【パズドラ】チャレンジダンジョンLv.10ノーコン攻略!!【モンスター育成スペシャル(前半)!】

6月12日~18日まで、チャレンジダンジョンが実施されています。

チャレンジダンジョンロゴ

引用:http://pad.gungho.jp/member/event/170608_monster_training.html

今回のチャレンジダンジョンLv.10は、【火属性強化】になっており、基本的には火属性パーティで挑戦するのが良さそうです。

逆に、強化しなければクリアが難しい、という意味合いもあると感じます。

他の属性をメインに据えた場合は、それぞれの対応が必要になりそうです。

ダンジョン概要とノーコンパーティ

まずは筆者が使用したパーティと、ダンジョンの概要、注意事項について、確認していきましょう。

チャレダンLv.10ノーコンパーティ

このダンジョンを攻略するためには、

  • 固定ダメージスキル or ガードブレイク
  • スキルを使用せずとも安定した高火力を出せるパーティ
  • 先制82,800ダメージを受けるHP or 軽減スキル
  • 回復力半減になっても持ち直せる回復力 or ダメージを常時減らせるリーダースキル
  • 根性対策(具体的には覚醒スキル「追加攻撃」)

などの要素が必要です。

なかでも、先制82,800ダメージへの対策は必須です。

アシストモンスターの設定は、スキル遅延対策やステータスアップを目的としたものになっているので、なんでも構いません。

が、つけておくことに越したことはないので、できれば同属性モンスターを設定しておきましょう。

また、軽減スキルを用いて耐える場合は、スキル持ちモンスターにスキル遅延耐性を最低1つはつけておくことを強くおすすめします。

多いに越したことはないので、5個つけておけばかなりスムーズに攻略できるでしょう。

ノーコン攻略法

フロア モンスター 注意事項
1F 明時の月龍喚士・サツキ
  • 先制10ターン全モンスタースキル遅延
  • 先制10ターン回復力半減
  • 先制10ターンスキル封印
2F 神木の魔道士・リーザ
  • 先制17,018ダメージ+全ドロップを水 / 木 / 光 / 闇ドロップに変化
  • 先制ランダム1個お邪魔ドロップ生成
3F 漢気の魔神卿・アモン
  • 先制HP99%ダメージ
4F 峰角の大賢龍・バッケス
  • 先制5ターン状態異常無効
  • HPが半分を切ると即時行動
  • 常時木属性ダメージ半減
5F 覚醒シヴァ
  • 先制2ターン全モンスタースキル遅延
  • 先制99ターン4コンボ以下吸収
  • 先制HP75%ダメージ
6F 天下御免の大泥棒・石川五右衛門
  • 先制82,800ダメージ
  • 先制999ターン状態異常無効
  • HP51%以上根性

1F:明時の月龍喚士・サツキ

いきなり初登場モンスター、サツキ。

1F

彼女のせいでこのダンジョンの難易度がグンと上がっていると言えます。

先制10ターンのスキル遅延、回復力半減、スキル封印を繰り出してくるため、対策要素がたくさん必要になっています。

中でもスキル遅延は非常にやっかいで、遅延耐性で防げるのも最大6ターン分なので、4ターンはアシストをして躱すか、どこかで貯めなおす必要があります。

また、1ターン目の行動として、HP99%ダメージと回復ドロップをランダム3つ生成をしてきますが、以降20,000を超えるダメージを連発してくるため、長居は禁物です。

できるだけ早く突破しましょう。

2F:神木の魔道士・リーザ

続いてはチャレンジダンジョン御用達のリーザ。

2F

毎ターンコンスタントにダメージを出してきますが、防御力4800万のHP90という、いわゆる典型的な高防御モンスターなので、固定ダメージスキルを用意しておけば、あっさりと突破することができます。

とはいえ、前のフロアでガッツリスキル遅延を喰らうので、撃つまでに数ターン耐える必要があるのですが、回復力半減によって、それもかなり難しい場合があります。

その場合は、覚醒スキル「ガードブレイク」を持つモンスターがいれば、スキルを使わずとも突破できるので、非常におすすめです。

(筆者のパーティの場合はディアブロスが持っています。)

3F:漢気の魔神卿・アモン

続いて、なんでここにいるのかよくわからない、アモンです。

3F

HP99%割合ダメージが、回復力半減状態ではかなり痛いですが、2ターン行動のため、スキルを貯めやすく立て直しやすいので難しい相手ではないでしょう。

ただし、2ターン以内にHPを半分にしなければ、概ね即死なので、そこだけは注意しましょう。

逆に半分以下にすれば追加で2ターン貯められるので、火力を調整して狙ってみてもいいでしょう。

4F:峰角の大賢龍・バッケス

こちらも初登場のバッケス。

4F

HP1億を超えるタンクモンスター。

5ターン行動ということもあり、ギリギリまでスキルを貯めながら、行動するターンの直前にHPを半分にすれば、6ターンのダメージ半減と一番下の列を超暗黒ドロップにする行動を取るため、最大7ターン貯めることができるでしょう。

攻撃されると即死確実なので、残り1ターンになったら、スキルを使ってでもHPを削りにいきましょう。

コンスタントに出せる火力が足りなければ、ここを突破できないため

5F:覚醒シヴァ

昔は超強敵のボスモンスターだったのに、今ではスキル遅延への耐性がかなりしやすくなったため、あまり強いモンスターとは認識されなくなってしまった、覚醒シヴァ。

5F

次のボスで、先制82,800ダメージが飛んでくるので、軽減スキルで耐える場合は、スキル遅延の影響を考慮する必要があります。

対策済みなら、一気に突破してしまいましょう。

していないなら、2ターン耐久する必要がありますが、シヴァの攻撃自体は相変わらず非常に強力なので、かなり厳しいと言えるでしょう。

6F:天下御免の大泥棒・石川五右衛門

最後は根性+HP全回復が非常に厄介な五右衛門。

6F

遅延も効かず、根性があり、なおかつ82,800という先制ダメージを繰り出してきます。

それを耐えてなお、プレイヤーを苦しめるのですから、もう鬱陶しい他ありません。

ですが、現在は新しい覚醒スキル「追加攻撃」を使えば、なんと一撃で倒すことができるのです!!

ヴェルダンディなどの時女神シリーズを持っている方は多いと思うので、ぜひ一度運用してみてください。

筆者はパーティのメイン属性を木と闇に揃えたかったのでヴェルダンディを使用しましたが、火属性強化の恩恵を考えると、ウルドが最善の選択と言えるでしょう。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク