竜駒が2枚ちょうどの時に発動できるという発動条件があります。

この発動条件は簡単そうに見えがちですが意外と難しい条件になります。

手駒に自分の竜属性が2枚以上や、手駒すべてが竜属性という条件であれば竜属性のデッキを使えばいいので簡単ですが

2枚ちょうどとなると難しい条件になってきます。

オセロニア『闘化ラムシオン』

[竜刃鋼]ラムシオンのステータス

属性:竜属性
印:幻獣印
レアリティ:S+
コスト:20
使用制限:1
C.V.奥田 寛章
HP:〈Lv1〉480〈LvMax〉1558
ATK:〈Lv1〉515〈LvMax〉1660
以上が[竜刃鋼]ラムシオンのステータスになります。

総合的な強さで見て、S駒の中で平均以上の強さです。

闘化ラムシオンは進化ラムシオンのステータスと同じかと思いきや少しだけ数値が違います。

[竜刃鋼]ラムシオンのスキル

スキル:サイクロン・ブレード
最大Lv:3
(Lv1)この駒を置いたとき、2000のダメージを受ける。攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.9倍になる。
(Lv2)この駒を置いたとき、2000のダメージを受ける。攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が2倍になる。
(Lv3)この駒を置いたとき、2000のダメージを受ける。攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が2.1倍になる。

以上が[竜刃鋼]ラムシオンのスキルになります。

良い点:代償ダメージが痛くない!

・ラムシオンのスキルはLv3でこの駒を置いたとき、2000のダメージを受けて、2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が2.1倍になるスキルです。

このスキルは闘化伊達政宗のスキルと似ているスキルになります。

ですが、代償ダメージが2000ということもあり、そこまで痛くないので闘化伊達政宗のスキルより使える場面が多くなります。

攻撃力アップの倍率は高めの2.1倍です。

悪い点:貫通スキルではない!

・ラムシオンのスキルは強力なスキルではありますが、貫通スキルではありません。

現在のオセロニアの環境では、貫通スキルはとても強力になります。

カウンターや防御のスキルを持ったキャラもどんどん増えてきていますので貫通スキルであればそのようなことも気にしないでいいので貫通スキルでないのは残念ですね。

[竜刃鋼]ラムシオンのコンボスキル

コンボスキル:ファントム・エッジ
最大Lv:3
(Lv1)攻撃力アップ:ターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。通常攻撃が1.5倍になる。
(Lv2)攻撃力アップ:ターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。
(Lv3)攻撃力アップ:ターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。

以上が[竜刃鋼]ラムシオンのコンボスキルになります。

良い点:攻撃型の混合デッキで使えるコンボスキル!

・ラムシオンのコンボスキルはLv3でターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。通常攻撃が1.7倍になるコンボスキルです。

こちらのコンボスキルは竜属性中心の速攻デッキでは使いにくいコンボスキルにはなりますが、攻撃型の混合デッキでは使える場面も多いです。

効果もそれなり強力なコンボスキルになります。

悪い点:HPが50%以下の時に発動できる!

・ラムシオンのコンボスキルはターン開始時のHPが50%以下の時に発動できるという発動条件があります。

この発動条件は竜属性中心の速攻デッキでは厳しい条件です。

なので竜属性中心の速攻デッキでは使いにくいコンボスキルになってしまいます。

まとめ:闘化がオススメ!

もしラムシオンが出た際には進化より断然、闘化することをオススメします。

進化ラムシオンは弱いキャラですが闘化ラムシオンは進化ラムシオンから非常にパワーアップしました。

ラムシオンを弱いから逆転コインに変えてしまった人は残念ですね。

このようにいつどのキャラが強くなるか分からないですね。

ラムシオンを手に入れてあなたのデッキをもっと強くしましょう!

ライター: Key

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。