【パズドラ】新モンスター追加により日の目を浴びたモンスター達!!

パズドラでは、常日頃からモンスターの追加がされています。

その追加されたモンスターと過去に登場したモンスターが相性が良く、過去のモンスターが再評価される、なんてのも珍しい話ではありません。

というわけで、今回は最近追加されたモンスターと相性の良いモンスターを紹介したいと思います!!

冥鈴の星天使・ルミエル

まずはマガジンコラボのモンスター、憤怒の罪、メリオダスと相性のいい、ルミエルから!!

メリオダスのリーダースキルを発動させるためには、火水闇の3属性が必要です。

自身が火属性も持っているため、残る水属性をサブモンスターで確保する必要があります。

基本的には転生ハク、あるいは覚醒ハクをサブに使用することが多いですが、持っていない、あるいは複数体用意できない、という方はこのルミエルでも十分カバーできるでしょう。

固定ダメージスキルも持っているため、超高防御モンスターに対する対策としても機能します。

従えているのウミウシみたいなのはぷよぷ○?セル○アン?

メリオダスと同様の陣としては、他に☆6フェス限のティフォンアナも存在しています。

碧地の風龍喚士・カエデ

同じくマガジンコラボから、三只眼と相性の良いカエデ。

カエデは、サブにもカエデを2体搭載して、毎ターンカエデのスキルを撃ち、回転させていくシステム構築が基本。

残り2体をどうするかで、ダンジョンに対応していくことが多く、バインド対策なども必要な場合は、フェス限のオーディン、フェス限ヒロインのミト、転生セレスなどを採用していました。

ですが、ついに三只眼という、バインド回復+木回復ドロップ生成という、最高の組み合わせを持つモンスターを獲得!!

元々高評価のモンスターも更にアップ!!

また、三只眼をリーダーとして運用する際もカエデをサブとして採用できるため、相互に相性が良く、今後もカエデは強力なモンスターとして活躍し続けられるでしょう。

山守神の龍巫女・モミジ

こちらも同じくマガジンコラボのサクラと相性の良い、フェス限ヒロインのモミジです。

操作時間延長を3つ持ち、複雑で難解なパズルを要求するサクラのリーダースキルを発動させやすくしてくれます。

今まであまりパッとはしてませんでしたね。

また、スキルも非常に強力で、サクラに必要な回復ドロップと光ドロップを含む3色陣です。

奏冥の星機神・ポルックス

次は、ガンホーフェスティバル会場や対象店舗で先行販売された、光ヘラ=ドラゴンと相性のいい、ポルックスです。

封印耐性を2つ持ち、光ドロップ強化も持っていながら、神キラーと光ドロップ変換スキルまで兼ね備えている、まさに光ヘラ=ドラゴンのためのサブモンスターといえます!!

スキルには、お邪魔と毒ドロップをついでに処理してくれる効果と、スキルチャージの効果もあるため、非常に強力。

全てが光ヘラ=ドラのための存在。

今まではあまり活躍の場がありませんでしたが、これからは最前線でも戦えるモンスターになりました。

浄灯の魔導姫・アルス=ノウァ

こちらも同様、光ヘラ=ドラゴンと相性のいいアルス=ノウァです。

常時7倍、というリーダースキルもさる事ながら、特に覚醒スキルとスキルが光ヘラ=ドラゴンと相性が良く、1体はサブに組み込んでおきたいところです。

究極進化したことにより封印耐性をゲット!!

スキルを使用すると確実にヘラ=ドラゴンのリーダースキルを発動できる上に、スキルターンも6ターンと非常に短いため、光ヘラ=ドラゴンやポルックスのスキルチャージによって、すぐ再使用可能になるでしょう。

転生ヒノカグツチ

以前から、決して悪くない評価をされていましたが、先日のアップデートで「チャレンジモード」の仕様変更と魔法石リセットが実施されたことにより、急上昇!!

追い打ちの元祖

テキトウにドロップを3つ揃えるだけでノーマルダンジョンの敵はほぼ吹っ飛んでいきます。

むしろ攻撃色の火属性を消してしまうとそのモーションの方が長くて遅くなってしまうくらいです。

時間効率的にもかなり早いスピードで周回できるので、まだ育成していない方はぜひ育成して、一気にチャレンジモードを駆け抜けましょう!!

また、持っていないくてもフレンドだけである程度は突破出来てしまうので、フレンドの力を借りましょう!!

まとめ:どのモンスターも輝ける可能性を秘めている!!

そのモンスターが登場した時には、まだ環境が整っていない、なんてことはよくあります。

いつ必要になってもいいように、使わないモンスターも大事に保管しておきましょう。

特に、コラボガチャや期間限定ガチャのモンスターは入手する機会がほとんどないので、必ず確保するようにしましょう!!

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます