【オセロニア】神属性『アプサラス』闘化前・闘化後のステータスやスキル・コンボスキルの性能を徹底解説!

2017年5月1日にの「闘化解放ラッシュ 第四弾」で闘化が発表された「アプサラス」。

クラスマッチの報酬として入手できる「ニケ」や「ルクセリオン」などとともに闘化できるようになります。

さらに、このキャラたちは現在「バトルコイン」で入手することが可能になっています。

今回は、神属性の「アプサラス」のステータスやスキル、コンボスキルなどを中心に見ていきたいと思います。

[水の精]アプサラス

[水の精]アプサラス
アプサラス
【属性】 神

【レア度】 A+

【印】天界印

【コスト】 10

【使用制限】 1

【声優】田辺留依

【HP】 1557

【ATK】 867

闘化前のアプサラスのステータスは、神属性のA+キャラとしてHPは「1557」と平均的なものになっています。

また、ATKは「876」と平均よりは低くなっています。

攻撃的なキャラではないので、ATKが少し低めなのは特に気になりません。

総合的に見ても平均的なステータスと言えますね。

スキル性能・効果

【スキル】 ヒールシャワー
「回復:盤面で表になっている間、毎ターンHPを250回復する。」(スキルLv.MAX)

闘化前のスキルである「ヒールシャワー」。

効果としては「盤面で表になっている間、毎ターンHPを250回復」という常時回復のスキルになっています。

回復量がスキルレベルMAX時でも250と低い回復量ですね。

同様のスキルを持った「[水の精霊]ウンディーネ」と比べて見ると、スキル自体の性能は回復量250で変わりません。

ただし、ウンディーネのステータスがHP「1737」、ATK「880」とアプサラスよりも高くなっています。

さらに、ウンディーネはバフ系のコンボスキルも持っているので、アプサラスよりも確実に使い勝手がいいです。

よって、オセロニアを初めて間もない頃以外には使い道はないでしょう。

コンボスキル性能・効果

【コンボスキル】 なし

[水麗の踊り子]アプサラス

[水麗の踊り子]アプサラス
闘化アプサラス
【属性】 神

【レア度】 A+

【印】天界印

【コスト】 10

【使用制限】 1

【声優】田辺留依

【HP】 1533

【ATK】 867

スキル性能・効果

【スキル】 アクアブラスト
「回復:ターン開始時の盤面の駒の総数が16枚以上のときに発動できる。HPを1500回復する。」(スキルLv.MAX)

闘化後のアプサラスのスキルである「アクアブラスト」。

効果としては「HPを1500回復」という固定回復スキルになっています。

また、発動条件としては「盤面の駒の総数が16枚以上のときに発動」となっているので、中盤以降にしか発動できないようになっています。

序盤には使えませんが、回復量は十分ですね。

スキルレベルMAXにするためには1上げが必要です。

「バトルコイン」で交換(バトルコイン:100)、もしくは「フェアリー」を使ってスキルレベルを上げる必要があります。

ただ、バトルコインもフェアリーも貴重なので、余っている際には使ってもいいかもしれませんが、そこまで重要なスキルとまではいかないため、スキル上げの優先度は低いかと思います。

コンボスキル性能・効果

【コンボスキル】 ハイドロエリクサー
「回復:ひっくり返したあとの盤面の自分の駒数×150のHPを回復する。」(スキルLv.MAX)

闘化後コンボスキルである「ハイドロエリクサー」。

効果としては「ひっくり返したあとの盤面の自分の駒数×150のHPを回復」というカウント系の回復スキルになっています。

同様のコンボスキルを「[夢見る白鳥姫]オデット」が持っています。

回復量的には同じになりますが、スキルを比較して見ると「[夢見る白鳥姫]オデット」で同様の回復をしようとすると3枚返しが必要です。

中盤以降にしようしたいのは一緒なので、使いやすさだけを考えれば「アプサラス」の方がいいかもしれませんね。

『[水麗の踊り子]アプサラス』の闘化素材は?

ブロンズ・カーバンクル ×5
ゴッドソウル ×3

闘化前と闘化後どっちがいい?

闘化によって常時回復が固定回復スキルに変わり、カウント系のコンボスキルが追加された形となった「アプサラス」。

クラスマッチ報酬の中でもブロンズ2に昇格した際に手に入るキャラである「アプサラス」。

クラスマッチでは最初に得られる報酬なので、そこまで強力なキャラは手に入れてしまってはいけないにしても、闘化前をデッキに編成する場面はほとんどないでしょう。

闘化によって回復量が一気に上がったので、回復デッキでの使い道ができましたね。

スキル・コンボスキル共に発動条件がないため、その他のデッキの回復役としても使うことができます。

ただ、回復役としてはその他にも優秀な回復持ちキャラがいるので、回復デッキ以外に編成するかは微妙ですね。

闘化前に比べれば確実に強化された性能になっている闘化後の「[水麗の踊り子]アプサラス」の方が確実に使い道があります。

闘化素材が集まっている場合には闘化させましょう!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます