【パズドラ】ゴッドフェス限定モンスター、シルヴィに究極進化実装決定!!分岐究極も!?【速報】

パズドラ公式Twitterのムラコさんが、ゴッドフェス限定モンスターのシルヴィに、究極進化が実装されることを発表しました!!

龍契約士究極進化ロゴ

http://pad.gungho.jp/member/sinka/powerup/170817.html

どちらの究極進化がオススメなのか、2体を比較してお伝えします。

獣伐の鷹龍契士・シルヴィ

まずはリーダー向けの究極進化から。

獣伐の鷹龍契士・シルヴィ

引用:https://twitter.com/pad_sexy/status/898028638901227521

ステータス

属性
タイプ
HP 攻撃 回復

※数値は+297時のもの

スキル

 ストームライトニング
Lv.1:15ターン→Lv.最大:10ターン
全ドロップを木、光、回復ドロップに変化。
自分以外の味方スキルを1ターン溜める。

リーダースキル

継界龍降・クァージェ
 木属性の攻撃力と回復力が2倍。
木を6個以上つなげるとダメージを軽減、攻撃力が4倍。

リーダースキルの攻撃倍率の発動条件と倍率が変更されました。

また、以前まで持ち合わせていた、HPへの補正がなくなった代わりにダメージ軽減の追加がされました。

軽減率については実装されるまでは不明ですが、これまで実装されたモンスターを見ると、25-35%程度になると思われます。

覚醒スキル

覚醒スキル
水属性強化×4
スキルブースト
操作時間延長
封印耐性

まず、これまで持っていなかった「封印耐性」を1つ獲得しました。

これまで持っていないことによるパーティの編成自由度への影響が大きかったため、運用に制限がありましたが、今後はそれも取り除かれることになります。

また、これまで「2体攻撃」を2つ持っていたのですが、それが2つとも「木属性強化」に統一されたことにより、覚醒スキルの方向性に一貫性ができました。

こちらに関してはあればあるだけパーティの攻撃力が上がるので、いくらあっても足らないものです。

反面、「2体攻撃」を失ってしまったため、これまでと同じような運用はあまりできなくなったこともあります。

奔放の緑龍契士・シルヴィ

続いて、サブ向けの究極進化。

奔放の緑龍契士・シルヴィ

引用:https://twitter.com/pad_sexy/status/898028638901227521

ステータス

属性
木 / 光
タイプ
ドラゴン / 攻撃
HP 攻撃 回復
4200 2908 530

※数値は+297時のもの

スキル

 ストームライトリング
Lv.1:15ターン→Lv.最大:10ターン
全ドロップを木、光、回復ドロップに変化。
自分以外の味方スキルを1ターン溜める。

スキルはこちらも変更ありません。

リーダースキル

 継界龍合・クァージェ
 木属性のHPが2倍、攻撃力は2.5倍。
スキル使用時、木属性の攻撃力が1.5倍。

こちらは以前と変わらないリーダースキルを持っています。

ですので、運用方法自体もこれまでと大きく変わらないでしょう。

覚醒スキル

 覚醒スキル
 木属性強化×2
2体攻撃×2
スキルブースト
操作時間延長
チームHP強化
コンボ強化
追加攻撃

なんと、こちらの究極進化は最新の覚醒スキルが3つも追加されました!!

「チームHP強化」、「コンボ強化」、「追加攻撃」、いずれも非常に強力な覚醒スキルです。

先のものと異なり「封印耐性」は持っていませんが、それを超える重要度の覚醒スキルを獲得したため、気になることはほとんどないでしょう。

特に「追加攻撃」は自身の持つ3色陣スキルとの相性もいいので、今後多くの木属性パーティで採用されることになるでしょう。

どちらがオススメ?

基本的には、副属性を持つ、サブ向けの究極進化がオススメです。

「追加攻撃」を持つモンスターはまだ数が少ないので、持っているに越したことはありません。

とは言え、複数体必要なものでもないので、2体目は「封印耐性」を持つ、リーダー向けの究極進化を選択しても良いでしょう。

ライター: かくたす

ランクは600後半、パズドラ歴は2年くらい。ランク上げは面倒なので嫌いなタイプ。ランキングダンジョンは10%には毎回入るけど王冠は要らないので、いつも中途半端です。パズドラに限らず、アナログもデジタルも含めて色んなゲームをプレイしています。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

究極進化・転生・修正の人気記事ランキング

まだデータがありません。