【オセロニア】新キャラ!通常・特殊ダメージ95%カットする時限防御スキル持ち『ミアクレル』の進化と闘化の性能を徹底解説&評価!

新キャラ情報として発表された「ミアクレル」!

進化は初の時限防御スキル持ちで通常攻撃と特殊ダメージを95%カットするという強力な性能となっています!

また、闘化も通常攻撃依存の特殊ダメージスキル持ちとなっています。

そんなスキル・コンボスキルはもちろん、ステータスも優秀な「ミアクレル」の性能について見ていきたいと思います!
オセロニア

[星の聖域]ミアクレル

[星の聖域]ミアクレル進化ミアクレル
属性
レア度 S+
導師印
コスト 20
使用制限 1
声優 内田彩
HP 2638
ATK 1262

神属性のS+キャラとして「2638」という平均以上のHPを持っています!

そして、ATKも「1262」と平均以上の値になっています。

このキャラ自体は攻撃的なキャラではないのですが、ATKも平均以上となっていてバランスのいいステータスとなっています。

ステータスだけをみてみると優秀なステータスと言えますね!

スキル性能・効果:エストレアプロテクト

スキル性能:スキルLv.MAX
時限:発動した1ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。防御:次の相手のターン終了時まで、受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージを5%にする。

進化時のスキルである「エストレアプロテクト」。

効果としては「受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージを5%にする」という防御スキルとなっています。

「ヒアソフィア」とは違いダメージを軽減させる防御スキルとなっているので、貫通スキルを持っている竜属性キャラや「ノクタニア」とのコンボスキルを決められてしまうと防御スキルの半減最悪無駄になってしまいますね。

ただ、相手が神デッキのような通常攻撃と特殊ダメージでHPを削ってくるようなキャラが多い場合には要所で大きく被ダメージを抑えることができます。

また、このスキルは時限スキルとなっているため盤面に配置した1ターン後に発動するので、最悪そのターンには返されない場所に配置する必要があります。

防御スキルとしては、通常・特殊ダメージ95%カットという最強と言える性能を持っているので、是非とも入手しておきたいキャラですね!

コンボスキル性能・効果:セレスティアルノヴァ

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:ターン開始時の自分のHPが30%以下の時に発動できる。自分のスキル発動時のHPが減少しているほどダメージが上昇し、最大5000の特殊ダメージを与える。

進化時のスキルである「セレスティアルノヴァ」。

効果としては「最大5000の特殊ダメージを与える」というもので、HPの減少度合いに応じてダメージ量が変化します。

また、発動条件として「ターン開始時の自分のHPが30%以下」となっているので、発動することができれば3500のダメージ量は得ることができます!

スキル時にダメージを抑えて、コンボスキルでダメージを狙えるというスキルとの相性がいいコンボスキルとなっています。

ただ、発動条件が少し厳しいので最大HP上昇スキルを持ったキャラと一緒に編成することでより使いやすくなるでしょう!

『[星の聖域]ミアクレル』の進化素材

素材名 個数
マナ水晶
グレイプニル
ロザリオ
シルバルフの牙 3

[降り注ぐ星雲]ミアクレル

[降り注ぐ星雲]ミアクレル闘化ミアクレル
属性
レア度 S+
導師印
コスト 20
使用制限 1
声優 内田彩
HP 2490
ATK 1410

進化時のステータスと比べて、HPが減少してATKが上昇している闘化。

「2490」というHPは、神属性S+キャラとしては低い値となっています。

また、ATKは「1410」とトップクラスの値となっています!

このキャラは、攻撃的なキャラのためATKが高いのはとてもありがたくステータスとスキルの相性がとてもいいと言えます!

神デッキであればHPの補完も行えるので、ステータス自体をみるとかなり優秀です!

スキル性能・効果:スーパーノヴァ

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:直前の相手のターンに1枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。通常攻撃ダメージの115%の特殊ダメージを与える。

闘化時のスキルである「スーパーノヴァ」。

某パズルゲームを思い出させるネーミングですが、効果としては「通常攻撃ダメージの115%の特殊ダメージを与える」という通常攻撃依存の特殊ダメージとなっています。

ステータスの所でも書かせてもらいましたが、基本ATKが高いためとても相性がいい性能となって今Sう。

ダメージ量としては、「蘭陵王」リーダーの場合には、

1410 × 1.3 + 1410 × 1.3 × 1.15 = 3940

となります。

アタッカーとしても十分な火力を出すことができます。

そして、発動条件ですが「相手のターンに1枚以上ひっくり返されている」となっているので、バトル開始初手や相手がパスしている場合には使用することができません。

しかし、それ以外の場合であればいつでも発動させることができるので汎用性が高いと言えますね。

コンボスキル性能・効果:ステラウィスパー

スキル性能:スキルLv.MAX
マス変換:この駒の周囲のまだ駒の置かれていないマスをランダムに4個敵用の封印マスに変換する。

闘化時のコンボスキルである「ステラウィスパー」。

効果としては「4個敵用の封印マスに変換」というマス変換となっています。

封印マスは、相手の駒が条件を満たしていてもスキルを発動できなくなるので、相手の立ち回りを狂わすことができます

このコンボスキルは「この駒の周囲のまだ駒の置かれていないマス」を変換するので、最大2回でコンボする理由はなくなってしまいます。

ランダム性もありますが、うまく使えば相手のフィニッシャーの火力を抑えることもできますね。

『[降り注ぐ星雲]ミアクレル』の闘化素材

素材名 個数
アルキメデス 2
ゼラミス 4
おみよ 4
シェルバーン 4

進化と闘化どっちがいい?

強力な防御スキルを持っている進化の「[星の聖域]ミアクレル」と通常攻撃依存の特殊ダメージを与える闘化の「[降り注ぐ星雲]ミアクレル」!

どっちがおすすめかと言われれば攻守ともに使うことができる闘化の「[降り注ぐ星雲]ミアクレル」かと思います。

最近では貫通スキル持ちキャラも増えてきたので、場合によっては無意味になってしまう可能性があるので闘化を選ばせてもらいました!

ただ、使い道が完全に異なっている上どちらも優秀な性能となっているため、自分のデッキに強力な防御スキルがいなければ進化、アタッカーとして使いたい場合には闘化と自分のデッキ合わせて好きな方にして全く問題ないと思います。

進化・闘化どちらも優秀な「ミアクレル」は是非入手したいキャラですね!

紹介動画はこちら

紹介動画は以下のリンクからどうぞ!

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます