【FEH】オススメキャラのスキル継承を攻略解説!英雄インデックスvol.24『水着ガイア』高速の攻め立て勇者弓!『怒涛四連撃型』評価ファイアーエムブレムヒーローズ

数多の英雄の中からオススメの英雄をご紹介!
今回は、水着英雄の中でも高い速さを持つ、『お菓子を隠せない ガイア』をご紹介していきます!

FEH英雄インデックスTOP

ステータスとレアリティ

まずは基本的な情報から!

☆5基準値ステータス

同じ弓系の英雄を比較してみました!

属性 移動 HP
ガイア 無弓 歩行 34 30 37 19 28
セツナ 無弓 歩行 37 28 37 22 23
花嫁ティアモ 無弓 歩行 36 35 35 19 22
クレイン 無弓 歩行 40 31 33 20 24

※攻撃は武器を除いています。

並べてみるとよくわかるのですが、弓系の中ではHPがかなり低い部類ですが、速さに関しては最速のセツナと並んでいます。

しかし、そのセツナよりも攻撃が2多く、魔防も非常に高いため、魔道士との撃ち合いもある程度耐えられます。

そして、やはり完全無欠の花嫁は格が違っており、圧倒的な攻撃と速さのバランスをしています。

この高い速さとそれなりにある攻撃を活かしたスキルビルドを目指していきます。

理想個体値

今回は【勇者の弓+】で追撃を飛ばしていきますので「速さ」の高い個体がベストです。

次いで「速さ」の下がらない個体になります。

レアリティ

6/30~8/1までの限定超英雄ですので、☆5のみです!

期間を過ぎると入手出来なくなりますので気を付けましょう。

初期スキル

初期スキルは最重要ではありませんが、良いスキルを持っていた方が有利なのに違いはありません。

武器スキル【氷菓子の弓+】

氷菓子の弓+ 威力12 射程2
戦闘開始時、自身のHP100%なら攻撃速さ守備魔防+2 その状態で攻撃時、戦闘後、自分に2ダメージ 飛行特効

今回の超英雄におけるシリーズ武器のようなものです。

HP100%という条件はあるものの、HPを除いた全ステータスを引き上げる事が出来る効果は強力です。

しかし、今回は【勇者の弓+】を持ちますので、入れ替えとなります。

奥義スキル【流星】

流星 カウント5
与えるダメージ2.5倍

根本的に攻撃の低い英雄との相性の良くない奥義スキルですので、他のスキルに入れ替えるのがベストです。

パッシブBスキル【待ち伏せ3】

待ち伏せ3
自分のHPが75%以下で、敵から攻撃された時、先制攻撃

悪くはないスキルなのですが、今回のコンセプトとは違ったスキルですので、持ち替えてしまいましょう!

パッシブCスキル【守備の謀策3】

守備の謀策3
ターン開始時、十字方向にいる、自身より魔防が1以上低い敵は、守備-5(敵の次回行動終了まで)

魔防の高いガイアとの相性は非常に良く、今回も積極的に習得していきましょう!

『怒涛四連撃型』

ここからは、ガイアにどのようなスキルビルドをするのがオススメかご紹介します!

今回は、【勇者の弓+】をメインに、【攻め立て3】でカウント3の奥義を含んだ四連撃をバシバシ叩き込んでいく型を目指します!

勇者の弓+ 威力7
射程2
自分から攻撃した時、2回攻撃 速さ-5
献身 射程1 対象のHPを10回復し、自分のHPを10減少
月光 カウント3 敵の守備、魔防-50%扱いで攻撃
A 死線3 攻撃、早さ+5 守備、魔防-5
A 飛燕の一撃3 自分から攻撃した時、戦闘中の速さ+6
A 鬼神飛燕の一撃2 自分から攻撃した時、戦闘中の攻撃、速さ+4
B 攻め立て3 自分のHPが75%以下で、自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行う
C 守備の謀策3 ターン開始時、十字方向にいる、自身より魔防が1以上低い敵は、守備-5(敵の次回行動終了まで)
S 速さ1 速さ+1

パッシブAの選択

基本的には追撃を飛ばさない事には真価を発揮できませんので、速さを上げるのは大前提となります。

ただし、攻撃を上げる事が出来ればそれだけ四連撃確殺圏内の敵が増えますので、【死線】や【鬼神飛燕の一撃】も選択肢足り得ます。

HP40以下にベストな「献身攻め立てコンボ」

HPが40以下の場合、【献身】1度の使用でHP75%以下という条件を満たせます。

ですので、今回のように【攻め立て】が効果を発揮する英雄では積極的に使用したいコンボです。

【守備の謀策3】

【守備の謀策3】が決まるような相手の場合は、守備が高い事が多いため、決して高いとは言えない攻撃のガイアにとっては有り難いスキルです。

純粋に『守備-5』はガイアにとっての『攻撃+5』ですので、四連撃で合計20分は非常に大きいです。

奥義スキルがカウント3である理由

今回、防御地形に乗ってしまった敵を倒すために、【月光】を選択しています。

また、奥義がカウント3な理由には、四連撃中に必ず奥義を一発混ぜて、トータルダメージを引き延ばす目的があります。

これにより、そこまで攻撃が高くないガイアでも敵を確殺できるようになっています。

戦闘ドクトリン

ガイアを使用する際の基本的な方針になります!

必ず追撃を飛ばせるようにする

【勇者の弓+】による二連撃に、【攻め立て3】を加える事で、怒涛の四連撃を狙えます。

この四連撃こそが今回のコンセプトですので、これを撃てない場合ただの弓兵になってしまいます。

そして、これには高い速さを要求されますので、【速さの鼓舞3】や【速さの紋章3】など速さを引き上げるパッシブCを味方に持たせると良いです。

ベストな行動パターン

理想的なパターンとしては、高い魔防を活かして魔法攻撃を1発もらってHPを75%以下にするか、敵を攻撃を受けた他の英雄に【献身】を使用し、安全に条件を満たします。

あとは怒涛の四連撃で、敵に反撃を許さず倒していくのがベストな行動パターンです。



いかがでしたでしょうか!

今回の超英雄は少し微妙なラインナップでしたが、中にはガイアのようなおもしろい英雄もいました。

ただしこのコンセプトのガイアですと、速さ↑以外の個体値では運用が難しく、弓には花嫁ティアモという強者がいますので、ガイアファンやどうしても花嫁ティアモを使いたくない、もしくは持っていない方にしかオススメ出来ません。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。