【パズドラ】超究極ラグナロク=ドラゴンで極限の闘技場3攻略!敷居の高い編成故の安定感!

超究極ラグナロク=ドラゴンで闘技場3のための編成や攻略方法を解説していきたいと思います。

超究極ラグナロク=ドラゴンの編成は非常に敷居が高い。

その分安定感・強さ・パーティーの見栄えがとてもかっこいいなど完成したときの達成感は凄い大きいです。

コンボ環境の中、多色の超究極ラグナロク=ドラゴンも猛威を振るっています!

超究極ラグナロク=ドラゴンの性能

超究極した後のステータスやリーダースキルの変化など確認していきましょう。

属性 木/闇

タイプ ドラゴン/マシン

HP 7020 攻撃 2350 回復 527

スキル

全ドロップを5属性+回復ドロップに変化。
自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
(最短:9ターン)

リーダースキル

マシンタイプの全パラメータが1.5倍。
2色以上同時攻撃で攻撃力が上昇(2.5倍)、最大7倍(5色)。

覚醒スキル

バインド耐性2 スキルブースト1 操作時間延長2 スキル封印耐性1

2way1 神キラー1 ドラゴンキラー1

超究極してどう変化したのか

リーダースキルを見てみると、火力調整が利くキャラクターになりました。

多色のラードラと違い、2色から倍率が出せるなど使いやすいです。

マシンタイプの全パラメータ1.5倍もかかるので安定感も出てきました。

マシンタイプの縛りがあり、出来ればサブは全てマシンタイプで統一したい。

しかしマシンタイプ染めは敷居の高いキャラクターが多く、ボルメテウスドラゴンなど要になりそうなキャラクターがいる。

敷居は高いが、その分安定感のあるキャラクターへとなりました。

超究極ラグナロク=ドラゴン闘技場3用編成

サブの敷居が高いと言っても、安定を求めるなら敷居が高くなるだけであって

サブキャラクターのアシストや潜在覚醒などしっかり準備出来ていれば問題ありません。

今回は安定を重視した編成を紹介したいと思います。

闘技場3用編成紹介

MPに余裕がある方はここまでは組めると思います。

まずは自身のラグドラ3枚とフレンド合わせて4枚編成。

サブ残り2枠はボルメテウスと自由枠といった形です。

神とドラゴンに対してキラーがあるため、かなり強めな編成ではあるがキラーが乗ってやっとなのが現状。

キラーの乗らない且つHPの多い敵(グリザルなどの悪魔タイプ、属性相性の悪いシヴァなど)に対して非常に弱い。

そこで自由枠のおすすめキャラクターが苦手な敵に対しての役割を持つことになります。

おすすめ自由枠キャラクターは(ミト・クラジュマキナ

ミトは木属性で悪魔キラーを2個持ち。スキルも軽くアシストベースとして使いやすい。

マシンタイプではないので全体に恩恵を与えることはありませんが、苦手な敵を簡単に突破できるように潜在覚醒も悪魔キラーを3つ付けて特化型にすると強力です。

クラジュマキナはガードブレイク持ちで、スキルで敵の属性を水属性に変えることで木属性のダメージが倍になるため擬似エンハンス要員として機能します。

クラジュマキナはマシンタイプなのでラグドラとのリーダースキルも噛み合いがよく、MPキャラクターではありますが採用する価値が高いと思います。

パーティー全体の潜在覚醒について

潜在拡張しなきゃダメですよね?という風潮みたいなのがありますが、このラグドラ編成では潜在拡張すべきキャラクターは’’ミト’’のみとなります。

潜在拡張たまドラも実装されてから大分時間が経過したので、それなりに周回している人達の視点だと拡張してて当たり前という意見が多いです。

正直筆者個人としては、攻略するダンジョン次第なのだから無理に拘る必要はないと思っています。

明らかにこの潜在覚醒が刺さるなど多くのユーザーが付け始める傾向になった時はしっかり付けたほうがいいですね。

三位一体などがそうですよね。

じゃあ何の潜在覚醒を付ければいいのかというと、そのキャラクターが持っているキラーに特化させるのが安定だと思います。

ラグドラは各神キラーを1つ潜在覚醒に追加する、ミトなら悪魔キラーを3つ付けると言った感じです。

ボルメテウスは最後のカーリーを意識して回復キラーなんかを付けてあげるのが良さそうですね。

ピンポイントなんですが、ガイアドラゴンを意識したマシンキラーもミト以外全てに付けるのもおすすめです。

スキル継承キャラクター

一番のストレスはダメージ吸収なので、ウルカをリーダーフレンドで2枚は必須かなと思います。

陣との相性も考えて風神などは無しかなと思います。

ウルカ持ってないよ~という方は風神で構いません。

残り2枚のラグドラは雷神やライトニングなど陣を持つキャラクターがおすすめです。

レーダードラゴン戦では殴り合いをする場合があるのでインドラも採用。

ボルメテウスにはアシストボーナスを考慮してゼータヒドラを採用。

ミトは三位一体で登場するニャルラトホテプがかなり使いやすいです。

短いスキルで1ターンの遅延+回復・お邪魔・毒を木に変換+アシストボーナスなど重要な存在になっています。

念のため100%ダメージを警戒して木・水・闇のどれかを1つボルメテウスに。

他はスキル遅延耐性を1つは付けるようにしましょう。

超究極ラグナロク=ドラゴンもっと流行るのでは?

転生クシナダという同族性で強キャラクターが闘技場3を安定して攻略できる環境後の実装だったので、まだ使用率は高くないです。

落ちコンボしてしまうし、火力も潜在覚醒がないと控えめなど劣っているようにも見えるんですが、安定という点ではいい勝負かなと思っています。

この記事含め多くの動画や情報があるので、参考にして欲しいと思います。

ライター: 編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク