【パワサカ】新イベント『バグズパニック』特攻キャラ!! 「ロイド 竜二」は上限開放で輝く大器晩成キャラ!?

5月23日のメンテナンス明けより、新イベント『バグズパニック』が開催されました。

そして例によって、イベントを有利に運ぶための特攻キャラも同時に実装。

イベントで高ランクに入賞するためには必須の特攻倍率をもつキャラ達ですが、特攻キャラであることを差し引いた性能はいかほどなのでしょうか? 

今回は特攻キャラのひとり「ロイド 竜次」についてまとめました。

特攻の3人

ピックアップはこの3人。イベントでは必須です。

「ロイド 竜次」の性能

ウェールズ人の血を引くLWG。何となくレアルマドリードのベイルを思い起こさせますね。

基本情報

得意練習:テクニック ポジション:LWG 前後イベント:前イベント 総イベント回数:7回

ロイド

たこ焼きを心から愛するハーフ

レベル35時ボーナス

・初期評価 45
・得意練習率アップ 1
・コツレベルボーナス 2
・コツイベントボーナス 40%
・スペシャルタッグボーナス 70%
・やる気効果アップ 40%
・技術ボーナス 4

取得可能コツ

サイドアタッカーに必要なコツを多く所持しているのが、ロイドの特徴。汎用性も高いです。

・『キラーパス』 :スルーパスをすごくよく出すようになる。

【取得タイミング】:連続イベント「汗かき役」の3回目を成功させることで取得。

・「スルーパス」 :スルーパスをよく出すようになる。 

【取得タイミング】:連続イベント「汗かき役」の3回目を失敗で取得。

・「コーチング」 :味方ディフェンダーの能力が上がる。

【取得タイミング】:連続イベント「汗かき役」の2回目にて、選択肢「指示して味方を動かす」を選択するとイベント終了の代わりに取得。

・「ワンタッチ」 :ワンタッチプレーが上手くなる。

連続イベント「汗かき役」の1回目にて、選択肢「理由を教えて」を選択するとイベント終了の代わりに取得。

・「ドリブラー」 :ドリブルの速度が上がり、ボールタッチが良くなる。

【取得タイミング】:コツイベントで取得。

・「キープ力」 :相手のタックルをかわしやすくなる。

【取得タイミング】:コツイベントで取得。

・「クロス」 :シュートがあわせやすくなるクロスを上げる。

【取得タイミング】:コツイベントで取得。

・「パス」 :パスの精度が上がる。

【取得タイミング】:コツイベントで取得。

「ロイド 竜次」のここが強い!!

ロイドを実際に使ってみて、強いと感じた点をまとめました。

強い点その① 所持コツ・ボーナステーブル共に使いやすい!!

ロイドの所持コツの4種は、どれもアタッカーに有用なものばかり。

そのため、様々なキャラクターと好相性です。

また、ボーナステーブルの汎用性が高いのもロイドの強み。

それぞれ補正値こそ低めですが、あらゆる環境で経験点を稼ぐことができる万能型とも言えるでしょう。

道は厳しいですが上限開放で試合経験点アップを獲得すれば、その万能性に拍車がかかります。

強い点その② 「チャンスメーカー」のプレイスタイル獲得可能!?

作成する選手のポジションがFW時のみ、金得イベント「汗かき役」の3回目にて選択肢が出現。

そこで選択肢「中盤に下がってボールを受ける」を選択すると、イベント成否に関わらず「チャンスメーカー」のプレイスタイルを獲得可能です。

頻繁に中盤にまで下がってボールを受けてくれるようになるので、パスサッカーを標榜する人には是非獲得をおすすめします。

強い点その③ 選手能力が高い!!

ロイドの選手能力は、全選手最高クラスの81。

サイドアタッカーに必要なオフェンス、スピード、テクニック、スタミナのどれも満遍なく高く、しかもウイング以外にレフトハーフとセカンドトップにも適性を持つ万能っぷり。

あらゆるルートで大活躍が期待できます。

試合が苦手な人や面倒くさい人でも、彼を連れていくことで勝率をぐっと上げられるはずです。

「ロイド 竜二」のここに注意!!

ロイドを使ってみて、使い辛いと感じた点をまとめました。

注意点その① 所持金得『キラーパス』の下位コツを所持していない

最近は、所持コツの中に自身の金得の下位コツを所持しているキャラが多いのですが、残念ながらロイドは例外の1人。

『キラーパス』自体の取得経験点も重めなので、スルーパス持ちキャラと組ませるのを推奨します。

注意点その② テクニックは人材過多気味

とにかくテクニックキャラには優秀なキャラが多いのが、ロイド最大の向かい風。

とくに強力な固有ボーナスを持つ「エマ」や「三瀬」、「アレン」などと比較すると見劣りする感は否めません。

幸いにして、ロイドは「チャンスメーカー」のプレイスタイルを所持しているので、うまく使い分けましょう。

注意点その③ MFIではボランティアで『キラーパス』を取得できてしまう

現在主流となっているMFI通常ルートでにおいて、ボランティアで『キラーパス』が取得できるのは周知の事実。

わざわざ『キラーパス』持ちを連れていく利点はほとんどありません。

まとめ

「ロイド 竜次」は特に穴の見当たらない優秀なキャラです。

上限開放で試合経験点アップを獲得できれば、その利便性は格段に向上することでしょう。

ただし、テクニックは超強力なキャラのひしめく激戦区。

その中では、ロイドであっても環境トップとまでは評価できません。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます