【オセロニア】「ダメージBマス」と「召喚」どっちを選ぶ?「クイル・クエン」の分岐進化について徹底解説!

「逆転オセロニア(オセロニア)」にて4月11日に登場した「[術式解放]クイル・クエン(闘化クイル・クエン)」

というわけで今回は「[術式幻影]クイル・クエン(進化クイル・クエン)」と「[術式解放]クイル・クエン(闘化クイル・クエン)」の強さを比較して見ていきたいと思います!

[術式幻影]クイル・クエン

まずは「[術式幻影]クイル・クエン」です。

「[術式幻影]クイル・クエン」は「クイル・クエン」が通常進化した姿ですね。

いったいどんな能力を持っているのでしょうか!

では「進化クイル・クエン」の強さについて見ていきましょう!

まずは「進化クイル・クエン」のステータスからどうぞ!

[術式幻影]クイル・クエン

[術式幻影]クイル・クエンのステータス

HP:1977
ATK:1312
属性:魔属性
印:魔界印
コスト20
同キャラ使用制限:1
ランク:Sプラス
C.V.:桜木アミサ

「進化クイル・クエン」のステータスです。

全体的にまぁまぁと言った感じのステータスです。

Sプラスモンスターなのでコストは20、使用制限は1ですがこれはまぁ仕方ないですね。

では「進化クイル・クエン」のスキルについて見ていきましょう!

[術式幻影]クイル・クエンのスキル

スキル:逆悪の陣 スキルレベルMAX

マス変換:この駒の周囲のまだ駒が置かれていないマスをすべて共用のダメージBマスに変換する。

まず「進化クイル・クエン」のスキル「逆悪の陣」です。

こちらはマス変換スキルですね。

「逆悪の陣」は「進化クイル・クエン」の周囲のまだ駒が置かれていないマスをすべて共用のダメージBマスに変換するというもの。

これは恐ろしいスキルですね・・・。

ダメージマスを生成するのは良いですが、自分までダメージを食らってしまうリスクもありますからね。

使い方によっては相手に大きなダメージを与えられるので、癖はありますが良いスキルかと思います。

コンボスキル:ファントムブラスト

[リンク]特殊ダメージ:ターン開始時、手駒に自分の魔駒が1枚以上のとき発動。盤面の駒の総数×120の特殊ダメージを与える。

スキルレベルMAX
[リンク]特殊ダメージ:ターン開始時、手駒に自分の魔駒が1枚以上のとき発動。盤面の駒の総数×140の特殊ダメージを与える。

次は「進化クイル・クエン」のコンボスキル「ファントムブラスト」です。

こちらは特殊ダメージ系のスキルですね。

「ファントムブラスト」はターン開始時、手駒に自分の魔駒が1枚以上のとき発動するスキルで、盤面の駒の総数×140(スキルレベルMAX時)の特殊ダメージを与えるというもの。

盤面の駒が30枚であれば、4200ものダメージを与える事が出来るので頼もしいスキルです。

なるべく後半で使いたいですね!

[術式解放]クイル・クエン

続いて「[術式解放]クイル・クエン」です。

こちらは「クイル・クエン」が闘化進化した姿ですね。

「進化クイル・クエン」とどんな違いがあるのでしょうか!

では「闘化クイル・クエン」の能力について見ていきましょう!

まずは「闘化クイル・クエン」のステータスからどうぞ!

[術式解放]クイル・クエン

[術式解放]クイル・クエンのステータス

HP:1977
ATK:1312
属性:魔属性
印:獣使印
コスト20
同キャラ使用制限:1
ランク:Sプラス
C.V.:桜木アミサ
※レベル最大時のステータスです。

「闘化クイル・クエン」のステータスです。

「進化クイル・クエン」のステータスとほとんど同じですね。

印が獣使印に変わったぐらいです。

では「闘化クイル・クエン」のスキルについて見ていきましょう!

[術式解放]クイル・クエンのスキル

スキル:術式展開・招来 スキルレベルMAX

召喚:ターン開始時の盤面の駒のうち、自分の駒でキャラ駒でない駒にランダムで1つポチを召喚する。

「闘化クイル・クエン」のスキル「術式展開・招来」です。

こちらは召喚スキルですね。

「術式展開・招来」はターン開始時の盤面の駒のうち、自分の駒でキャラ駒でない駒にランダムで1つ「ポチ」を召喚するというスキル。

「ポチ」のスキルは「盤面で表になっている5ターンの間、毎ターン1200の毒ダメージを相手に与える」というもの。

そしてコンボスキルは「盤面の駒の総数×80の特殊ダメージを与える」というもの。

なので「ポチ」が盤面に5ターン生存する事が出来れば合計で6000のダメージを与える事が可能です。

これはでかいですね!!

ただ「ポチ」は盤面の自分のキャラ駒以外の駒にランダムで配置されるので、変な所に配置されて次のターンにはひっくり返される可能性もあります。

なので運ゲーな部分が大きいスキルになってきます。

コンボスキル:闇招の陣 スキルレベルMAX

マス変換:この駒の周囲の通常マスをランダムに3個敵用のダメージBマスに変換する。

続いて「闘化クイル・クエン」のコンボスキル「闇招の陣」

こちらはマス変換スキルですね。

「闇招の陣」は「闘化クイル・クエン」の周囲の通常マスをランダムに3個敵用のダメージBマスに変換するというスキル。

「進化クイル・クエン」のスキルと少し似ていますが、こちらは共用のダメージBマスではないので、安心して使えます。

まとめ:安心して使えるのは「闘化クイル・クエン」か?

今回は「クイル・クエン」の分岐進化2種の強さ・能力について見ていきました。

どちらも強いのですが、安心して使えるのは「闘化クイル・クエン」かなぁと思います。

「進化クイル・クエン」のコンボスキルは魅力的なのですが、スキルで共用のダメージBマスを作ってしまうのは怖いですからね。

コンボスキルが毎回バトルで発動するとも限りませんし。

「闘化クイル・クエン」だと同じダメージBマスでも敵専用のマスなので安心!

「ポチ」も上手くいけば大ダメージを与えてくれますし!

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード