【バンドリ】バンドストーリーまとめ Pastel*Palettes 7・8話

『バンドリ』バンドストーリーのまとめです。なかなか5人がひとつになってくれないPastel*Palettes編7・8話です。

メディアに中傷記事を書かれ、しばらく休止せざるを得なくなったパスパレ。活動再開に向けて、そのレッスンには熱が入ります。ただ1人を除いて。

第7話 ルンっとくる特訓

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

ある練習の日のこと。事務所のレッスンとは別に、彩が研究生時代に教わったレッスンがあるといいます。基礎体力をつける内容など、バンドとはあまり関係ないにしても、できるだけのことはやっておきたいと。

イヴはそれを、武士がやっていた秘密の特訓だといい、超ノリノリ。武士……?

日菜、麻弥もそのレッスンに意欲的ですが、千聖だけは後ろ向きです。個人の仕事が残っていて、事務所のレッスン以外の時間は取れないんだとか。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

行けたら行くわ(行かない)

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

千聖は、次の現場があるからと、行ってしまいました。見込みがないものに関わっている時間はない、というのが千聖の考えのようです。

千聖は事務所の廊下で、とある人物に声をかけます。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

場所を移して、練習スタジオ。イヴは、その特訓というものに興味津々です。ただし内容を少林寺拳法かなにかと勘違いしています。滝行にしても武士ってそれほど滝に打たれたりはしないよ……?

その他にもイヴは、日本人でも知る人が限られるような特殊な修行を挙げますが、どれも外れです。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

内容はもっとシンプルに、腹筋や腕立てなど基礎体力のトレーニングです。

麻弥はその内容にうろたえますが、アイドルにしろバンドにしろ体力勝負。今日び、たいていのアイドルアニメにもバンドアニメにも体力トレーニングの描写はありますからね。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

日菜は特訓というものの地味さに興味を惹かれないようです。「地道な努力が実を結ぶんだよ」と彩に言われても、全くピンとこないようですね。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

彩は仕方がないので、ステージに立った時のための決めポーズの練習を提案します。これならルンっとくるはず。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

わりと辛辣だった。

イヴには「武士のような格好だ」と斜め上に受け取られ、せっかくのポーズが散々な結果に。というか、素直に筋トレでもしときなさいよwww

第8話 新たなトックン

第7話、事務所の廊下で千聖が声をかけた相手は事務所のスタッフでした。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

先日のお披露目ライブの件で、さまざまなメディアが、パスパレを貶めるスキャンダル記事を書きました。それらの記事を取り下げるよう、各方面に交渉してほしいという内容です。

中傷記事が世の中に出回っている限り、パスパレの名前は傷ついたまま。たとえ本当に演奏できる実力ついても、ステージに立つことは難しいというのが千聖の主張です。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

事務所側も状況は把握しており、事態の収拾には可能な限りの手を尽くしているとのこと。そう言うと、掛かってきた電話に出てしまいました。

様子を見ていた日菜は、千聖に声をかけます。

千聖は日菜に、嫌な話を聞かせてしまったのならごめんなさいと謝りますが、日菜は途中からしか聞いてないし、気持ちはわかるからと、気にしていないようです。バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

日菜もまた、それほどパスパレにはこだわっていません。万が一の場合は、パスパレを離れればいい。パスパレには、あくまで面白いからいるだけだと言います。

千聖の思惑は、日菜に筒抜けだったわけですが、あくまで白を切る千聖。

まあ、あまり深く詮索すべきではないと、日菜は特訓に戻ってしまいました。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

千聖は「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」と『鋼の錬金術師』のタッカーさんめいたことを思うのでした。

千聖が脱退を思い留まったのは理由があります。

事務所が抱えるのはあくまで『Pastel*Palettes』というユニットであって、メンバー個人ではありません。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

千聖がパスパレを脱退した場合、事務所は千聖を守れない。

厳密には、パスパレのマイナスイメージを払拭することはできるが、逆に言えばメンバーでなくなった人、脱退した人まではフォローしきれないということ。

つまり千聖は、不本意ながら仕方なくパスパレにいる状態。事務所が指示するレッスンだけ参加して、あとは知らない顔をしているのは、それが理由なのです。

彩、イヴ、麻弥の特訓は続いています。頼むからちゃんと練習してくれww

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

バンドが専門でアイドルの知識はない日菜は、とある質問をします。アイドルは可愛くないとダメなのでしょうか?

もちろんと、彩は即答します。アイドルはキラキラしてて、どんな時でも笑顔で、お客さんに夢を与える存在。

では、キラキラとは、夢を与えるとはなんだろう? 夢ってどんな?

日菜の質問攻めにも面倒くさがらず答える彩。どんな人でも努力すれば夢は叶う。「自分なんか」なんて思わず、夢を見てほしいんだと、想いを語ります。

これは彩が小さい頃にテレビで見たアイドルの受け売りでした。

小さい頃の彩は、引っ込み思案で、何をやってもダメだった。そんな時にこのアイドルの言葉を聞いて、自分も人に勇気を与えられる存在になりたいと思った、と言います。

誰だって夢を見ることができるし、努力すればそれを叶えることができる。自分自身がアイドルになって、それを伝えたいというのが、彩の気持ちです。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

彩の言葉を聞いて、努力という言葉に無縁の日菜が、努力について考えているようです。

ポーズの練習は程々にして、4人はストレッチを始めます。

バンドストーリー Pastel*Palettes 7・8話

彩の話の前に「自分なんか」という言葉を使ったばかりの麻弥。ストレッチには、一層の熱が入ります。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます