【パズドラ】イベントも消化してすることがない!?そんな時みんな何してる?

ゴールデンウィークイベントも終わり、休みの間にイベントを消化しきってしまった上に、コラボダンジョンのスキル上げも終わらせてしまった、という方は多いのではないでしょうか?

イベント直後は、その反動でやることがなくなりがち。

そんな時にやっておきたいことをいくつか挙げていきましょう。

極限の闘技場

まずは、極限の闘技場。

現在は難易度別に1~3まで存在しますが、基本的には1か3を周回しましょう。

とはいえ、3は安定して周回することは極めて難しいため、ひとまず1を周回できるようになりましょう。

闘技場選択画面

実装当時は1しかなかった上に、安定して周回、なんて考えられませんでしたが、現在では決して難しくなくなってしまいました。

ラー=ドラゴンや転生アヌビス、サクヤ、クシナダヒメ、などなど、パーティの数を上げればキリがありません。

闘技場を周回するメリットは、ピィや潜在覚醒キラーたまドラが手に入るということだけでなく、経験値効率もそれなりに良い、ということです。

ランク500-600くらいの方であれば、サクサクランクが上がるでしょう。

2倍時であればマルチプレイで、4倍時であればソロでもノンストップである程度まではランクが上がり続けます。

マルチプレイであれば、無課金の方でもある程度のパーティが組める方はかなり安定して攻略ができるはずなので、ご友人と一緒に周回してみてはいかがでしょうか?

曜日ダンジョン

土・日・月曜日以外の曜日ダンジョンでは、ご存知のとおり各種進化素材が手に入ります。

先日のアップデートで、ダンジョンの内容が僅かに変更され、以前よりも効率的に素材を収集することができるようになっています。

【参考記事:曜日ダンジョンと「アシスト」システムの調整内容を確認!!効率アップ!?

進化素材はいくつあっても困らないので、余裕があるときに集めておきましょう。

同時にゴッドフェス限定モンスターのスキル上げ素材でもあるので、まだスキル上げ終わっていないモンスターがいれば、このタイミングで集めておいて、スキルレベルアップがしやすい時にできるように確保しておきましょう。

筆者の体感では、15体-20体くらいあれば、スキルLvが5上がるくらいの感じでしょうか。

※どうでもいいですが、この記事を書いている最中に、過去に金曜ダンジョンでエンジェリットをスキル上げ素材として必要になり周回していたときに50回くらい周回したのに45回くらいデビリットしかでなかったことを思い出しました・・・。
皆さんは変に偏ったことありますか?

常設メタドラ大量発生

続いては常設されるようになった、各種メタドラ大量発生のダンジョン。

筆者はスタミナが溢れそうになると、とりあえずサクっと回れるこのダンジョンを数回回るようにしています。

モンスター経験値効率自体は、流石に超キングカーニバルや超絶メタドラ降臨に劣りますが、最近は転生進化の実装などにより、経験値はいくらあっても足りません。

ゲリラダンジョンで一気にまとめて稼ぐことも大事ですが、こうやってコツコツこまめに稼ぐことも、重要です。

降臨ダンジョンボスの収集・スキル上げ

降臨ダンジョンボスモンスターでも、最近は強力なモンスターが多くなってきた印象があります。

特に代表的なもので言えば、ゼウス・ディオスが最も使用頻度が高いでしょうか?

降臨ダンジョンボスのスキルはほぼ全てが15上げとかなり長い道のりになっています。
※一部例外があります。(例:ヴァルキリー、クトゥルフ、など)

ピィを15体使うのも流石に厳しいので、やはりある程度周回は必須になってくるでしょう。

降臨チャレンジが開催されている間など、期間中常設されるようになるタイミングが最も狙い目になります。

ゴールデンウィーク直後のこのタイミングであれば、なかなかめぼしいダンジョンはありませんが、積極的に狙っていきたい降臨モンスターがあれば、ぜひ周回しましょう。

  • ゼウス・ディオス
  • ゼローグ∞
  • ゼウス&ヘラ

他にも多数ありますが、上記の3体は使用頻度が高く、ゼウス・ディオスは4体、ゼローグ∞は2体、ゼウス&ヘラは1体はスキルレベル最大で持っておきたいですね。

まとめ:やることがない、なんてことはない?

パズドラというゲームは基本的にはコツコツ積み上げることが重要なゲームです。

いくら課金をして強いモンスターをガチャで引いても、育成しなければ使えないため、最終的には進化素材や経験値を別にしっかりと用意しないといけません。

いつそういったモンスターを引いてもいいように、日頃から準備しておくことが重要です。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます