【ファイアーエムブレム】新システム「スキル継承」を解説!引き継ぎできるおすすめスキルも紹介!!

3月16日のアップデートで「ファイアーエムブレムヒーローズ(FEH)」に実装される新「スキル引き継ぎ」システム「スキル継承」について現時点でわかっている情報や、引き継ぎスキルの入手方法などをまとめてお伝えします。

FEH「スキル継承」システムを解説!おすすめ継承スキルを持つ英雄も紹介!

実装前に予習してアップデートに備えよう!

「スキル継承」とは?

簡単に言えば他の「英雄のスキル」を取り込み、装備することができるシステムです。

元々はファイアーエムブレムシリーズの「世代交代」システムを大本とするシステム。父親のスキルと母親のスキルを子世代のユニット(英雄)に引き継ぐ事のできるシステムです。

覚醒以降は脱着や子世代への引き継ぎの自由度が上がったため、FEシリーズのキャラ育成を考える上で重要なシステムと言えるでしょう。

公式告知:「スキル継承」は3月16日実装。

FEHの「スキル」と「継承」の関係は?

FEHではSPを使って自由にスキルを習得することができますが、キャラクターごとに習得できるスキルは固定でした。

またパッシブスキルについては2種類までしか習得できなかったため、これまではABCすべて埋めることができませんでした。

今回「スキル継承」が実装された場合、他のキャラクターの持っているスキル特性を引き継ぐことで使い勝手や欠点を改善したり、長所を伸ばすことが可能になります。

「スキル継承」システムを解説!

公式twitterでも解説されていましたが、ここではより詳しくシステムについて説明していきます。

「継承元」からは3つまでスキルを引き継げる。

例えば「武器1」「パッシブA」「パッシブB」「支援1」「奥義」を習得する英雄の場合、このうちの3つまで選んで継承することになり、全てを引き継ぐ事はできません。

「継承元」のキャラクターは消滅する。

高レアのキャラクターになるほど強力なスキルを覚えることができますが、それだけ入手難易度が高くなりますね。

基本的にはレア度違いで覚醒しないと限界突破できない☆4以下の英雄を継承用に消費することになりそうです。

「継承」したスキルは1.5倍のSPで習得する必要がある。

継承したスキルは継承先の英雄に未習得状態で表示されます。実際に使用するためにはSPを消費して習得する必要があります。

習得に必要なSPは1.5倍となり、たとえばSP300を使用する「☆5奥義」を習得するには450SPを用意する必要があります。

一部の「固有スキル」は継承することができない。

マルス、ルキナが持つ「ファルシオン」やカムイ(男)がもつ「竜穿」など歴代主人公や主役級英雄には「固有スキル」が存在。これらはスキル継承することができない仕様になっています。

これらは既存シリーズの「世代交代」などと若干異なるため注意が必要ですね。

「継承用」スキルの入手方法は?

「継承用」英雄は入手し易い英雄から優先して使用するのが良いでしょう。

基本的にレア度が低かったり、スペシャルマップで入手した英雄など「入手頻度が高く、育成が面倒」な英雄のスキルを継承先の主力英雄に引き継がせるのが手っ取り早いと思われます。

英雄戦で入手できる英雄(一例)

現バージョンでは日替わりで☆1、☆2が入手できる英雄が存在します。

  • ギュンター
  • オリヴィエ
  • リズ
  • リフ
  • ヴィオール

大英雄戦で入手可能な英雄(一例)

その他「大英雄戦」で入手可能なレア度違いの英雄も継承候補になります。

  • ナーシェン
  • ルフレ(女)
  • ウルスラ

基本:「開いている枠」を埋めるスキルを継承しよう。

基本的に英雄ごとにスキルを習得しない枠(パッシブABC,支援など)が存在します。これを埋めるようにスキルを継承させるのが最も効率のいいやり方といえますね。

例:☆5リリーナの場合。

☆5リリーナは基本火力がたかく、「パッシブA、C」と「奥義」を持った英雄です。よって開いている枠は「パッシブB」と「支援枠」になります。

FEH「スキル継承」の基準は英雄自身が覚えるスキルのカテゴリをチェック!

基本的に「開いている」枠を埋めるスキル継承させよう!

欠点として、敵からの先制に比較的弱いのが挙げられますね。

考えられる継承として以下のものがあります。

  • 「ツバキ」の習得する入れ替え(支援)を入手して味方を盾にしつつ「切り返し」(パッシブB)をいれて反撃ダメージを高める。
  • 「セツナ」の「相互援助」(支援)、「弓殺し」(パッシブB)を入れて味方のHPの緊急回復や弓への防衛力を高める。

このように弱点を補完するスキルを継承すれば、リリーナの攻撃力の高さを活かしながら汎用性を上げることが可能です。

「継承用」スキルを持つおすすめ英雄はこれ!

今回は「スペシャルマップ」で入手し易いキャラの中から継承用として便利なスキルを持つ英雄を紹介します。

1:ギュンターの「一喝」「攻撃の鼓舞」「金剛の一撃」

ギュンター自身も比較的バランスの高い英雄ですが、持っているスキルも優秀!

周囲の味方の攻撃力を上げる「攻撃の鼓舞」、味方の能力低下を強化に変換する「一喝」、自分から攻撃したとき守備を上げる「金剛の一撃」とスキのないスキルが揃います。

「攻撃の鼓舞」「一喝」は後方支援が多くなる司祭や魔道士系、「金剛の一撃」は先制が多いユニットなら種類問わず活かせると思います。

2:カザハナ「アーマーキラー」「進軍阻止」「攻撃の応援」

防御力が若干落ちやすいのがネックな「カザハナ」は重装特攻の武器スキル「アーマーキラー」と周囲1マスの通行を妨げる「進軍阻止」を持っています。

どちらも機動力と防御値が高い「パラディン」「ソシアルナイト」系や通路妨害や同種相手にリードを取れる「アーマーナイト」へ継承するとクラス特性を伸ばすことができると考えられますね。

3:オリヴィエ「踊る」「叩き込み」「攻撃の鼓舞」

「踊り子」として再行動狙いで起用される事が多いオリヴィエですが、パッシブスキルも便利なものを覚えます。

「叩き込み」は自分から攻撃時に敵を1マス後ろに吹き飛ばす事ができ、敵の間に壁キャラを挟み込むことができるようになるため安全性が上がります。

また遠隔攻撃型の英雄が習得すれば、大英雄戦など新しい攻略法を編み出せそう。

更にギュンター同様「攻撃の鼓舞」を継承でき、手軽に味方を強化できて便利。

継承により「新しいスキルの組み合わせ」可能性を考えられる英雄と言えるでしょう。

まとめ:育成にやりがいを見つけられるシステムに。

☆4~5英雄はすでに育成を終えSPが余っている。という人も多いので、今回のシステム実装で活用の機会が生まれました。

また推しキャラを強化して起用する機会を増やしたり、レベル上げのときに便利なスキルを継承したりすることもできるため、できることが広がります。

プレイヤー問わず活かすことができるシステムになることが期待されますね!

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます