【オセロニア】最大1.4倍の常時バフスキルを持った『[黄金の絆]リーン&ゲイル』と倍率1.7倍で貫通スキルを持った「[黄金の飛翔]リーン&ゲイル」の性能を徹底解説!

GW(ゴールデンウィーク)の特別ガチャである「ゴールドラッシュガチャ 前編」で新しく追加されたキャラである「金色・リーン&ゲイル」!

ゴールデンウィークだけに金の装飾でバッチリ固めています!

通常の「リーン&ゲイル」とは違った性能である「金色・リーン&ゲイル」。

今回は、このキャラの進化後・闘化後の性能について見ていきましょう!

金色・リーン&ゲイル

金色・リーン&ゲイル
金色・リーン&ゲイル
【属性】 竜

【レア度】 S

【印】獣使印

【コスト】20

【使用制限】1

【声優】高野麻里佳

【HP】 1174

【ATK】 1315

【スキル】 金刃・竜鐙斬
「攻撃量アップ:盤面で表になっている間、自分のHPが減少していないほど自分の竜駒の基本ATKが上昇し、最大で1.3倍となる。」(スキルLv.MAX)

【コンボスキル】 秘技!人竜一刀斬
「攻撃力アップ:このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.3倍になり、最大で1.9倍になる。」(スキルLv.MAX)

[黄金の絆]リーン&ゲイル

[黄金の絆]リーン&ゲイル
進化リーン&ゲイル
【属性】 竜

【レア度】 S+

【印】獣使印

【コスト】20

【使用制限】1

【声優】高野麻里佳

【HP】 1527

【ATK】 1597

ステータスはHP・ATK共に平均よりも低めの値となっています。

ただ、攻撃的なキャラではないのでATKの高さはそこまで気になりません。

HPが引くのが少し気になってしまいますね。

スキル性能・効果

【スキル】 金刃・竜鐙斬
「攻撃力アップ:盤面で表になっている間、自分のHPが減少していないほど自分の竜駒の基本ATKが上昇し、最大で1.4倍となる。」(スキルLv.MAX)

進化後のスキルである「金刃・竜鐙斬」。

効果としては、「自分の竜駒の基本ATKが上昇し、最大で1.4倍」という常時バフスキルとなっています。

効果が竜属性限定なので、編成デッキとしては竜デッキが基本となります。

ただ、HPが減少していないほど効果が高くなるので、序盤に配置できないと効果が一気に薄れていってしまいます。

相手が火力をあまり出してこない回復デッキなどの場合には効果を最大限に生かすことができますね。

コンボスキル性能・効果

【コンボスキル】 秘技!人竜一刀斬
「攻撃力アップ:このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.3倍になり、最大で2倍になる。」(スキルLv.MAX)

進化後のコンボスキルである「秘技!人竜一刀斬」。

効果としては「自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.3倍になり、最大で2倍」ということで、最大倍率を出すには盤面に3枚の竜駒が必要になります。

ただ、倍率はいいのですが、スキル的に竜デッキへの編成が基本となるキャラなので、盤面に3枚竜駒を残せる場面になるまでHPが持つかは微妙ですね。

[黄金の飛翔]リーン&ゲイル

[黄金の飛翔]リーン&ゲイル
闘化リーン&ゲイル
【属性】 竜

【レア度】 S+

【印】獣使印

【コスト】20

【使用制限】1

【声優】高野麻里佳

【HP】 1488

【ATK】 1636

竜属性のS+キャラとして少し低めのHP&ATKになっています。

攻撃的なキャラなので、HPの低さは少し目をつむることができますが、ATKが低めなのはちょっと残念ですね。

スキル性能・効果

【スキル】 竜鐙黄金斬
「[貫通]攻撃力アップ:ターン開始時のHPが70%以下の時に発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。このターン与える通常攻撃は、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。」(スキルLv.MAX)

闘化後のスキルである「竜鐙黄金斬」。

効果としては「通常攻撃が1.7倍になる」+「相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない」というバフ貫通スキルとなっています。

倍率が1.7倍となっているので最低条件でも、

1636 × 1.7 = 2781

と少し物足りない感じがしますね。

ただ、貫通スキルとなっているので確実にダメージが与えられるのはいいですね!

発動条件は「ターン開始時のHPが70%以下の時に発動」ということで、そこまで厳しい発動条件ではありません。

フィニッシャーとなるほどの火力は期待できないので、編成する際には中盤以降のアタッカーとして使いたいですね。

コンボスキル性能・効果

【コンボスキル】 必殺!疾風黄竜斬
「攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の駒の総数が10枚以上のときに発動できる。通常攻撃が1.8倍になる。」(スキルLv.MAX)

闘化後のコンボスキルである「必殺!疾風黄竜斬」。

効果としては「通常攻撃が1.8倍」と高めの倍率のバフ系スキルとなっています。

発動条件は「盤面の駒の総数が10枚以上のときに発動」となっているので、中盤以降からは使用できるものとなっています。

発動条件も厳しくはないので、辺に配置してバフ要員として優秀ですね。

『[黄金の飛翔]リーン&ゲイル』の闘化素材

アラニ・カラミッド × 2

イモードラ × 3

ロックドラゴン × 4

進化と闘化どっちがいい?

バフスキルを持った進化と貫通スキルを持った闘化。

どちらがいいかと言われれば闘化の「[黄金の飛翔]リーン&ゲイル」でしょう。

進化の方は、同じS+駒常時バフスキル持ちの「[黒竜女帝]レオノーラ」の方が使い勝手がいいです。

闘化の方は火力がちょっと物足りないですが、バフを重ねて貫通スキルで一気にダメージを出すことで使っていけるでしょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます