【白猫】神気解放した茶熊カスミのキャラクター紹介!スキルを使用すると精神統一になるキャラクター!

白猫プロジェクトの茶熊カスミについて説明しています。
性能やオススメポイントなどを記載していますので是非参考にしてください。

神気解放が実装された茶熊カスミ

茶熊カスミのステータス

カスミにとって重要なSPが高くなったためスキルの効率が上がりました。

レベル100のステータス

  • HP1972
  • SP224
  • 攻撃981
  • 防御110
  • 会心99

限界突破時のステータス

  • HP2044
  • SP244
  • 攻撃1017
  • 防御134
  • 会心119

茶熊カスミのリーダースキル

静かに流れる時間:パーティ全体の消費SPを中カット

茶熊カスミのアクションスキル

アクションスキル1、アクションスキル2共に精神統一を付与することができる。

アクションスキル1

  • 神気・みたまのふゆ
  • 消費SP:48
  • 本を取り出し周囲の味方のHPを回復する。
  • <本の付与効果>
  • スキルダメージUP(60秒/50%/1回)
  • <追加付与効果(SP70%以上)>
  • 精神統一

アクションスキル2

  • 神気・さくやこのはな
  • 消費SP:57
  • 敵に水属性ダメージを与える。
  • <付与効果>
  • 攻撃力UP(60秒/50%)
  • 攻撃速度UP(60秒/50%)
  • ブック型自動援護攻撃(60秒)
  • <追加付与効果(SP70%以上)>
  • 精神統一

茶熊カスミのオートスキル

  • オートスキル1:SP消費-20%、ターゲット距離延長
  • オートスキル2:精神統一時アクションスキル強化+100%
  • オートスキル3:HP10%以上で即死回避、さらにダメージバリア(30秒/1回)発生

神気解放前と変わった点

属性が付き、さらに使いやすく!

自身に水属性が付いた。

茶熊カスミは神気解放により自身に水属性が付きました。通常攻撃で水属性ダメージを相手に与えることができるようになったので、苦手な敵に対してダメージが入りやすくなりました。水属性ダメージを生かしたいクエストにおいては無属性か水属性の武器を装備しましょう。

ターゲット距離が延長

オートスキル1により神気解放前にはなかった、ターゲット距離が延長が付きました。遠くの敵に対してもダメージを与えることは魔にとってこの強化は大きいです。カスミはスキルを多く使用するため、特にこのオートスキルが生かされます。

ダメージバリアが付与できる。

オートスキル3にではHPが10%以上になるとダメージバリアが付与されました。このオートスキルは即死回避と同じでHPが10%以上になる度に付与される効果なので耐久面がより強くなりました。

スキルに水属性が付いた

神気解放によりスキルに水属性が付与されました。この水属性値により魔に耐性がある敵キャラクターでも水属性が通ればダメージを与えることができるようになりました。

茶熊カスミのオススメポイント

精神統一は常に付与しておきたいのでSPは70%以上を維持し続けよう。

精神統一を付与することができる

カスミはスキル1、スキル2共にSP70%以上の状態で発動すると精神統一を付与することができるアクションスキルを持っています。
本来、画面上を長押しして離さないとなることができない精神統一をスキルの付与効果として付与することができるので隙がないです。
また、SPを70%以上の状態で繰り返しスキルを使用することができれば、精神統一になり続けることができるので常に火力を上げながら敵に攻撃することができます。

本はアクションスキルを強化する

スキル1を使用すると本を出現させ近くにいるとアクションスキルを強化することができます。
この付与効果は自分だけでなく仲間にも付与することができるので協力クエストで活躍することができるでしょう。

援護攻撃が重要!

スキル2を使用すると自身の周りに援護攻撃が発生し、敵を自動的に攻撃することができます。
援護攻撃は自身のSPを回収してくれるのでSPを70%以上に増やすことができるようになります。スキル中も援護攻撃をしてくれるので敵に当て続ければ常に70%以上キープできるようになります。

茶熊カスミの弱点

SPをできるだけ多く高めたい

SPが70%以上を切ると立ち回りが困難

SPが70%以下になるとスキル終わりに精神統一状態になれなくなり、スキルの火力が落ちたりと立ち回りが困難となります。

精神統一になれるところが強い

茶熊カスミの一番の重要点はやはりスキル終わりに精神統一になることができることでしょう。
精神統一を繰り返して敵の殲滅力を上げ続けることができる点は使っていても楽しいキャラクターとなっています。

シェアする

関連するキーワード