【ファイアーエムブレムヒーローズ】ナーシェンのキャラ評価と使い道:槍殺し・深緑の斧の継承用に全力で確保すべきキャラ!

今回の記事では大英雄戦で獲得できるナーシェンの評価を行いたいと思います。

封印の剣でドラゴンマスターとして登場したキャラクターですが、本アプリでもドラゴンに乗った飛行型キャラとして実装されました。

所持スキルを紹介しながら使い道について考察していきたいと思います。feh ナーシェン

大英雄戦の攻略方法はコチラ

基本能力の紹介

まずはナーシェンの基本情報や★5のステータス基準値を確認します。ここでの基準値は全てスキル込みの値となっています。

基本情報

属性
武器
タイプ 飛行
移動 2

★5ステータス基準値

HP 42
攻撃 41
速さ 29
守備 32
魔防 26
総合値 170

ステータスとしては、注目すべき点は守備力の高さでしょうか。物理攻撃の敵と対峙する際には割と安心して戦えます。更に魔防もそこまで悪くありませんので使い易いキャラだと思います。

ただし、飛行系なので弓に狙われないように注意する必要はありますね。

習得スキル

ナーシェンが習得できるスキルについて、その効果や継承の可否、習得ランクなどを確認していきます。

武器スキル:深緑の斧系

スキル名 攻撃 効果 習得ランク 継承
深緑の斧 8 3すくみ有利:攻撃+20%

3すくみ不利:攻撃ー20%

★3
 深緑の斧+ 12 3すくみ有利:攻撃+20%

3すくみ不利:攻撃ー20%

★5

深緑の斧系のスキルを所持しているので、青属性の敵と対峙するときにはめっぽう強いですね。オールラウンダーキャラとはいかないものの、特定の英雄戦やストーリーで活躍出来そうです。

奥義スキル

スキル名 カウント 効果 習得ランク 継承
 雪辱 3 自分の最大HPー現HPの30%をダメージに加算 ★3
 復讐 3 自分の最大HPー現HPの50%をダメージに加算 ★4

雪辱・復讐については、強キャラのサーリャやタクミが持つことで有名ですね。ナーシェンは比較的耐久力に優れていますので、HP差をダメージに加算する能力は使い易いと思います。

パッシブスキルB

スキル名 効果 習得ランク 継承
槍殺し1 自身は絶対追撃・敵は追撃不可

条件1:敵の武器種が槍

条件2:自身のHPが90%以上

★3 可(赤属性以外 )
槍殺し2 自身は絶対追撃・敵は追撃不可

条件1:敵の武器種が槍

条件2:自身のHPが70%以上

★3 可(赤属性以外 )
槍殺し3 自身は絶対追撃・敵は追撃不可

条件1:敵の武器種が槍

条件2:自身のHPが50%以上

★4  可(赤属性以外 )

槍殺しはアクアやエルフィなどの強力な槍キャラと対峙する際に非常に便利な効果を発揮してくれます。特に速さの数値が高いアクアですね。

この効果は使えないキャラの一人であるハロルドが★5で習得できるものの、育てる人はまずいないと思いますので継承素材に悩まされていました。

ナーシェンは★4で習得することが出来るので、継承用の素材としては最適だと思います。大英雄戦さえクリアすれば入手可能ですしね。

パッシブスキルC

スキル名 効果 習得ランク 継承
死の吐息1 戦闘後、敵の周囲2マスの敵に3ダメージ

条件:自分から攻撃した時

★3
死の吐息2 戦闘後、敵の周囲2マスの敵に5ダメージ

条件:自分から攻撃した時

★4
死の吐息3 戦闘後、敵の周囲2マスの敵に7ダメージ

条件:自分から攻撃した時

★5  可

死の吐息は敵の周囲2マスという広範囲にダメージを与えることが出来るので、他のキャラがトドメを差すためにHP削り役として役に立ちます。

重装系キャラへも確実に固定ダメージを与えられるも便利ですが、特にヒットアンドアウェイが得意な飛行系のユニットが所持していることが大きいですね。

オススメの継承スキル

ナーシェンを育てて使うのであれば、下記3点の特徴を活かす育成がお勧めです。

 比較的高めの防御力
 深緑の斧+槍殺しで青属性(特に槍)にめっぽう強い
 死の吐息で敵のHPをコツコツ削る

これらを踏まえて、継承すべきスキルについて考察したいと思います。

役割は青槍の確殺+同属性敵のHP削り役

深緑の斧の性質上、赤属性と対峙することは考えられないので役割としては青属性の確殺でしょう。スキルとしては青にはめっぽう強いのですが、ステータス攻撃力がそこまで高くないので確殺が難しいです。

これらを踏まえて、オススメの継承スキルを考えてみました。

パッシブスキルA枠

もともとパッシブスキルAの枠で習得できるものが無いので、この部分で攻撃力を高めましょう。

一番のオススメは鬼神の一撃です。これにより自分から攻撃するときに戦闘中の攻撃力を底上げすることができるのです。

ただ、このスキルはスキル継承難易度が比較的高いのでナーシェンに継承すべきかと言われると悩ましいところではありますね。

パッシブスキルC枠

パッシブCに設定されている死の吐息の代わりに、防御の威嚇を習得するのがオススメです。死の吐息も便利ではありますが、やはり青属性の確殺が役割だと考えると敵の防御を下げる性能が欲しいところです。

このスキルはミシェイルやピエリが★4で習得可能ですので、比較的継承しやすいスキルとなっています。

継承後の構成

スキル枠 スキル名 目的
武器スキル 深緑の斧+ 青の確殺
奥義 復讐 確殺出来無い敵用の保険
補助スキル 相互援助 復讐用
パッシブA 鬼神の一撃3 攻撃力を補う
パッシブB 槍殺し3 槍を確殺
パッシブC 防御の威嚇3 確殺の確率向上

青属性の確殺という役割を担えるように、出来るだけ自身の攻撃力を高めながら同時に敵の防御を減少させる構成となっています。

もし1撃で殺せない場合には奥義の復讐に頼ることになりますので、相互援助で奥義の効果を高められるようにしています。

ただ、この構成にしたナーシェンが強いのかと言われると微妙としか言えないですね。

まとめ:育てて使うより継承用の素材に!

ナーシェンの習得スキルを確認しながら、スキル継承などの考察を行いましたがいかがでしたでしょうか。

使い道としては青殺しくらいですので、他のオールラウンダーキャラへのスキル継承用素材として用いる方が良いかもしれませんね。

特に槍殺しを★4で習得できるところが強みですので、大英雄戦で確実に取得しておきたいキャラクターとなっています。

大英雄戦の攻略方法はコチラ

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます