【オセロニア】通常攻撃の実質2.6倍の特殊ダメージを与える闘化がおすすめ!『孫権』の進化と闘化の性能を解説&評価!

2017年5月23日から始まったプレミアムガチャイベント【希望の唄】より追加された新キャラである「孫権」!

同時に開催されている新しいぜ絶望!イベントである「絶望!諸葛亮」で活躍するスキルを持っています!

諸葛亮をクリアしたい場合は是非入手しておきたいキャラです!

そんな「孫権」ステータスやスキル・コンボスキルについて見ていきたいと思います!

孫権

孫権
孫権

属性
レア度 S
三国印
コスト 20
使用制限 1
声優 祐仙勇
HP 1458
ATK 729

【スキル】 白虹流星剣
「特殊ダメージ:ターン開始時の盤面の駒の総数が16枚以下のときに発動できる。ひっくり返した後の盤面の自分の駒数×300の特殊ダメージを与える。」(スキルLv.MAX)

【コンボスキル】 宝刀・紫電
「特殊ダメージ:直前の相手のターンに2枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。1800の特殊ダメージを与える。」(スキルLv.MAX)

[孫家の遺志を継ぐ者]孫権

[孫家の遺志を継ぐ者]孫権
進化孫権
属性
レア度 S+
三国印
コスト 20
使用制限 1
声優 祐仙勇
HP 2678
ATK 1052

神属性のS+駒として「2678」という高めのHPを持っています。

そしてATKは「1052」とかなり低めの値となっています。

このキャラ自体は攻撃的なキャラなのでもう少し攻撃力が高ければよかったですかね。

しかし、攻撃的とはいえ通常攻撃ダメージに依存するようなスキルを持っているわけではないため、そこまで大きなマイナス点とはならないでしょう。

スキル性能・効果:白虹流星剣

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:ターン開始時の盤面の駒の総数が16枚以下のときに発動できる。ひっくり返した後の盤面の自分の駒数×350の特殊ダメージを与える。

進化時のスキルである「白虹流星剣」!

効果としては「盤面の自分の駒数×350の特殊ダメージ」というカウント系の特殊ダメージになっています。

そして、発動条件が「盤面の駒の総数が16枚以下」となっています。

この発動条件があるので序盤に使わなくては捨て駒になってしまう危険性を持っていますね。

序盤に盤面で優勢な状態での火力としては、

1052 + 350 × 12 = 5252

中盤までのアタッカーとしては優秀でしょう!

有効に使う場合には序盤に自分の駒数を多くしておけるオセロ力も必要となるスキルと言えます。

コンボスキル性能・効果:宝刀・紫電

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:直前の相手のターンに2枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。2000の特殊ダメージを与える。

進化時のスキルである「宝刀・紫電」。

効果としては「2000の特殊ダメージ」という固定特殊ダメージとなっています。

盤面によらずに確実にダメージを与えていくことができる優秀なコンボスキルなのですが、発動条件が「直前の相手のターンに2枚以上ひっくり返されている」となっています。

最近よく見かけるようになった条件ですが、要所で使うことができなくなる可能性があります。

ただ、2枚以上返される場合というのも少なくないので、序盤にスキルを発動させつつ辺などに配置して積極的にコンボさせていけば大きく相手のHPを序盤から大きく削ることができます!

『[孫家の遺志を継ぐ者]孫権』の進化素材

素材名 個数
マナ水晶 1
グレイプニル 3
ロザリオ 3
シルバルフの牙 3

[碧眼の黄武帝]孫権

[碧眼の黄武帝]孫権
闘化孫権
属性
レア度 S+
三国印
コスト 20
使用制限 1
声優 祐仙勇
HP 2552
ATK 1178

進化時よりも多少HPが減少して「2552」となっていて、神属性のS+キャラとしては平均的な値となりました。

そして、HPが減った分ATKが上昇して「1178」となり平均以上とはなりませんが、決して低い値ではありません。

このキャラは通常攻撃ダメージがかなり関わってくるスキルを持っているので、ATKが上昇したのはありがたいですね。

総合的に見てステータスだけ見ると平均的なものとなっています。

スキル性能・効果:凱旋への突撃

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃ダメージの1.8倍の特殊ダメージを与える。

闘化時のスキルである「凱旋への突撃」。

効果としては「通常攻撃ダメージの1.8倍の特殊ダメージ」と、通常攻撃依存の特殊ダメージとなっています。

さきほどもステータスのところでも述べたように、ATKは平均的な値となっていますが、火力を見てみると、

1178 × 1.44 + 1178 × 1.44 × 1.8 = 4748

となります。

もちろんバフがかかっていない状態の最低条件なので、「蘭陵王」リーダーの場合には6000オーバーのダメージ量を出すことができます!

進化レムカの発動条件を緩くした分倍率が少し下がったようなイメージですね。

神属性のフィニッシャーとして使うこともできる程の火力を出せる上、HPや属性などに縛られることのないスキルとなっているので、中盤に「孫権」終盤に「ヴィクトリア」を一緒に使うことができれば、この2体だけでかなりの10000以上のダメージを与えることができます。

かなり優秀なスキルと言えるでしょう!

コンボスキル性能・効果:猛虎裂波刀

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃ダメージの1.3倍の特殊ダメージを与える。

闘化時のコンボスキルである「猛虎裂波刀」。

効果としては「通常攻撃ダメージの1.3倍の特殊ダメージ」とスキルと同じ通常攻撃依存の特殊ダメージとなっています。

さらに、発動条件が「2枚以上ひっくり返せるマス」となっているので、実質最低倍率1.56倍の特殊ダメージを与えることができます!

2枚以上という発動条件があるため、スキル発動時にルートを確保しておければ、竜属性のような通常攻撃が強力なキャラとコンボさせて高火力を期待することができます。

『[碧眼の黄武帝]孫権』の闘化素材

素材名 個数
張遼 2
曹丕 2
許褚 2

進化と闘化どっちがいい?

カウント系の特殊ダメージを持っている進化の「[孫家の遺志を継ぐ者]孫権」と通常攻撃依存の特殊ダメージを持っている闘化の「[碧眼の黄武帝]孫権」!

どっちがおすすめかと言われれば間違いなく闘化の「[碧眼の黄武帝]孫権」でしょう!

進化の方はやはりスキル効果に対して発動条件が厳しいことと、コンボスキルは条件に対してダメージ量がそこまで高くなく、S駒としては物足りない感じを受けます。

一方、闘化の方はステータスやスキル・コンボスキルに無駄がなくデッキ編成のイメージも湧きやすく優秀なダメージ源となってくれること間違いなしでしょう!

孫権を入手した際には迷わずに闘化の方にしておきましょう!

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます