【オセロニア】1100の固定特殊ダメージ持ちの進化と2ターン防御スキル持ちの闘化!「ヨミ」の進化と闘化の性能を徹底解説&評価!

神属性でアタッカーと回復の攻守のスキルとコンボスキルを備えた進化の「[陰と陽の導師]ヨミ」。

20%カットの防御スキルと回復コンボスキルを持った闘化の「[守りの八卦]ヨミ」。

2種類に分かれたどちらがいいのでしょうか。

今回はそんな「ヨミ」のステータスやスキル・コンボスキルについてみていきたいよ思います。

ヨミ

ヨミ
ヨミ

属性
レア度 A
術士印
コスト 10
使用制限 1
声優 なし
HP 1080
ATK 685

【スキル】 陰陽念珠
「特殊ダメージ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。1050の特殊ダメージを与える。」(スキルLv.MAX)

【コンボスキル】 六根清浄
「回復:ひっくり返した枚数×350のHPを回復する。」(スキルLv.MAX)

[陰と陽の導師]ヨミ

[陰と陽の導師]ヨミ
進化ヨミ
属性
レア度 A+
術士印
コスト 10
使用制限 1
声優 なし
HP 1575
ATK 1037

神属性のA+駒として「1573」と平均以上のHPを持っている進化ヨミ。

また、攻撃的なキャラでもある進化読みのATKは「1037」と高くなっています。

ステータスをみるとどちらの値も高くなっていて優秀なキャラと言えますね。

スキル性能・効果:陰陽念珠

スキル性能:スキルLv.MAX
特殊ダメージ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。1100の特殊ダメージを与える。

進化後のスキルである「陰陽念珠」。

効果としては「1100の特殊ダメージを与える」という固定特殊ダメージとなっています。

また、「2枚以上ひっくり返せるマス」という発動条件がありますが、難しい条件ではありませんね。

通常攻撃との合計ダメージ量としては、最低倍率で、

1037 × 1.2 + 1100 = 2344

となります。

神属性のアタッカーとしては少し物足りない火力のような気がしますね。

コンボスキル性能・効果:六根清浄

スキル性能:スキルLv.MAX
回復:ひっくり返した枚数×400のHPを回復する。

進化後のコンボスキルである「六根清浄」。

効果としては「ひっくり返した枚数×400のHPを回復」というカウント系の回復スキルになっています。

1000〜2000程度の回復が見込め、発動条件もないため序盤から終盤まで使えるのは良いですね!

『[陰と陽の導師]ヨミ』の進化素材

素材名 個数
聖水 5
狼のメダル 5
蜂蜜 5
賢者の水差し 5

[守りの八卦]ヨミ

[守りの八卦]ヨミ
闘化ヨミ
属性
レア度 A+
術士印
コスト 10
使用制限 1
声優 なし
HP 1672
ATK 940

闘化ヨミのステータスは、進化時よりもHPが97上昇し逆にATKが97下がっています

このキャラは進化とは違い攻撃的なキャラではないためATKの低さは特に気になりません。

HPが上がったのはありがたいので総合的にみても優秀なステータスと言えますね。

スキル性能・効果・元柱固具・鬼門封じ

スキル性能:スキルLv.MAX
防御:盤面で表になっている2ターンの間、受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージを80%にする。

闘化後のスキルである「元柱固具・鬼門封じ」。

効果しては「受けた通常攻撃ダメージと特殊ダメージを80%にする」という20%カットの防御スキルとなっています。

このキャラが輝くのは、「ヴィクトリア」や「オキクルミ」といった通常攻撃依存の特殊ダメージを持ったキャラが相手にいる神デッキ戦の場合でしょう。

カット率は20%ですが、通常攻撃を軽減すれば特殊ダメージは大幅に削られて被ダメージを抑えることができます。

ただ、「表になっている2ターンの間」というターン制限があるので、中盤のダメージカットに使うのか終盤のフィニッシャー潰しに使うのかは臨機応変に使い分けたいですね。

コンボスキル性能・効果・五陽五神・六根清浄

スキル性能:スキルLv.MAX
回復:ターン開始時の盤面の駒の総数が20枚以上のときに発動できる。HPを1500回復する。

闘化後のコンボスキルである「五陽五神・六根清浄」。

効果としては、進化とは違い「HPを1500回復」という固定回復スキルとなっています。

進化時に同じ回復量を出そうとすると4枚返しが必要になるので、闘化の方が使いやすいコンボスキルですね。

ただ、「盤面の駒の総数が20枚以上」という発動条件があるため、中盤以降にしか使えなくなっています。

『[守りの八卦]ヨミ』の闘化素材

素材名 個数
レムリー 2
ゴディア 2

進化と闘化どっちがいい?

固定特殊ダメージを持った進化ヨミと2ターン20%カットの防御スキルを持った闘化ヨミ。

オススメできるのは、使いやすい闘化の「[守りの八卦]ヨミ」でしょう!

進化の方はアタッカーとして使うこともできますが、他にも優秀なアタッカーがいるためあえて使うことは少ないかもしれません。

闘化の方は神属性相手の時に重宝する防御スキルに進化より使いやすい回復コンボスキルで補助的な役割をしっかりと担ってくれます。

ヨミを手に入れた場合には闘化させたいですね。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます