【パズドラ】エレン・ミカサ・リヴァイ・アニ・ライナーの使い方!!【進撃の巨人コラボ】

6月5日(月)~19日(日)まで、進撃の巨人コラボが実施中です!!

進撃の巨人コラボロゴ

引用:http://pad.gungho.jp/member/collabo/shingeki/170528_shingeki.html

コラボガチャから排出されるモンスターの内、金タマゴのモンスターの使用例を紹介したいと思います。

あくまでいくつかの例を挙げるだけなので、引いたモンスターがご自身のパーティで使えるかどうか考えてみるのもパズドラの楽しみですよ!!

エレン・イェーガー

まずは主人公のエレン。

エレン進化前

エレンは分岐究極進化が実装され、それぞれに別のパーティに対して運用することになります。

以前から実装されていた究極進化は、山本元柳斎重國パーティのような列パーティでの運用がメインになります。

属性強化を4つ持っているモンスターとして、パーティ全体の火力を底上げしてくれること間違いなしです!!

今回実装された新たな究極進化は、コンボ強化を2つ持つため、列パーティだけでなく、コンボパーティのサブとして様々なパーティで運用することができるでしょう。

アヌビスやディアブロス、クトゥグアパーティなど、多くのパーティで活躍できます!!

ミカサ・アッカーマン

続いてミカサ。

ミカサ進化前

ミカサは2体攻撃とコンボ強化を持つため、エレンの新究極進化同様、コンボパーティでの運用がメインになるでしょう。

最近使用されているモンスターの中では、モンスターハンターコラボのミツネX装備のサブとしてかなり相性が良いと言えます。

水ドロップを生成するスキルもあるため、メインアタッカーとして猛威を振るうことができるはずです。

今回究極進化が実装されるかなー、と思っていたのですが、実装されませんでした。

ですが、既にかなり強力なモンスターなので、コラボ3弾が実施される際にもし究極進化が実装されたら、と思うと持っておきたいモンスターの1体です。

リヴァイ

次はリヴァイ兵長。

リヴァイ進化前

リヴァイもエレン同様、分岐究極進化が実装されましたが、そちらの性能に関してはフレーバー重視なものになっているため、実戦向きとは言えません。

とはいえ、「ドロップ率上昇」というこれまでにないリーダースキルを持っているため、いつかどこかで活躍する場面が来る!!

・・・かも知れないし、来ないかも知れません。

以前から実装されている究極進化は、2体攻撃、操作時間延長、コンボ強化など、アヌビスのようなコンボパーティで輝く覚醒スキルを持っています。

なので、エレンの新しい究極進化同様、コンボパーティのサブモンスターとして運用することになるでしょう。

アニ・レオンハート

ここからは新モンスター、まずはアニから。

アニ進化前

アニは自身のスキルで横1列に光ドロップを生成することができ、なおかつ光属性強化を3つ持つため、スキルと覚醒スキルが噛み合っているモンスターです。

またマシンキラーも持っているため、特定のダンジョンで活躍するタイプのモンスターと言えるでしょう。

ですが、常時運用するとまではいかない、常時運用に至るには、もう一声必要、というのが本音でしょうか。

今回のコラボガチャの金タマゴのなかで、一番パッとしない感は否めません。

今後に期待です!!

ライナー・ブラウン

最後はライナー。

ライナー進化前

ライナーは原作同様、鋼の巨人というフレーバーを取り上げられ、「4ターンの間75%ダメージ軽減」という、インドラのスキル「英龍の守り」の上位スキルとなっています。

ですが、覚醒スキルなどはインドラに劣るため、完全に入れ替わるということはなさそうです。

ですが、アシスト役としては非常に優秀なモンスターで、ダメージ軽減スキルを持つモンスターにアシストすることをオススメします。

特に、転生スサノオノミコトにアシストすれば、同属性のアシストボーナスの恩恵も受けられるため、非常にオススメです!!

まとめ:進撃の巨人コラボモンスターはサブ・アシストモンスター向け

進撃の巨人コラボのモンスターは基本的にリーダーとして目立った活躍はしませんが、サブモンスターやアシストモンスターとして活躍するモンスターが多い印象です。

まさに縁の下の力持ちといったところでしょうか。

モンスターの絶対数が比較的少ないため、狙って引くことはそこまで難しくないように感じています。

特に狙って行きたいのは、やはりエレン、ミカサ、リヴァイの3体でしょうか?

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク