【オセロニア】最大3400の特殊ダメージスキル持ち「[献身の女神]アールマティ」と合計4000回復スキル持ちの「[慈愛の光陽]アールマティ」!『アールマティ』の進化と闘化の性能を解説&評価!

『神々の鼓動』より登場した神属性Sキャラである「アールマティ」!

HP依存の特殊ダメージスキルにカウント系回復のコンボスキルを持っている進化「[献身の女神]アールマティ」と合計4000の回復が可能な固定回復スキルよとカウント系特殊ダメージを持った闘化の「[慈愛の光陽]アールマティ」がいます!

今回はそんな「アールマティ」の進化と闘化の性能について見ていきたいと思います!

アールマティ

アールマティ
アールマティ

属性
レア度 S
天界印
コスト 20
使用制限 1
声優 南早紀
HP 2058
ATK 1064

【スキル】 クライシスシャワー
「特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大3400の特殊ダメージを与える。」(スキルLv.MAX)

【コンボスキル】 慈愛の神意
「[リンク]回復:自分のデッキに神駒が10枚以上入っていると発動できる。盤面の駒の総数×95のHPを回復する。」(スキルLv.MAX)

[献身の女神]アールマティ

[献身の女神]アールマティ
進化アールマティ

属性
レア度 S+
天界印
コスト 20
使用制限 1
声優 南早紀
HP 2650
ATK 1188

神属性のS+キャラとして、「2650」という高めのHPを持っています。

そして、「1188」というATKは平均的な値となっています。

このキャラ自体は攻撃的なキャラですが、ATK依存のダメージを与えるようなスキル持ちではないので平均的なATKでも特に気になりませんね。

総合的に見てステータスは優秀と言えるでしょう。

スキル性能・効果:クライシスシャワー

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大3600の特殊ダメージを与える。

進化時のスキルである「クライシスシャワー」。

効果としては「最大3600の特殊ダメージを与える」というHPの減少率に応じたダメージを与えるスキルとなっています。

HPを比較的高く設定できる神デッキで使うことでより効率的に使うことができるスキルですね。

「ブリュンヒルデ」のスキルや「デメテル」のコンボスキルの最大HP上昇をうまく使っていきたいですね

そして最大ダメージも高いので終盤に輝くキャラですね!

コンボスキル性能・効果:慈愛の神意

スキル性能:スキルLv.MAX
[リンク]回復:自分のデッキに神駒が10枚以上入っていると発動できる。盤面の駒の総数×100のHPを回復する。

進化時のコンボスキルである「慈愛の神意」。

効果としては「盤面の駒の総数×100のHPを回復する」という回復スキルとなっています。

このスキルのいい所は終盤に向けて確実に回復量が増していってくれる所ですね。

アールマティのスキルが終盤に使いたいものなので、回復量もアールマティを使う頃にはある程度の高さがあると考えていいでしょう。

そして、発動条件として「デッキに神駒が10枚以上」となっているので、やはり神デッキの運用がメインになりますね。

攻撃役・回復役の両方で使うことができるので優秀なキャラと言えます!

『[献身の女神]アールマティ』の進化素材

素材名 個数
マナ水晶 1
グレイプニル 3
ロザリオ 3
シルバルフの牙 3

[慈愛の光陽]アールマティ

[慈愛の光陽]アールマティ
闘化アールマティ

属性
レア度 S+
天界印
コスト 20
使用制限 1
声優 南早紀
HP 2650
ATK 1188

ステータスは進化時のものと同じ値となっています。

このキャラは攻撃的なキャラではないので、HPが少し高くなっていたらありがたかったですね。

それでも優秀なステータスに変わりはありません。

スキル性能・効果:ヒール・サンシャイン

スキル性能:スキルLv.MAX
[リンク]回復:ターン開始時、盤面に自分の神駒が3枚以上あるとき発動できる。盤面で表になっている2ターンの間、毎ターンHPを2000回復する。

闘化時のスキルである「ヒール・サンシャイン」。

効果としては「2ターンの間、毎ターンHPを2000回復」という固定回復スキルとなっています。

2ターンの間続くスキルとなっているので合計4000の回復が可能です。

そして発動条件が「盤面に自分の神駒が3枚以上」となっているので、神デッキで編成がメインになりそうですね。

さらに序盤の回復役としては使えないので中盤から終盤の回復役として使えますね。

コンボスキル性能・効果:神愛の戒め

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:直前の相手のターンに自分の駒が2枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。このターン自分がひっくり返した後の盤面の自分の駒数×220の特殊ダメージを与える。

闘化時のコンボスキルである「神愛の戒め」。

効果としては「ひっくり返した後の盤面の自分の駒数×220」というカウント系の特殊ダメージになっています。

スキル的にこのキャラは中盤以降に出すキャラなので、盤面の局面にもよりますが3000程度のダメージ量は見込めるかと思います。

そして発動条件として「直前の相手のターンに自分の駒が2枚以上ひっくり返されている」となっているので、要所で使えない場合があるかもしれませんね。

しかし、そこまで厳しい発動条件ではないので中盤以降のダメージ源になってくれるコンボスキルと言えますね。

『[慈愛の光陽]アールマティ』の闘化素材

素材名 個数
オデット 3
セイクリッドプリースト 3
ゴディア 3

進化と闘化どっちがいい?

HP依存の特殊ダメージ持ちである進化の「[献身の女神]アールマティ」と固定回復スキル持ちの「[慈愛の光陽]アールマティ」!

どちらがいいかと言われると僅差ですが進化の「[献身の女神]アールマティ」の方がいいでしょう!

ステータスは変わらないので差はありませんが、終盤のアタッカーに加えて盤面の駒総数に応じた回復がも行えるのがいいですね。

闘化の方ももちろんいいのですが、個人的にコンボスキルの発動条件の部分が少しマイナス点となりました。

進化闘化どちらも特殊ダメージと回復を行えるので自分の使いやすい方に進化させてみるといいでしょう!

ライター: yurarilen

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。