【バンドリ】バンドストーリーまとめ Roselia編 1・2話

『BanG Dream!』(バンドリ)バンドストーリーまとめです。今回より『Roselia』編に入ります。さっそく1・2話をご紹介していきます。

第1話 妥協のない完璧なバンド

バンドストーリー Roselia 1・2話

放課後、リサは「新しくできたアクセサリーショップに行こう」と友希那を誘いますが、バンドの練習があると、けんもほろろに断られます。

友希那を追いかけますが、他のクラスの生徒にぶつかってしまいました。

そのとっつきにくさから、他のクラスの生徒からは良く思われていない友希那ですが、リサはすかさずフォローします。昔はよく笑ったし、実際笑顔はかわいいと。

そうこうしているうちに、友希那を見失ってしまいました。リサは慌てて追いかけます。

バンドストーリー Roselia 1・2話

友希那に追いつくリサ。もう100回以上は置いて行かれてるそうです。すごいね。私だったらもう違う友達とつるむ。

歌、バンド以外のことに時間を使いたくないと、アクセサリーショップに行くことを頑なに拒否する友希那。

リサは「フラれるのは慣れてる」と前置きしたうえで、さらに押します。アクセサリーショップはライブハウスの手前にあるから一緒に行こうと。それくらいなら大して時間も取りません。

バンドストーリー Roselia 1・2話

そのころ、駅前では燐子とあこは待ち合わせをしていました。燐子が苦手な人混みをなんとか我慢する中、あこがやってきました。恐らくこのバンドのオチ担当です(突然のメタ発言)

バンドストーリー Roselia 1・2話

燐子とあこが合流し、目的地へ向かおうとしたところ、紗夜にぶつかってしまいます。何事もなかったと知ると、そのまま行ってしまいました。

あこは、紗夜が持っていたギターケースを目に留めます。

あこの姉は『Afterglow』のドラム・巴。バンドに夢中になる姉の姿を見て、自分もバンドをやりたいとぼんやり思っているようです。

バンドストーリー Roselia 1・2話

燐子にとっても、バンドとは特に縁があるわけでもなく、それは想像もつかない世界のようです。

バンドストーリー Roselia 1・2話

ここ最近、毎日いろいろなライブハウスを出入りしている友希那。しかしそれは、全てがライブ出演のためではなく、どちらかと言えば、バンドのメンバーを探すためのようです。

バンドストーリー Roselia 1・2話

友希那が目指す『FUTURE WORLD FES.』への出演は、3人以上のバンドであることが条件。それに出演して、自分の音楽を認めさせることが友希那の悲願です。

友希那の家では、メジャーデビューした父と、それにまつわる不幸な出来事が起きています。だからこそリサは、友希那には音楽で辛い思いをしてほしくない、自分を追い詰めないでほしいと考えているのです。

それでも友希那は全く聞く耳を持ちません。自分のしたいことをしているだけ。やるからには全てをかける。妥協のない完璧なバンドを作るためには、楽しさなんていらないと。

バンドストーリー Roselia 1・2話

友希那の覚悟は変わらない。だからこそ、幼なじみとしてその覚悟を最後まで見守る。それがリサの想いです。

でも本当に、それがお父さんのためであり、友希那がやりたいことなのか。リサはどうにも腑に落ちないのです。

第2話 あなたと私が組めば

バンドストーリー Roselia 1・2話

自分と組むに相応しい人材を求めてライブハウスをハシゴする友希那は、非常に技術の高いギタリストを見つけます。それが紗夜と呼ばれる人物でした。

バンドストーリー Roselia 1・2話

観客が友希那のことに気づきました。友希那もまた、優れたミュージシャンであると評判です。しかし一方で、気難しく、お高く留まっていると噂されています。

もちろん友希那はそれを意に介しません。自分のやるべきことをやるだけだと。

ロビーでは、紗夜と、そのバンドメンバーが口論をしています。

バンドストーリー Roselia 1・2話

今のままでは先がない。バンドメンバーの意識を変えなければならない。基礎ができていない現状では、いつか実力のある後発のバンドが現れて、すぐに追い抜かれる。それが紗夜の言い分です。

バンドメンバーは、自分たちはあくまで高校生。バンドばかりに熱中してもいられないと反論します。

バンドストーリー Roselia 1・2話

メンバーとの軋轢が生まれるほどの、あまりに大きすぎる情熱を持つ紗夜。その様子を観察していた友希那は、紗夜が自分と似たタイプの人間だと確信します。

結局、その内輪揉めはバンドの解散、というより紗夜が脱退する形での幕引きとなりました。

溜め息をつく紗夜に、友希那はすかさず近づきます。

バンドストーリー Roselia 1・2話

紗夜は件のライブで、自分の些細なミスに対し、拙いものを聴かせてしまったと頭を下げます。そしてこの行動が、紗夜の理想の高さを物語っていました。

友希那は紗夜を自分のバンドに誘います。

バンドストーリー Roselia 1・2話

その頃、ライブハウスの外のカフェテリアでは、燐子とあこがおしゃべりをしていました。

ライブの音、というよりこの時はただの”大きな音楽の音”だと認識している燐子ですが、燐子が音に興味を示したことで、あこは”ライブハウス”という代物について語り始めます。

バンドストーリー Roselia 1・2話

突然の誘いに戸惑う紗夜。彼女もまた高い理想を持っているため、簡単には答えません。2人して腕組みやがって、頑固なラーメン屋かよ。

友希那は『FUTURE WORLD FES.』を目指していること、メンバーを探していることを伝えると、紗夜は目の色を変えました。もちろん、並の実力では出演できないことも知っています。

紗夜は”あの子”と比べられないために、並ならぬ努力をしてきました。その結果、他人の追随を許さない技術を得てしまい、誰とも組めないようになってしまったのです。

だからこそ、実力と覚悟のある人とでなければ組めない。加えて言えば、実力はあっても覚悟がなければならない。

バンドストーリー Roselia 1・2話

友希那は、フェスに出るためなら何を捨ててもいい。あなたの実力や覚悟と、私のそれは一歩も引けを取らないと豪語します。

ついに紗夜は、友希那の演奏を聴くことにしました。

(近年、何かと「楽しい!仲間!やりたいことをやる!みんな笑顔!」に収束されがちなストーリーが多いですが、それに一石を投じるような内容になりそうですね。悪役にされかねない、ストイックな人の物語です)

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。