【ファイアーエムブレム ヒーローズ】投票大戦も終了!記念にサーリャの性能やスキル継承について調査してみた!鬼神の一撃はかなり有効か!

任天堂の人気アプリゲーム、ファイアーエムブレム ヒーローズ(FEH)

白熱していた投票大戦も終わり、

最終的にはサーリャ陣営が王者に輝いた。

そこで今回は、サーリャに焦点を当ててキャラ紹介をしていきたいと思う。

スマホゲーム ファイアーエムブレム サーリャ

サーリャについて

ではまず、サーリャの基本的な情報から。

サーリャは「ファイアーエムブレム 覚醒」に登場したキャラクターであり、

初期兵種はダークマージ

呪術師であり、性格は暗めだ。

ルフレというキャラクターをとにかく気に入っており、

作中ではその愛の重さや嫉妬深さが描かれている。

とはいえ、その部分以外は比較的まともな性格であり(たぶん)、

なんだったらちょっとセクシーな衣装に身を包んだ綺麗なおねえさんでもある。

ボディラインがはっきりと出ているタイツ姿がね、たまりませんよね。

被弾時のイラストなんかもう素晴らしいの一言に尽きます。

FEHでのサーリャの性能

では次に、FEHでのサーリャはどんな性能のキャラクターなのか。

基本性能は、以下の通りだ。

属性は赤で、武器は魔導書。

移動タイプは歩行。

覚えるスキルは、次のようなものがある。

武器スキル

・ミィル
威力 4
射程 2

・ルイン
威力 6
射程 2

・ラウアブレード
威力 9
射程 2
奥義が出にくい(発動カウント+1)
自分が受けている強化の合計値を攻撃に加算

・ラウアブレード+
威力 13
射程 2
奥義が出にくい(発動カウント+1)
自分が受けている強化の合計値を攻撃に加算

奥義スキル

・雪辱
カウント 3
自分の(最大HPー現HP)の30%をダメージに加算

・復讐
カウント 3
自分の(最大HPー現HP)の50%をダメージに加算

パッシブスキル

・飛燕の一撃1
自分から攻撃した時、戦闘中の速さ+2

・飛燕の一撃2

自分から攻撃した時、戦闘中の速さ+4

・飛燕の一撃3
自分から攻撃した時、戦闘中の速さ+6

・魔防の紋章1
周囲1マスの味方は、戦闘中、魔防+2

・魔防の紋章2
周囲1マスの味方は、戦闘中、魔防+3

・魔防の紋章3

周囲1マスの味方は、戦闘中、魔防+4

サーリャの強さ

サーリャの強みは、

なんといっても「強化効果を与えれば与えただけダメージが増える」

という点だろう。

武器スキルの「ラウアブレード」は、

攻撃だけじゃなく速さや守備などのバフがかけられた状態でも、

それらの強化効果をすべて合計して攻撃に加算してくれる

なので、周りをバフ効果のパッシブスキル持ちなどで固めれば、

それだけでサーリャの攻撃力は大きく増加する。

さらに、パッシブスキルAにある「飛燕の一撃」も相性が良い。

自分から攻撃した時に速さをプラスしてくれるので、

追撃が高確率で発生するのだ。

つまり、ラウアブレードで威力の高い攻撃をした後、

追撃によってより確実に相手を1ターンで仕留めることができるキャラ、

ということになる。

奥義カウントが増えてしまうのが欠点といえば欠点だが、

それを補ってあまりある性能がラウアブレードにはあるので、

SPは優先的にここに割り振ってもいいだろう。

他のユーザーはどんなスキルを継承させている?

スキル継承システムにより、

あらゆるスキルを他のキャラに装備させることができるようになっているFEH。

サーリャにも当然、既存のパッシブスキル以外のスキルを習得させることができる。

そのパターンはかなり多いため、プレイヤーによって個性が出るところなのだが……。

ここで一部ではあるが、みんなは一体どんなサーリャを完成させているのか、

ちらりと見てみよう。

こちらはAに鬼神の一撃、Bに攻め立てを覚えさせたサーリャ。

速さよりも攻撃力をより高め、代わりに攻め立てでHP減少時の追撃を行う仕様。

絶対追撃なのでこちらの方がむしろ安定性は高いのかもしれない。

こちらは救援の行路をBにつけて、

味方と隣接しやすい状況をつくりだせるサーリャ。

バフ効果の恩恵を得やすくするという点では選択肢として面白いかもしれない。

いずれにせよ、

持ち味の武器スキルをどう活かすか

という点がスキル継承の際のポイントになりそうだ。

個人的には、パッシブのBに待ち伏せあたりを習得させて、

やられるより先にやっつけつつ、自分のターンでもがっつり敵を倒す、

みたいなサーリャにもしてみたい。

さて、あなたは一体どんなサーリャに育てあげ、

どう運用していくだろうか?

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます