【白猫】双剣シャナオウのキャラクター紹介!通常攻撃にクリティカル攻撃が強力!

白猫プロジェクトのPJギャラクティカで登場したシャナオウについて説明しています。
性能やオススメポイントと変わった点などを記載していますので是非参考にしてください。

PJギャラクティカで登場したシャナオウ

シャナオウのステータス

ステータスはタウンなどで引き延ばしたい!

レベル100のステータス

  • HP946
  • SP122
  • 攻撃541
  • 防御146
  • 会心70

限界突破時のステータス

  • HP1018
  • SP142
  • 攻撃577
  • 防御170
  • 会心90

シャナオウのリーダースキル

シャナオウはフォースターのキャラクターなので受けるダメージをダウンさせることができます。また、フォースターキャラクターを必要とするクエストではこのリーダースキルを生かすことができます。

リーダースキル1

ト占プログラム・ハッケ:フォースターキャラの受けるダメージがダウン(効果値25)

リーダースキル2

リクトウVer2.01:フォースターキャラの受けるダメージがダウン(効果値40)

シャナオウのアクションスキル

スキル1で通常攻撃を強化し、スキル2ではクリティカルダメージを与えることができる。

アクションスキル1

  • 明鏡止水プロトコル
  • 消費SP:25
  • 敵に雷属性のダメージを与える。
  • <付与効果>
  • 通常攻撃コンボ強化(60秒)
  • ※強化後の通常攻撃は敵の攻撃力を50%ダウンさせることがある。

アクションスキル2

  • 抜刀<HOEMARU>
  • 敵に炎属性のクリティカルダメージを与える。
  • 消費SP:41

シャナオウのオートスキル

  • オートスキル1:攻撃速度+50%・移動速度+30%
  • オートスキル2:敵撃破時5体毎にHP50%、SP25%回復
  • オートスキル3:通常攻撃コンボ強化中攻撃・防御+50%、被ダメージ軽減-50%

オートスキルやアクションスキルの説明

強さが足りない部分は武器などで強化しよう!

移動速度と攻撃速度がアップ!

シャナオウはオートスキル1により攻撃速度を+50%・移動速度を+30%上昇させる能力を持っています。条件がなく能力が上がる点が強みです。

敵撃破で自身を回復をする

オートスキル2により、敵撃破時5体毎にHPを50%、SPを25%回復します。HP、SPともに多く回復できるので、敵が多いステージでは安全にスキルを連発しやすいです。
但し、回復するのに敵を倒す数は5体と多いところがやや厳しいです。
通常攻撃強化で自身を強化!
スキル1で通常攻撃コンボを強化すると、攻撃と防御+50%、被ダメージを-50%に軽減します。この強化で攻撃面と防御面が左右するので通常攻撃コンボは常に強化しておきたいです。

敵の攻撃力をダウンできる

スキル1の通常攻撃コンボ強化中は敵の攻撃力を50%下げることができます。シャナオウの通常攻撃は手数が多いので、この効果は相性が良いです。

シャナオウのオススメポイント

通常攻撃を強化!

シャナオウは双剣でありながら通常攻撃を強化することができます。通常でも手数が多い双剣ですが、さらに手数を増やすことができます。

確定でクリティカル攻撃を行う

スキル2は会心値に関係なく確定でクリティカル攻撃を行います。この確定攻撃で耐性を持つ敵キャラクターにもダメージが通りやすくなるところが強いです。

スキルには属性ダメージが

スキル1には雷属性、スキル2には炎属性ダメージを与えることができるのでステージギミックなどの状況に応じて使い分けることができるので便利です。

防御面も強い!

通常攻撃コンボ強化中は防御を+50%し、被ダメージを-50%するので防御面も優れています。さらに武器などで防御バフを付与することができれば、さらにダメージを防ぐことができ、文句なしといえるほどのの耐久力となるでしょう。

シャナオウの弱点

武器や石板などでさらに強化しておきたい。

バフを持っていない

シャナオウはスキル1、スキル2共にバフを持っていません。そのため強さをさらに引き延ばすことが課題となります。

回復面が撃破時のみ

オートスキルでのHP回復は敵を5対撃破と多いので、ステージによっては危険な状態となることもあります。

シャナオウは使っていて面白いキャラクター!

シャナオウは男キャラクターの中でも人気が高いキャラクターです。今回のシャナオウは双剣でありながら通常攻撃強化があるので剣で次々と敵を攻撃でき、スキルは確定でクリティカルダメージが発生するので使っていて面白いキャラクターです。ステージを楽しむ点ではかなり良いキャラクターなので入手した方は是非使ってみると良いでしょう。

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。