【FEH】オススメキャラのスキル継承を攻略解説!英雄インデックスvol.17『永遠の幼子 ノノ』相性激化で赤専門の遠近キラーへ!評価ファイアーエムブレムヒーローズ

数多の英雄の中からオススメの英雄をご紹介!
今回は、連戦でもボーナスキャラに設定されている、雷のブレスで近距離も遠距離も反撃可能な『永遠の幼子 ノノ』を解説していきます!

FEH英雄インデックスTOP

ステータスとレアリティ

まずは基本的な情報から!

☆5基準値ステータス

同じマムクート系の英雄と比較してみました!

属性 移動 HP
ノノ 青竜 歩行 45 34 27 30 27
小チキ 赤竜 歩行 41 31 30 32 29
ファ 緑竜 歩行 46 33 28 25 30
女カムイ 青竜 歩行 41 27 34 34 21

※攻撃は武器を除いています。

他のマムクート系の英雄と比べると、意外と攻撃が高く、防御面も偏らず両方そこそこあるようなステータスをしています。

しかし、速さがあまり高くないため、速さが高めの相手からは追撃をもらってしまうでしょう。

理想個体値

出来るだけ追撃をもらわないためにも「速さ」の高い個体がベストです。

後は長所である攻撃を伸ばす方向で「攻撃」の高い個体も良いです。

次いでどちらのステータスも下がらなければ運用は可能です。

レアリティ

現在の英雄召喚で☆5と☆4が召喚可能です!

初期スキル

初期スキルは最重要ではありませんが、良いスキルを持っていた方が有利なのに違いはありません。

武器スキル【雷のブレス+】

雷のブレス+ 威力11 射程1
奥義が出にくい(発動カウント-1)
敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する

威力が11と武器としては若干低めですが、ブレスの攻撃自体が魔防での計算になるのと、ノノ自身の攻撃がそれなりに高いためよくダメージが通ります。

今回はコンセプトにもなっていますのでこれをメイン武器として使っていきます!

補助スキル【守備の応援】

守備の応援 射程1
対象の守備+4(1ターン)

有って困るものでもありませんので、代わりのスキルを習得するまではそのままで良いでしょう。

パッシブAスキル【守備】

守備3
守備+3

ステータス上昇値が低く、今回のコンセプトとそれてしまうため別のスキルを習得しましょう。

パッシブCスキル【魔防の威嚇】

魔防の威嚇3
ターン開始時、周囲2マスの敵の魔防-5(敵の次回行動終了まで)

ノノのブレス攻撃は魔防での防御計算になりますので、特に取りたいパッシブCが無ければとってしまっても問題ありません。

全距離反撃の『激化切り返し型』

ここからは、ノノにどのようなスキルビルドをするのがオススメかご紹介します!

今回は、【相性激化】で赤系に対して強く立ち回り、【雷のブレス+】による全距離への反撃を【切り返し3】で強烈にしていきます。

雷のブレス+ 威力11
射程1
奥義が出にくい(発動カウント-1) 敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する
引き戻し 射程1 対象を自分の反対側の位置に移動させる
引き寄せ 射程1 対象を自分の位置に移動させ、自分は1マス手前へ移動する
月虹 カウント2+1 敵の守備、魔防-30%扱いで攻撃
夕陽 カウント3+1 与えたダメージの30%自分を回復
天空 カウント5+1 敵の守備、魔防-50%扱いで攻撃、与えたダメージの50%自分のHPを回復
A 相性激化3 3すくみ有利だと、さらに攻撃+20% 3すくみ不利だと、さらに攻撃-20%
B 切り返し3 自分のHPが70%以上で、敵から攻撃された時、絶対追撃
C 魔防の威嚇3 ターン開始時、周囲2マスの敵の魔防-5(敵の次回行動終了まで)

奥義の選択

奥義はいくつか候補を挙げていますが、ベストなのは【天空】で、【月虹】と【夕陽】は同じパーティにヒーラーがいるかどうかで変わってきます。

ヒーラーがいるのであれば、HPの減りを気にする必要がありませんので【月虹】の選択となります。

ヒーラーがいないのであれば、ジリ貧でHPを削られてしまいますので【夕陽】の選択となります。

【月虹】が候補に挙がっているのは、パッシブAの【相性激化】を装備すると、【竜裂】などの攻撃を倍加させる奥義との相性が良くないためです。

攻防一体【相性激化】

【相性激化】は攻撃だけでなく防御面としても優秀なスキルですので、今回のコンセプトである赤担当として運用するにはベストなスキルです。

特にノノは【雷のブレス+】により全距離への反撃が出来ますので、剣だけでなく赤魔に対しても強く立ち回れます。

【切り返し】による強烈な反撃

【雷のブレス+】による全距離への反撃を2回必ず行える【切り返し3】とは相性が良く、今回は【相性激化3】も載っていますのでいますので、3すくみ有利相手であればほぼ確殺が取れるでしょう。

しかし、HP70%以下になると発動できなくなるため気を付けましょう。

戦闘ドクトリン

ノノを使用する際の基本的な方針になります!

対赤用として運用する

基本的には赤以外に当たらないようにし、守備などを強化できるようであれば弓、暗器にも当たっていくようにすると活躍の場面が増えます。

行動のコンセプトが受けからの反撃になりますので、【相性激化】でダメージを抑えつつ有利に立ち回っていくのがベストです。

セットで運用したい【竜盾の鼓舞】

【竜盾の鼓舞】を受ける事が出来れば、守備・魔防共に+6できますので、【相性激化3】があればほぼノーダメージに抑える事もできるようになります。

しかし、肝心の【竜盾の鼓舞】持ちがニニアンですので、同じ青竜で被ってしまうため、ニニアンを青枠と考えずサポーターとして割り切ってしまうのが良いかもしれません。

【夕陽】【天空】を使う場合はタイミングをしっかり計る

回復系の奥義は、減らした相手HP分しか回復しませんので出来る限りHPが多い相手を殴って回復したい所です。

ですので、残りカウントをしっかり意識しながら攻防でのカウント計算を行う必要があります。


いかがでしたでしょうか!

今回は連戦でのボーナスキャラにもなっているノノをご紹介しました。

ノノ自身悪くないステータスと武器を持っているのですが、受けが主体になってしまいますので、連戦ですとHP管理が難しくハードルが高めに感じました。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク