【白猫】マスメディア界の毒蛇!?茶熊バイパー(神気)の性能を鋭く激写!!

『イケメン=かっこいい』

…の図式は、必ずしも当てはまるものでは、ない!

例えば、お馴染みヘタレ系インキュバスのゼロキス君、確かにイケメンだが、かっこいいかと言われれば…きっと首を縦には振りかねてしまうであろう!(笑)

最近ので言えば、最強キャラとして長らく君臨していたダグラス2版テトラ(通称テトライダー)をようやく玉座から下ろす勢いのあるユキムラも…、
確かにイケメンなはずなのに、どうもかっこいいと思わせる感じがしてこない訳で…。(それが決して悪い事ではなくて、ユキムラの魅力は別の所にあるのも承知だが…)

イケメンじゃないかっこいい奴だっている!

もはや白猫の一種のマスコットキャラでお馴染みになりつつある、伊達男(?)キャラの…バーガー。

どちらかと言えば色物のネタ系キャラだ、…がしかし、彼(?)の内面はどうだろうか?
素直にかっこいい、と筆者は思う…。(突っ込みどころは、一切置いておいて(笑))

…では、バイパーはどうなんだ!?

【Brave The Lion 2】などという、重苦しくて暗い印象が鮮明なあの名イベントにて初登場した、自称毒蛇(理由:かっこいいから)のクール系イケメン風キャラの、バイパーさん…。

実際、バイパーってイケメンだけど、かっこいいのか!?
…という、論争は、火種さえ生めば絶えなくなる事必須であろう。

なぜならば、彼は単純にかっこいいと言うには、あまりにも色物めいてるので…。(笑)

ま、それがバイパーの最大の良さ、ってのも、筆者のみならず白猫ファンであれば大抵承知の上なんでしょうがねっ!!

バイパーのスペックを激写!!

瞬間を狙う蛇バイパー・ナイトアダー

なぜか新聞部に入部した元退魔士。
スクープにシャッターという牙を突き立てている。

職業

アーチャー

キャラタイプ

雷属性(通常攻撃に+2000の雷属性ダメージ、凍結無効のAS有り)

ステータス

限界突破なし(無凸) 限界突破あり(4凸)
HP  1956 2028
SP  187 207
攻撃  1120 1156
防御  136 160
会心 127 147

リーダースキル(LS)

ジャララクス・パラドックス
与ダメージが(アーチャー中・アタッカータイプかなり)アップ

オートスキル(AS)

  • 敵と距離が離れるほどダメージアップ(最大8m)
  • HP50%以上で移動速度・雷属性ダメージ+50%、攻撃速度+100%
  • HP10%以上で即死回避、さらにステルス(60秒/3回攻撃可)発生

アクションスキル(S1&S2)

S1:神気・ダークネスフラッシュ(消費SP:24)
敵に雷属性ダメージを与え、暗闇状態にさせることがある。

<付与効果>
ルーンフラッシュ(60秒)
※ルーンフラッシュの通常攻撃は雷属性ダメージを与え、暗闇状態にさせることがある。

S2:神気・ローアングルバースト(消費SP:55)
敵に雷属性ダメージを与える。

<付与効果>
ダメージバリア(60秒/2回)
ステルス(60秒/3回まで攻撃可)

バイパーの長所を激写♪

最近のキャラクター達のステータスの傾向に沿う形で、特にHPと攻撃力が大幅上方修正が施される形になった。

…しかしまぁ、特にかつては低めに設定されてたアーチャーがここまで高HP&攻撃力になろうとは、昨年の今頃知る由もなかった訳だが…。(汗)

ステルス系としてより強調される形に!

神気前と比べると、AS3の即死回避にステルス発動(攻撃3回までしても効果消えない)が追加、S2によるステルス発動も3回まで攻撃可能になるなど、よりステルスに特化した性能に強化された!!

主にシングルクエスト、特に一定時間の生存系や運搬系のクエストでは、今後活躍が見込まれるであろう♪

更に高まった、ルーンフラッシュによる援護攻撃の使い勝手!!

AS2の攻撃速度UPが50→100%になり、雷属性ダメージ+50%UPも追加された!!

S1によるルーンフラッシュの付与も、効果時間が45→60秒に上方修正。

元々神気前から使い勝手がとても良かったルーンフラッシュであるが、より研ぎ澄まされる形に純粋に強化された印象だ!!

対ナーガ戦で真価を発揮するキャラ!!

ナーガ攻略は、ナーガが発する光弾を弾き返す事が必須になるが、特にバイパーのルーンフラッシュがとても広い辺り判定で弾き返せる特徴を持つ!

しかもそのルーンフラッシュは暗闇効果を持ちナーガ種に有効である為、ある程度接近した状態で光弾を弾きがてら連射すると驚くまでに攻略が楽になる利点を持っている訳だ!!

…そういえば、ナーガも蛇っぽいし、これはまさに『毒には毒を以て制せ』的なアレに相応しいという事なのであろうか…。(笑)

バイパーの短所を激写!?

神気前からあるのだが、実はASの特徴に対してフォローできない部分もありまして…。

回復手段は持たないまま!!

元々、神気前から武器スキルで回復を行う必要があったが、神気後のそこは変わらないまま…。

2重バリアもある上ステルスもあるから、まぁ要は直撃受けるなよ、って話なのだが…。

使いこなすには癖のあり過ぎるS2!!

S2の火力は、実はとても高い。

しかし、AS1の特徴上ある程度距離をとらないと火力を最大発揮できないので、場面によっては持ち味を活かす事は困難である!

しかも殲滅力控えめの、貫通しないピンポイント型の発射系スキルの為、…特に雑魚敵がわんさか湧くステージでは、狙いのボス敵になかなかターゲットを取れずイライラしてしまう事も…。(汗)

総評:よりシングル向けに特化された『一尾毒蛇系男子』!!

集団相手を一気に始末するには全く向かないが、着実に敵を確実にじわじわと仕留めるのは、専売特許であろうバイパー!

元の神気前でも、かの悪名高き10島(下方修正されたらしいが…)にて彼の有無で難易度が数ランク異なるレベルには重要だったらしいので…、
今後の、常駐もイベント関係なしにシングルクエスト系で、特に高難度になればなる程彼の出番は増えるであろうと、筆者は確信にも近い認識で予感しているのである…!

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード