【パズドラ】近々発表!?覚醒セトの性能を予想してみた。

新エジプト神は現在すべてのキャラクターが分岐究極進化まで可能となっています。

その為、ぼちぼち覚醒進化の発表もあるかな?と筆者は予想しております。

そこで今回は新エジプト神シリーズから、セトがもしも覚醒進化した場合どのような性能になるのかを、光セトの能力をおさらしつつ予想していきたいと思います。

【パズドラ】近々発表!?覚醒セトの性能を予想してみた

属性&タイプ~1タイプ追加は何になるか?~

【属性/タイプ】
火・光/神・体力

現在究極進化可能な2種類のセトは、それぞれ副属性が木と光になっています。

その為覚醒進化した場合は、これらとはまた違う水・闇・火のいずれかになるのではないかと予想します。

そしてタイプも1タイプ追加されるでしょう。それが何になるのかが重要ですね。

ステータス~なんとも微妙なステータス~

【ステータス(+297換算)】
HP 5040
攻撃 2084
回復 393

光セトは体力タイプを貰っているのにもかかわらず、HPはプラスを振って5040と決して高くはありません。

その為覚醒進化後には出来ればどこかに特化したステータスにしてほしいですね。

スキル~若干使いどころが難しい~

【スキル(レベル最大11ターン)】
回復ドロップを火ドロップに変化。 2ターンの間、火属性の攻撃力が1.5倍。

現在はエンハンススキルとして使用するには、エンハンスの倍率が低すぎますし、ドロップ生成の役割として使用するにはターン数が重すぎます。

覚醒進化した場合には、このスキルを若干使いやすく改良してほしいものです。

リーダースキル~耐久性能はあるが~

【リーダースキル】
火属性のHPと回復力が1.5倍。4属性(3属性+回復)以上の同時攻撃で攻撃力が5倍。

現在は耐久性能こそなかなか高めなリーダースキルといえますが、多色の割に攻撃倍率が低すぎます。

このままではリーダーとしての性能は50点といったところです。

覚醒進化ではリーダーとしても使っていけるよう倍率を今以上に上げる必要がありそうです。

覚醒スキル~2WAYタイプだが~

【覚醒スキル】
火ドロップ強化×2・光ドロップ強化・スキブ・7コンボ強化×2

光セトは7コンボ強化を2個持っている為、サブの火力要員としてはなかなかいい性能を持っているといえます。

木セトの方も2WAYタイプの攻撃に特化した覚醒スキルを持っていました。

覚醒進化後も攻撃に特化した覚醒スキル持ちのキャラクターになってほしいですね。

ずばり覚醒セトの性能はこれだ!

【属性/タイプ】
火・/神・体力・悪魔

【ステータス(+297換算)】
HP 6040
攻撃 2284
回復593

【リーダースキル】
火属性のHPと回復力が1.5倍。5属性(3属性+回復)以上の同時攻撃で攻撃力が7倍。(3属性2倍・4属性5倍・5属性7倍)

【スキル(レベル最大9ターン)】              回復ドロップを火ドロップに変化。 1ターンの間、火属性の攻撃力が2倍。

【覚醒スキル】                       2WAY×3・火ドロップ強化×2・バインド耐性×2・封印耐性・7コンボ強化

副属性には今までにない闇属性を追加し、タイプに悪魔タイプを追加しました。

ステータスはHPをメインに全体的に少しずつ上げてあります。

リーダースキルは耐久性能はそのままに、倍率を可変させることが出来るようにしてあります。耐久性能が高いのであえて倍率は控えめの7倍にしてます。

スキルも変更で、スキルターンを短くしエンハンスの倍率を2倍に上げ、2ターンエンハンスだったものを1ターンに短くしました。ターン数が短くなった為今までよりは使いやすくなったのではないでしょうか?

覚醒スキルは木セトと光セトを混ぜたような感じにして、2WAYと7コンボ強化を入れてあります。そして完全バインド耐性持ちです。完全バインド耐性持ちになった事でリーダーとしての性能はぐんと上がると思います。

まとめ~リーダーとしての性能がほしい~

セトはリーダーとして一時代を築いたことが未だにないような印象を受けましたので、少しでもリーダーとして使ってもらえるよう希望を込めた性能にしてみました。

耐久性能は高いですが、倍率はリーダーフレンドで最大49倍と決して高くはないのですが、レアリティを加味した場合こんなものでしょう。

ただ耐久力もあり、少ない指定色で倍率を出すことが出来ますので初心者の方でも扱いやすくはなったんじゃないかな?とは思います。

なお今回の記事はあくまで筆者の予想記事でありますので、若干リアリティーに欠ける内容になっている可能性がありますが、ご了承くださいませ。もしこうなればもっと強くなるんじゃないか?とかここは少し強くしすぎじゃないか?といった意見があればぜひコメント欄にコメントしていただけると助かります

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク