【逆転オセロニア】進化と闘化どっちがいい?「コギト」を徹底解説!

今回は「エクストラパック vol.8-戦士の覚醒-」で新規追加された神属性Sキャラの「コギト」を紹介していきたいと思います。

博士みたいなイラストの「コギト」ですが、ガチャで当たって進化と闘化どっちにしようか迷っている人もいると思います。

そんな人のためにも進化と闘化を比較しながら「コギト」を徹底解説していきましょう!

【進化】[傲岸不遜の叡智]学徒剣士・コギト

まずは進化の[傲岸不遜の叡智]学徒剣士・コギトについてみていきましょう!

[傲岸不遜の叡智]学徒剣士・コギトのステータスはこちらになります。
進化コギト

初心者でも使いやすい!

[傲岸不遜の叡智]学徒剣士・コギトのステータス

ランク:Sプラス
属性:神属性
印:導師印
HP:2557
ATK:1151
コスト:20
同キャラ使用制限:1
C.V.:松浦義之
※レベル最大時のステータスです。

HPが2557あり、神属性Sキャラの中では平均のHPになります。

ATKは1151で、神属性Sキャラの中では少し低めのATKになります。

次は気になるスキル・コンボをみていきましょう。

[傲岸不遜の叡智]学徒剣士・コギトのスキル・コンボスキル

スキル:サウザントフォース(最大Lv3)
[リンク]特殊ダメージ:自分のデッキに神駒が10枚以上入っていると発動できる。盤面の駒の総数×115の特殊ダメージを与える。

コンボスキル:マジックバースト(最大Lv3)
特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大3500の特殊ダメージを与える。
※スキル・コンボスキルともにLv最大時です。

まずスキルの「サウザントフォース」からみていきましょう!

「サウザントフォース」は自分のデッキに神駒が10枚以上入っていると発動でき、盤面の駒の総数×115の特殊ダメージを与えるというものです。

自分のデッキに神駒が10枚以上入っていないと発動できませんが、とても使いやすいスキルになります。

オセロニアの盤面が全部で36マスあるので、もし全部マスが埋まっている状態で「サウザントフォース」を発動したら36(マス)×115(サウザントフォース)=4140の特殊ダメージを与えることができます。

結構ダメージを与えることができますね。

盤面の駒の総数が多くなってくる中盤から終盤にかけてスキルを発動するとスキルを最大限に生かせます。

次はコンボスキルの「マジックバースト」をみていきましょう!

「マジックバースト」は自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大3500の特殊ダメージを与えるというものです。

似たようなコンボスキルを所持しているキャラと比べたら最大3500の特殊ダメージは少し物足りないと感じるかもしれませんが、とても発動条件もなくとても使いやすいコンボスキルになっています。

オセロニアを始めたばかりの人でも使いやすいスキル・コンボスキルになっています。

【闘化】[終焉なき探究心]コギト

次に闘化の[終焉なき探究心]コギトについてみていきましょう!

進化とあまりイラストは変わりませんが個人的には闘化の方がかっこいいです。

[終焉なき探究心]コギトのステータスはこちらになります。
闘化コギト

貴重なスキル持ちの神属性Sキャラ!

[終焉なき探究心]コギトのステータス

ランク:Sプラス
属性:神属性
印:術師印
HP:2602
ATK:1014
コスト:20
同キャラ使用制限:1
C.V.:松浦義之
※レベル最大時のステータスです。

HPは2602で進化より少し高いHPになります。

ATKは1014で進化より少し低いATKになります。

次は気になるスキル・コンボスキルをみていきましょう。

[終焉なき探究心]コギトのスキル・コンボスキル

スキル:円環のバリアフォース(最大Lv3)
防御:ターン開始時のHPが60%以下のときに発動できる。盤面で表になっている1ターンの間、受けた通常攻撃ダメージを25%にする。

コンボスキル:バーストリベリオン(最大Lv3)
特殊ダメージ:ターン開始時の自分のHPが50%以下のときに発動できる。自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4000の特殊ダメージを与える。
※スキル・コンボスキルともにLv最大時です。

まずスキルの「円環のバリアフォース」からみていきましょう!

「円環のバリアフォース」はターン開始時のHPが60%以下のときに発動でき、盤面で表になっている1ターンの間、受けた通常攻撃ダメージを25%にするというものです。

進化のスキルが攻撃系で闘化のスキルは防御系のスキルになっています。

たとえば相手の通常攻撃ダメージが本来5000で、「円環のバリアフォース」が発動している場合、5000(相手の通常攻撃ダメージ)×0.25(円環のバリアフォース)=1250の通常攻撃ダメージしか受けません。

1ターンしかダメージを軽減することはできませんが、これはかなりいいスキルだと思います。

次のターンに勝負を決めたいが、残りHPが少なく、次のターンまで耐えたい場面などに使うと有効なスキルです。

次にコンボスキルの「バーストリベリオン」をみていきましょう!

「バーストリベリオン」はターン開始時の自分のHPが50%以下のときに発動でき、自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4000の特殊ダメージを与えるというものです。

進化は発動条件がありませんでしたが、闘化は自分のHPが50%以下のときという発動条件があります。

その代わり、与えられる最大ダメージは闘化の方が高いです。

まとめ:攻撃なら進化!防御なら闘化!個人的には闘化!

攻撃特化の神属性が欲しい人は進化をおすすめします!

進化はスキルもコンボスキルも使いやすいですが、神属性の攻撃特化のキャラが欲しいなら他の攻撃特化の神属性をデッキに入れた方がいいと思います。

闘化のスキルは効果を発揮するのは1ターンだけですが、上級者と対戦するようになってくると通常攻撃ダメージを大幅にカットしてくれるキャラは個人的には重宝するので筆者は闘化をおすすめします。

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード